Sasayama’s Weblog


2009/05/23 Saturday

やはり新型ではなかった、今回のH1N1新型インフルエンザ・ウイルス

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 21:53:26

2009年5月23日
 
5月22日のサイエンス・エキスプレスの記事
Antigenic and Genetic Characteristics of Swine-Origin 2009 A(H1N1) Influenza Viruses Circulating in Humans
(アブストラクトはこちら 図表等はこちら ご参照)
では、CDCのNancy J. Cox 氏をはじめとする59人からなる研究チームが 、今回のH1N1 新型インフルエンザウイルスについて、初めて本格的な遺伝子学的な分析を試みている。

それによると、

今回のH1N1 新型インフルエンザウイルスについて、メキシコと北米から76検体を採取し、これについて分析した結果、今回のH1N1は、ユニークな遺伝子セグメントのコンビネーションとなっているという。

研究者たちは、これを「混合物の混合」(Mixture of Mixture)と表現している。

すなわち、一部は、1998年に発見されたような、トリプル再集合ウイルスの一部を含み、また、一部には、1999年に発見された香港型ウイルスに遺伝子セグメントが近いユーラシア株を含んでいるという。

また、このH1N1 新型インフルエンザウイルスの遺伝的多様性がすくないところから、このウイルスは、単数か複数かのイベントによって、人間に導入されたものとみている。

遺伝的多様性がすくないという点は、季節性インフルエンザ・ウイルスによく見られるものであり、また、近年の豚インフルエンザ・ウイルスにおいても、よく見られる特徴であるという。

さらに、分子マーカー(Molecular markers)から見ると、人間への適応性は、現在はないところから、以前に検知されない分子決定要素がヒト間の感染をゆるした、とみている。

抗原性の点から見ると、このウイルスは、アメリカの豚インフルエンザH1N1ウイルスとおなじものであるが、季節性インフルエンザH1N1とは異なるものであるとしている。

研究チームの遺伝子分析によれば、8つのセグメントのうち、ヘマグルチニン(H)を含む3つの遺伝子セグメントは、1918年のスペイン風邪のH1N1に由来するものであり、その後、ずっと豚に存在していたものであるが、その間においても、変異はしていなかったとしている。

その理由として、豚は、長生きしなかったため、短期間での再感染が許されなかったため、としている。

Nancy J. Cox 氏によれば、再感染が免疫系を回避しうるウイルスの変異をもたらすのだが、この場合は、その再感染がなかったとしている。

その他の遺伝子セグメントでは、ポリメラーゼB(PB)遺伝子はヒト由来、他の二つは鳥由来であったとしている。

また、1918年のH1N1とH5N1とは、毒性があることを示す遺伝子セグメントを、同じNS1セグメントにおいて有しているが、今回の新H1N1は、そうではないという。

感染性を示す遺伝子セグメントにおいても、今回の新H1N1は、1918年のH1N1にあったものを失っているという。

これらのことから、今回の新型H1N1は、1918年のH1N1が、人間への感染を可能とする変異をみせていないものであるために、 その他の要素が、今回の人間への感染を促したものと、研究者たちはみている。

今回の新H1N1のノイラミニダーゼ(NA)が、ユーラシアの豚インフルエンザウイルスと近い関係にあることについて、これは、1979年頃に、豚から鳥に跳んだものだと推定している。

研究者たちは、 今回のH1N1は、、北米とユーラシアの豚由来インフルエンザウイルスが、長い間、みつけられないまま、比較的に安定的なまま、豚と人間の間に循環してきたものであると見ている。

Nancy J. Cox 氏は、世界のどこかの豚集団において、長い間、見つけられないまま、静かに循環していたものと、推定している。

Nancy J. Cox 氏は、これらについて、いくつかのシナリオが考えられる、としている。

そのシナリオの中には、今回の新型H1N1が生まれるイベントにアジアか南北アメリカにおいて、ウイルスの再集合があった可能性も含まれるという。

また、一定の動物がウイルスのリザーバー(貯蔵所)として機能し、自らは、病気にかからないが、他への感染の媒体になり、その過程で、起源を特定できない「失われた環」(Missing Link)を生んだ可能性もあるという。

もし、世界の獣医師の中で、これらの起源となりうる豚インフルエンザウイルスをフリーザー貯蔵していれば、この「失われた環」を埋めることが出来ることになり、このことで、今回の新H1N1が再び変異して循環することは防ぎうる、としている。

そのためには、豚のウイルスについての、更なる世界的かつ組織的な研究が必要である、と、Nancy J. Cox 氏は、いう。

なぜなら、豚インフルエンザウイルスについては、アメリカにおいても、世界的規模においても、これまで、組織的な研究がされていなかったからだという。

今回のH1N1新型インフルエンザウイルスは、たしかに、1988年に見られた鶏-豚-ヒトの三つの宿主を持つトリプル再集合ウイルスの一種ではあるが、このウイルスが、今回以前に発見されたことはない、としている

また、 このH1N1が、いつ、どこで、なぜ、今回の人間の感染に向かったのか、については、いまだわからないという。

ただ、朗報としては、今回の研究において、新型H1N1が決して新型ではなく、大きな変異を示していないことがわかったことで、現在のインフルエンザワクチンでは、今回のH1N1新型インフルエンザウイルスへの防御効果はおそらくないとしても、このウイルスは、抗ウイルス薬に影響を受けやすく、新H1N1対応ワクチン設計はしやすいとしている。

 

お知らせ:
日本からシカゴのオプション売買ができるためのマニュアル
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(A4版273ページ、5,900円)をこのたび書き上げ、発刊しました。

内容・目次のご確認やお求めについては、こちらをクリックしてください。

お徳用なダウンロード版-電子書籍PDFファイル(273ページ、3,980円)ご希望の場合は、こちらをクリックしてください。


Check Page Rank of any web site pages instantly:


This free page rank checking tool is powered by Page Rank Checker service

2009/05/22 Friday

消しときゃいいのに–新JAビル見取り図の一角–

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 21:52:01

2009/05/22(Fri)
 
null東京都千代田区大手町1丁目地区の再開発にともない新JAビルが建設され、5月7日から新JAビルが始動、JA全中、JA全農、農林中央金庫等が新しいビルへと移転、4月22日には竣工披露式典があり、麻生首相や与党野党もこれに出席し、新JAビルの門出を祝ったというのだが。

このサイトに、その新ビルの見取り図がある。

その中で気になるのが26階

こうなっている。

26階 
(社)農協観光協会、
(株)農協観光、
全国農協役職員共済会、
全共連、
日本農業新聞、
JAおきなわ、
全国農政連、

とあつて
最後に

山田俊男事務所

とある。

まあ、高額相場であろう所定の家賃は、払っていらっしゃるのでしょうが、ちょっと、露骨すぎはしませんか?

国会議員版ヤミ専従らしきものを連想させてしまいますね。

農林中金への出資金増強で単協がひいひい言っている折から、これこそ、KYって感じもする。

竣工披露式典に参列された野党の皆さんも、これについては、チェック漏れだったようで。

若い頃読んだ「パーキンソンの法則」に、こんなのがあって。

「新築の巨大ビルを建設した時がその組織の栄枯盛衰のピークである」
(New buildings tend to appear just when success is turning into decline. )(By the time its grand headquarters building is completed an organisation is falling apart, or at least already in decline from its former glory and success.)

まさに、こういうときこそ、組織が見られている、ということなのでしょうかね。
“戦戦兢兢として、ゆめ、油断することなかれ”、ですね。

 

お知らせ:
日本からシカゴのオプション売買ができるためのマニュアル
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(A4版273ページ、5,900円)をこのたび書き上げ、発刊しました。

内容・目次のご確認やお求めについては、こちらをクリックしてください。

お徳用なダウンロード版-電子書籍PDFファイル(273ページ、3,980円)ご希望の場合は、こちらをクリックしてください。


Check Page Rank of any web site pages instantly:


This free page rank checking tool is powered by Page Rank Checker service

新型インフルエンザ罹患者から「申し訳ない」と言わせる、日本の「疾病贖罪意識風土」

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 07:58:54

2009/05/22(Fri)

null
洗足学園の校長から、感染者からの「申し訳ない」とのお詫びの言葉が紹介されていたが、どうも、感染者からそのような言葉をいわせる日本の風土なりマスコミの風土には、おかしいものがありますね。

いわば、感染者からの「疾病贖罪」意識にたった言葉を間接的にも強要する、暗黙の社会的圧力が、もし、この日本の風土にあるとすれば、まさに、疾病に対する「島国根性」が、まだ、日本にある、ということですね。

沖縄の離島に行くと、昔、飢餓やマラリアなどの風土病やハンセン氏病や妊婦など、ハンディを持つにいたった島人を社会的に切り捨てた、島としての、やむを得ざる疾病拡大防御なり口減らしなりの歴史をかいま見ることがあります。
(例-与那国島のトゥング田や、クブラ割り、与論島の飢餓状態から脱するための三池炭鉱への移住 波照間島のマラリアによる全住民強制疎開 など)

それと同じような意識が、今回の新型インフルエンザ報道にもあるような気がしてなりません。

ウイルスが感染者に対して申し訳ないというのならわかりますが、感染被害者が近隣にたいして、申し訳ないとの言葉を言わせる、無言の社会的な圧力の存在は、先進国として決してほめられたものではありません。

ハンセン氏病への偏見を生んだ風土が日本にまだ生きている、となると、いっそうの息苦しさを感じてしまいます。

それにしても、マスコミの報道記事のなかには、「新型インフルエンザに感染した生徒の容体や様子などについての会見中に涙ぐむ洗足学園中学校・高校の前田隆芳校長」などというおためごかしの解説をつけているものもありますね。

こんな具合

「八王子市の女子生徒からは21日朝、母親を通じ「周りの人や先生方に本当に申し訳なかったと伝えてほしい」と伝言があったという。会見の中でそのことを説明しようとした前田校長が、言葉に詰まり、めがねを外してハンカチで涙をぬぐう場面もあった。」

新型インフルエンザ患者に対して、知らず知らずに社会的なレッテルを張っているのは、そして、感染者やその家族たち、関係者たち、をこのように泣かせているのは、むしろ、マスコミなんじゃありませんか?

2009/05/21 Thursday

詳説-1957年以前生まれ人間には、新型インフルエンザに対する免疫をもつとの説

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 19:42:07

2009年5月21日
 
null今回の新型インフルエンザには、老人層に患者が少ないことから、老人層には、何らかの免疫体があるのではないかとの憶測が、以前からあった。

私のこのブログ記事
1968年のH3N2の香港カゼ・パンデミックが、その当時の人間に、H1N1抗体を与えている、との見方
などでもこれについての諸説を紹介してきた。

ここにきて、昨日のCDCのプレス・ブリーフィングで、CDCのインフルエンザ部副部長のダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士が、 WebMDのDaniel DeNoon氏などの質問に答える形で、次のような説を展開し、話題になっている。

参考
Press Briefing Transcripts
CDC Telebriefing on Investigation of Human Cases of H1N1 Flu

オーディオでの記者会見の模様はこちらをクリック(MP3ファイル)

まず、WebMDのDaniel DeNoon氏は、次のような質問をした。

「WHOの戦略アドバイザリー・グループ゜が、過日、老人層には、H1N1に対する交叉免疫があるために、血清中に中和抗体の形成をしめしているとの報告書が出たが、私どもは、そのことが既成の事実であるかどうか、わかりません。
それが本当かどうかについてコメントしいただ:ませんか?」
(注-ここでいうWHO戦略アドバイザリー・グループの報告書とは下記のことを言っています。
Recommendations of the Strategic Advisory Group of Experts (SAGE) on Influenza A (H1N1) vaccines
PDF版は、こちら)

これに対してダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士は、次のようにこたえた。

「おそらく、その情報は、今日の午後か明日にMMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report )からでるレポートに基づくものなのでしょう。
現時点でコメントするとすれば、われわれが、これまで得た、血清学上の研究や患者からの血液からいえることは、1957年以前に今回のH1N1と同じようなウイルスに曝露されていたということ、そして、そのことが、今回のH1N1ウイルスに対して、ある人に対して免疫反応をもたらしている 、ということはいえます。」

これに対して、同じような質問としてHelen Branswell氏からつぎのような質問

「今回の新型H1N1に対して抗体は、防御性があるのですか?」

ダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士

「もちろん、それは、難しい問題だと思います。
抗体の防御効果については、より進んだ研究が必要な感じはします。
しかし、現在の検査から判断する限り、反応性への証拠はあり、それらのことからわれわれが推論するとすれば、一定レベルの防御効果は、あるといえますが、断定するまでにはいたっていません。」

さらにHelen Branswell氏から補足質問

「博士はただいま、感染率などの数字を示されましたが、不思議におもうのは、これは、遺伝子組換えによる 抗原シフト(antigenic shift)なのですか?それとも、抗原連続変異(抗原ドリフト)(antigenic drift)によるものなのですか?」

ダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士

「これまで見る限り、今回の新型インフルエンザウイルスに対して、人口の一定割合は、免疫がない状態です。
過去のH1N1が季節性インフルエンザウイルスとして循環してきたもので、今回の新型H1N1は、それとことなったサブタイブではないと見ていますが、以前のH1N1と今回のH1N1との間の距離があまりにあったがために、今回のH1N1には、潜在的なインパクトがあったのではないか、と、思われます。
今回の感染が、シフトかドリフトかについては、議論中です。」

次の一旦ワクチンの話に質疑の話題が跳んだと、再び、老齢者免疫説について

Betsy McKay氏から質問

「1957年以前のH1N1への曝露についてですが、この1957年以前のH1N1が今回のパンデミックと関係しているのでしょうか?
そして、今回の若い世代への感染は、どのくらい広がるのでしょうか?」

ダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士

「後者の質問から答えれば、罹患者の18パーセントは10歳から18歳の若い世代です。
11パーセントは、5歳から9歳の子供です。
大多数の入院している人の年齢幅は、37パーセントが、19歳から49歳の間です。
しかし、なかには、50歳か、それ以上の年齢の人も13パーセント程度、いることはいます。
しかし、学生の感染増加率は、それら老年の感染実数を上回っています。

第一の質問に戻れば、H1N1は、当初、1918年に現れて、その後、毎年の季節性インフルエンザシーズンに現れ、その間に当初のウイルスはドリフトし、1957年にその姿を現しました。
そして、そのH1N1は、H2N2と入れ替わりました。
この1957年の時点がまさに、 それまでの過去のH1N1が、終焉を迎えた時点というわけです。」

ここで、さらに他の質問がはいったあと、Mike Stobbe氏から質問

「CDCが 一定の年齢層に今回のH1N1に免疫があることを認めたとことはわかりました。
その年齢層とは、50歳以上ということでしょうか?」

ダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士

「先ほども申し上げましたが、今日の午後か明日にでるMMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report )に、私よりも、その点について、雄弁に語られていますので、そちらをご参照願います。」

Richard Knox氏の質問

「二点について質問します。
一点は、免疫を持つ人口が少ないことと、ウイルスのアタック率が、家庭もコミュニティも学校も、通常の季節性インフルエンザの場合は、変わらないということとの関係がよくわからないのですが。
二点目は、低い免疫率がアタック率を高めているのか? 」

ダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士

「アタック率は、感染の一部のことであり、感染の症状の進展は、ウイルスを受けたホスト次第ということになります。
今年の12月段階て゜の季節性インフルエンザがシビアになるものとの予測はありえます」

Richard Knox氏

「イリノイ州やウィスコンシン州が、他のカリフォルニア州やニューヨーク州などとくらべて、飛びぬけて感染がひどいのですが、その理由はなになのでしょう?」

ダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士

「その点は、私どもも調査中です。
それらの州の人々が曝露されている、なんらかのファクターかイベントがあるのだと思います。
それは、必ずしも、その土地特有な温度や湿度や地理的条件が反映したものとは限らないものと推測しています。」

つぎにDonald McNeil氏が質問

「血清検査について、もっと詳しく教えてください。」

ダニエル・ジャーニガン(Daniel Jernigan)博士

「これについても明日のMMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report )を見てください、このことについても雄弁にかいてありますから。
ただ、言えることは、血清検査によって、その血液の人が、過去にどのようなウイルスに曝露されたがわかる、ということです。」

以上だが、肝心のMMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report )
http://www.cdc.gov/mmwr/weekcvol.html
の記事だが、まだ、 現時点では、リリースされていないようだ 。

追記2009/05/22

上記でいっているMMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report )の報告書がようやく発表されました。

Serum Antibody Response to a Novel Influenza A (H1N1) Virus After Vaccination with Seasonal Influenza Vaccine
です。

内容は下記のとおりです。

CDCでは、 今回の新型インフルエンザウイルスH1N1に対応するワクチンの製造が数ヶ月かかる見通しであるところから、現在の季節性インフルエンザ用ワクチンで代用しうるウイルスなのかを検証するために、これまでのワクチン研究で集めてきた保存血清見本を 使って、今回の新しいH1N1に対して、交差反応抗体のレベルを検証することにした。

その方法は、まず、予防接種した年度に応じて、大人と子供のコホートにわけて、検証した、
2005年から2006年にかけての予防接種において、その予防接種の前後の比較
2006年から2007年にかけての予防接種において、その予防接種の前後の比較
2007年から2008年にかけての予防接種において、その予防接種の前後の比較
2008年から2009年にかけての予防接種において、その予防接種の前後の比較

この結果わかったことは、
〇匐,離灰曄璽箸砲いては、ワクチン接種前は、今回の新しいH1N1に対しては、なんら、交差反応抗体は、見られなかった。
ワクチン接種前においては、生ワクチン、不活化ワクチンとも、今回の新しいH1N1に対しては、なんら、交差反応抗体は、見られなかった。
大人のコホートにおいては、18歳から64歳の間の年齢層において、その6パーセントから9パーセントについて、ワクチン接種前に、交差反応抗体が検出された。
60歳以上の年齢層については、その33パーセントについて、交差反応抗体が検出された。
季節性インフルエンザ・ワクチンにおいては、今回の新しいH1N1に対しては、
18歳から64歳の年齢層においては、2倍の交差反応抗体が検出されたのに対して、
60歳以上の年齢層においては、それが、20倍から90倍の交差反応抗体が検出された。
これらのデータから見るに、最近の2005年から2006年の季節性インフルエンザ・ワクチンの接種では、今回の新しいH1N1に対しては、防御抗体を獲得できそうもないように見られた。

 

お知らせ:
日本からシカゴのオプション売買ができるためのマニュアル
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(A4版273ページ、5,900円)をこのたび書き上げ、発刊しました。

内容・目次のご確認やお求めについては、こちらをクリックしてください。

お徳用なダウンロード版-電子書籍PDFファイル(273ページ、3,980円)ご希望の場合は、こちらをクリックしてください。


Check Page Rank of any web site pages instantly:


This free page rank checking tool is powered by Page Rank Checker service

2009/05/19 Tuesday

「インフルエンザより感染しやすいのは、ヒステリー」というコラム

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 11:50:19

2009/05/19(Tue)

このサイト
More infectious than the flu bug - hysteria
ですが、気軽に読める内容のコラムですね。

舛添厚生労働大臣も、ご一読いかがでしょうか?

概要は下記のとおり

いまやおなじみのH1N1ウイルスは、インフルエンザ・ウイルスの中でも、新しいメンバーである。

ウイルスは人類とともに歩んできた。

ウイルスは、バクテリアよりも100倍も小さくて、DNAや、周囲をタンパク膜で覆われているRNAからなる。

ウイルスを差別化しうるのは、そのタンパク膜の形や、RNAの遺伝子配列の違い(インフルエンザ・ウイルスの場合)だけである。

ウイルスの大きな差異が生じるのは、RNAが少し変化したとき、または、人間の免疫系がそのウイルスを以前に見たことがない場合、である。

簡単に言えば、ウイルス感染は、我々人間の細胞のひとつに入り込むことによって起こる。

そして、入り込んだあとは、細胞の制御室をのっとって、細胞破壊を引き起こす前に、ひとりでに何千もの複製コピーを作りながら、新しいウイルスが他の細胞に感染するがままにさせることになる。

それは、一種のゼロックスの複写機械のようである。

一方のバクテリアは、ウイルスとはまったく異なる。

DNAやたんぱく質だけでなく、ほとんど無限の数の形と影響力を持った全細胞である。

そのいくつかは人間にとっていいやつだが、そのいくつかは、悪いやつである。

ウイルスとバクテリアとの違いについての認識は、重要なことであり、特に、それらについて、いかに我々の体が感染を扱うのか、そして、医者は、どのように病人をあつかうのか、について理解することは、重要である。

われわれがインフルエンザにかかるということは、基本的には、われわれはウイルス性肺炎にかかる、ということである。

次に、ウイルス血症(viremia)を、循環血液を通じて、いたるところに生じさせる。

ここに、単なるカゼの患者と、合併症状を起こした患者との決定的な違いが生じる。

続く

新型インフルエンザとネット回線やリモートサーバの容量

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 06:52:36

2009/05/19(Tue)

このサイト
新型インフルエンザ流行時に「ネットを止めない」対策が不可欠」では、新型インフルエンザがパンデミックになった場合に、ネット回線やリモートサーバに大量の負荷がかかるのではないのか、との想定で、いろいろな対策の必要性を論じていて面白い。

たしかに、一定地域の全世帯が、いっせいに常時接続状態になったばあいには、おそらく、おそらくADSL電話回線にしてもCATV回線にしても、のろのろ状態となるであろうから、実質上、通信回線の機能は、ストップしてしまうのかもしれない。

P2P.IP接続であれば、このへんは、いくらか緩和されるのかもしれない。

また、仮想サーバーであるVPS(Windows Virtual Private Server)を使う手もあるかもしれないが、そこへ行き着くまでの回線が混んでいては、たいして効果はないかもしれない。

緊急時の衛星回線を利用したのネット接続などの第三の回線の準備も必要なのかもしれない。

2009/05/18 Monday

新型インフルエンザへの世界の関心は、すでに、第二波へ

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 10:19:49

2009年5月18日
 
ようやく国内感染本格化という日本ではあるが、世界の新型インフルエンザに対する関心は、すでに、第二波に向けられているようだ。

今回の新型インフルエンザの第一波への評価は、
|彁狹なウイルスではない。、
感染力はつよい。
疾病率は高い。
っ彁猯┐蓮低い。
といった評価のようである。

これが、第二波到来時においてのウイルスは、どうなっているか?というのが世界の関心のようである。

来月から南半球は冬に入り、今回の新型インフルエンザは、南半球においては、通常の季節性インフルエンザとともに、フル・シーズンに入る。

南半球のフル・シーズンを季節性インフルエンザウイルスとともに回り終えた今回の新型インフルエンザウイルスH1N1が、ふたたび9月に北半球に戻ってくるときに、どのような変異を遂げているのか、そして、どのような形での第二波の到来となるのか、というのが、その関心の源にある。

そこには、過去のウイルスにおける第二波に対するトラウマがあるものと思われる。

1918年のスペインカゼ(H1N1)では、第一波でいきのびたものが、第二波でやられ、また、1968年から1970年にかけての香港カゼ(H2N2→H3N2)においては、北米とヨーロッパとでは、第一波と第二波とで、ことなった特徴が見られたからだ。

1957-1958年のアジア風邪(H2N2)パンデミックにおいても、第一波よりも第二波のほうが、被害が大きかった。

今回の新型インフルエンザウイルスH1N1の特徴として
ー稠層が多く罹患し、老年層には、何らかの免疫体があるように見られる。
⊂評に豚インフルエンザ特有の嘔吐・下痢がみられる。
4擬圓瓦箸棒伏期間にばらつきが見られ、あるものは、一日、あるものは3-4日と、差異が見られる。
ぅ瓮シコでの高い致死率についての解明が明らかでなく、今回の新型インフルエンザの毒性についての解明が進んでいない。
サ╂畧インフルエンザウイルスに比較して、接触伝染性が強い。

などがあげられている。

第二波は、最初の第一波感染発見から勘定して、最低2ヶ月後から、最大2ヵ年後に到来といわれている。

早ければ今年の9月には、第二波到来の可能性が強い、と、言われている。

そこで、第二波は、どのような形の襲来となるのかについてだが、「Will H1N1 be back in deadly second wave? 」では、今回のH1N1が、今後季節性インフルエンザとなって、再び、第二波として来襲する場合には、どのような影響をアジア地域に与えるかを論じている。

ここでは、過去の福建株(H5N1)の第二波などを例に挙げている。

2003年から2004年にかけての福建株は、2003年12月の季節性インフルエンザシーズンと重なり、フランスでは、二百万人罹患、スペインでは、前年より20倍の罹患率となった。

特に子供の罹患がひどく、イギリスでは、7人の子供が死に、アメリカ・コロラド州では、5人の子供が死んだ。

いずれも、例年の季節性インフルエンザでは、1人か2人の死亡であったのが、である。

ワクチン計画の失敗にも懸念が残るという。

それは、1976年の豚インフルエンザ(H1N1)発生時のワクチン計画失敗のトラウマによるものだ。

今回のH1N1についてみても、、
現在のH1N1がシフトするのか?
毒性はどうか?
タミフル耐性を持って再来襲するのか?
などによって、今回軽微で終息した地域が、第二波では、思わぬ人的被害をあたえるのか?
などなど、わからないことが多いようだ。

ここにきて、WHOは、現在のレーティング・システムの改善を志向しているといわれている。

すなわち、現在のSARSやH5などの強毒性を前提とした感染の範囲の広狭をしめすアラートシステムと、今回の弱毒性であっても感染力の強いウイルスを前提とした毒性の強弱に応じたアラートシステムとの、二つのカテゴリーを縦横にグリッドしたマトリックスのかたちでの、ハイブリッドなポートフォリオ・アラート・システムを考えているようにも見える。
(一部報道では、WHOは、(1)健康被害の大きさ(2)社会的インパクトの強さという二つの指標にたった、フェーズにかわるカテゴリー概念の導入を検討中との話もあるようだ。)

ここに、 DALY (Disability-Adjusted Life Year)という指標がある。

これは、「疾病の負荷」(Burden of Disease)を示す指標である。

インフルエンザによって、85歳の人が亡くなるのと、21歳の人が亡くなるのとでは、疾病が人口から生産的な人口を奪う率が異なるという、やや、顰蹙を買いそうな概念ではあるのだが。

若い人が死ぬエイズは、死亡数は少ないが、そのDALY値は高いのに対して、老人がかかる脳疾患は、死亡数は多いが、そのDALY値は、低い。

同様に、今回のH1N1は、死亡数は少ないが、若い人にのみかかかるという意味で、そのDALY値は高いとされる。
参考「Is H1N1 scare just a false alarm?」

いずれにしても、今回の軽微で終わった地域が、第二波でも、軽微で終わるかは、わからない。

いま必要なのは、第二波到来に備えた、定期的なH1N1やH3N2のモニター/定点観測であるものと思われる。

 

お知らせ:
日本からシカゴのオプション売買ができるためのマニュアル
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(A4版273ページ、5,900円)をこのたび書き上げ、発刊しました。

内容・目次のご確認やお求めについては、こちらをクリックしてください。

お徳用なダウンロード版-電子書籍PDFファイル(273ページ、3,980円)ご希望の場合は、こちらをクリックしてください。


Check Page Rank of any web site pages instantly:


This free page rank checking tool is powered by Page Rank Checker service

2009/05/17 Sunday

1968年のH3N2の香港カゼ・パンデミックが、その当時の人間に、H1N1抗体を与えている、との見方

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 08:45:10

2009/05/17(Sun)
 
null1968年の香港カゼのパンデミックは、H3N2であったが、このときにヒトに与えた抗体が、今回の新型インフルエンザウイルスH1N1にも効力を発揮する抗体を与えているのではないか、との謎を、アメリカCDCは、想定しているようである。

このことについては、二年前の私のブログ記事
「H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに対して、H1N1ウイルスのN1部分に対する自然免疫が、効果を発揮しているとの学説
とも、関係してくるのであるが、ここでは、H1N1ウイルスのN1部分での自然免疫がH5N1ウイルスにたいして、効力を発揮しているとの研究成果であった。

これが、さらに、H3N2ウイルスの自然免疫がH1N1ウイルスにたいして、効力を発揮している、となれば、H3N2→H1N1→H5N1への自然免疫の連鎖が起きている、と、見ることも出来るというわけだが。(cross-reactive N1 NA immunity )

いずれにしても、過去のパンデミックによって得た自然免疫が、HAの差異を越して、N2部分の共有によって、H3にもH1にもH5にも、効力を発揮している、と見たほうがよさそうだ。

今回のH1N1パンデミックにおいて、なぜ低年齢にのみ感染者が多いかは、これで謎解きが出来るはずだが。

このCIDRAPの記事
Fewer senior swine flu cases may hint at protection
においては、
なぜ今回のH1N1が若いヒトのみをおそうのか?について触れていて、その理由として
「過去にこれまでその人がどのようなワクチン接種を受けていたかがポイントになる。」として
「メキシコにおける感染者の51パーセントが20歳未満であること、アメリカにおける感染者の58パーセントが18歳未満であること、などから、それより年取ったヒト、特に60歳以上の人には、何らかの免疫体が備わっているのではないか、という推測ができる。」としている。

ちなみに、これまでのパンデミックをみてみると、
1918年はH1N1
1957年から1958年まではH2N2
1968年はH3N2
1976年豚インフルエンザではH1N1
となっている。

今回のH1N1新型インフルエンザ・ウイルスは、これまでの上記のウイルスとは、似ていないものではあるが、なぜか、60歳以上の人は、今回の新型インフルエンザウイルスに対して、抗力を示している。

CDCは、これらのことについて、現在検証中である。

また、今日のワシントン・ポスト紙の記事「Age of Flu Victims Has Big Implications」では、今回の新型インフルエンザの犠牲者の年齢分布が、重要な鍵を握るとしている。

すなわち、1918年のスペイン風邪、1957年のアジアカゼ、1968年の香港カゼ、1977年のソ連型カゼに共通して言えることは、このいずれのときにも、若い世代が、多く罹患していたとしている。

この原因は、このいずれの場合も、ある程度の抗体が作用していたと見ている。

今回の新型インフルエンザにおいても、平均罹患年齢は、15歳であって、罹患者の三分の二が18歳以下であると言うことだ。

今回の新型インフルエンザが若い人にのみ影響している理由として、二つのことがあげられているとしているる

第一は、若い人ほど、その行動範囲が広く、濃厚接触の度合いがおおきい、ということであるる

第二の理由として、幾人かの専門家は、いくつかの仮説をあげている。

New York Medical CollegeのEdwin D. Kilbourne氏の仮説はつぎのとおりだ。

すなわち、いまの若い世代のうち、一定の割合の人たちは、これまで、H1N1との感染の機会がないか、または、H1ワクチンの接種の機会がなかったのではないのか?という仮説である。

今回のインフルエンザ感染の地理的な分布を見ると、著しい差が地理的にみられるが、これは、1968年にパンデミックとなった香港カゼの北米大陸とヨーロッパ大陸との感染度の違いと一致しているという。

このときは、1968年から1969年の冬にかけての第一波で、北米大陸の死亡者数の四分の三が、インフルエンザによるものであったのに対して、1969年から1970年の冬にかけての第二波において、フランスやイギリスでは、それを上回る四分の三以上が、インフルエンザによるものであったとしている。

つまり、この第一波と第二波との間において、ウイルスはH2N2からH3N2にシフトしたと、専門家は、見ているようだ。

このことから、ヨーロッパ人においては、北米人よりも、H2N2への曝露歴は、少なく、最近になって、ヨーロッパ人は、抗体を獲得したと、見ている。

そして、このことが、ヨーロッパ人をして、北米人よりも、「半分新しい(Half-New)H3N2」の到来に対して部分免疫を持っているのではないか、との推測をしている。

一方、第ニ波においては、N2部分の変異によって、ヨーロッパ人は、H3N2への抗体力が低下していたため、北米人よりも、インフルエンザによる死亡率が高くなってしまった、と、見ている。

今回においても、新型インフルエンザH1N1が、第二波において、どのような変異(ウイルスの免疫回避– immune evasion-によるウイルスのH部分またはN部分におけるチェンジ・コート-changes coats-)をするかによって、大陸別の犠牲者の数が、どう変化するのか、が注目されると、このワシントンポストは、結んでいるのだが。

参考

Serological Profiles after Consecutive Experimental Infections of Pigs with European H1N1, H3N2, and H1N2 Swine Influenza Viruses

INVESTIGATION INTO PERPLEXITIES IN THE SERODIAGNOSIS H1N1 SUBTPYE SWINE INFLUENZA VIRUS INFECTIONS

Predicting Antigenic Variants of Influenza A/H3N2 Viruses

Immunity to Influenza A Virus in Humans  By Brian Murphy

The role of cross-immunity and vaccines on the survival of less fit flu-strains

 

お知らせ:
日本からシカゴのオプション売買ができるためのマニュアル
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(A4版273ページ、5,900円)をこのたび書き上げ、発刊しました。

内容・目次のご確認やお求めについては、こちらをクリックしてください。

お徳用なダウンロード版-電子書籍PDFファイル(273ページ、3,980円)ご希望の場合は、こちらをクリックしてください。


Check Page Rank of any web site pages instantly:


This free page rank checking tool is powered by Page Rank Checker service

2009/05/16 Saturday

成田でのH1N1を国内感染第一号とみなしていれば、神戸の高校生の検査後回しはなかったのでは?

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 23:23:22

2009/05/16(Sat)
 
成田での感染者発見を水際作戦成功と勝ち誇った関係者には悪いが、今回の兵庫の高校生の場合は、外来診療医から当該検体を早期に採取しておいたのに、発熱外来関係からの検体の検査が優先され、この高校生の検体の検査には、のべ3日の遅れがあったということは、何を意味しているのだろう?

男子生徒を診察した医師から、季節性インフルエンザの疑いがあると検体が届いたのが5月12日だったが、その検体を遺伝子検査にかけたのは、診察した医師から届けられてから3日後だったという。

理由として、同じ日に市の発熱外来からも検体が届き、研究所はそちらを優先したため、男子生徒の検体の検査に取りかかったのは15日午後になったという。
(神戸の医療関係者の話として、「メキシコ、アメリカ、カナダ渡航者以外のインフルエンザ患者の検体は、送っていただいても検査しません。そんなキャパシティはありませんので」と検査機関からことわられたとの話も一部あるようだが。)

もし、成田での感染者発見を、事実上の国内感染者第一号発見とみなし、第二段階到達とみなしておけば、こんなことには、ならなかったのではなかろうか?

医療体制に関するガイドラインによれば、

第一段階:国外もしくは国内において新型インフルエンザ患者が発生したが、当該都道府県内にはまだ患者が発生していない段階

においては、

発熱相談センターの設置をするとともに、

「新型インフルエンザ患者が未発生でも、疑われる患者(当該疾患の可能性を訴え受診を希望する患者を含む)等が多数発生し、入院を必要とする例もあると予想される。このような場合も感染症指定医療機関等が患者を受け入れることになるが、新型インフルエンザが否定された時点で患者を退院もしくは一般病院に転送してよい。」

とある。

また、

第二段階:当該都道府県内に新型インフルエンザ患者が発生し、入院勧告措置に基づいて感染症指定医療機関等で医療が行なわれる段階

においては、

発熱外来の設置をおこなうとともに、

一般病院及び診療所等の対応としては

「新型インフルエンザが疑われる患者は、発熱相談センターを介して感染症指定医療機関等を受診することが期待されるが、直接患者が感染症指定医療機関等以外の病院、及び診療所(以下、受診医療機関)を受診した場合、以下の対応をとる。
○ 受診医療機関は、患者が「要観察例」に該当すると判断した場合、直ちに最寄りの保健所に連絡する。
○ 受診医療機関は、患者に新型インフルエンザ検査を実施することができる感染症指定医療機関等への転送について、保健所に相談する。
○ 受診医療機関は、新型インフルエンザ検査が検査機関において約半日以上かかることから、あらかじめ患者に対し、感染症指定医療機関への任意入院(新型インフルエンザの検査結果が出るまでは、任意の扱いとなる)を勧奨する。その場合、病院の他の病室等へ新型インフルエンザウイルスが流出しないような構造設備を持つ病床を使用する」

とある。

また、発熱外来の設置については

「○ 発熱外来は、新型インフルエンザの患者とそれ以外の患者とを振り分けることで両者の接触を最小限にし、感染拡大の防止を図るとともに、新型インフルエンザの診療を効率化し混乱を最小限にすることを目的とする。」

とある。

こうしてみると、これらのマニュアルの上では、あたかも、旧型インフルエンザと新型インフルエンザとが、発熱相談センターと発熱外来の設置によって、整然と患者振り分けが出来ると想定していたのであるが、実際は、今回の神戸の高校生のように、渡航歴がないがために、この旧型・新型のふるいが裏目に出て、かえって、検査の実施が後回しにされてしまったというわけだ。

もし、成田でのH1N1発見段階を第二段階とみなしていれば、このようなことはなかったのではないのか、とも、いいたくなる。

つまりは、「水際作戦には限界があり、不顕性感染者の入国の可能性は大いにある、との前提に立った、リスク・ミチゲーション戦略」とはなっていなかった、ということだ。

言葉を変えていえば、妙な水際作戦成功の功名取りが、結果としては、不顕性感染者の二次感染拡大を助けてしまっていた、とも、いえるのではなかろうか?

参考
「清浄国神話に毒された「『国内で患者が発生した場合』には当たりません」総理コメント
今回のH1N1は、通常の季節性インフルエンザと同様の対応をすべし

 

お知らせ:
日本からシカゴのオプション売買ができるためのマニュアル
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(A4版273ページ、5,900円)をこのたび書き上げ、発刊しました。

内容・目次のご確認やお求めについては、こちらをクリックしてください。

お徳用なダウンロード版-電子書籍PDFファイル(273ページ、3,980円)ご希望の場合は、こちらをクリックしてください。


Check Page Rank of any web site pages instantly:


This free page rank checking tool is powered by Page Rank Checker service

2009/05/15 Friday

これはびっくり。鳩山さんの「くれるんだからしょうがないでしょ」発言

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 06:56:37

2009年5月15日
 
null昨晩の10ch「報道ステーション」で、古館氏が、西松-小沢献金問題にからんで、明日にでも、新民主党代表に選出されそうな鳩山由紀夫氏に、その説明責任を問うたところ、次のような答えがかえってきたのには、びっくりした。

「相手がくれるんですから、しょうがないでしょう。」

(正確には、下記のとおり

古館
「ルールにのっとってるんだけど、なんで、ゼネコンからそんなもらうんですか?っていう、もっと根源的なことを知りたいわけですから–」
鳩山
「それは、もらえるからもらっているだけだろうと思いますけど。ただ、額とすれば—」
古館
「そんな、もらえるからもらっているだけ、なんて、いいんですか?そんなことで-」

この報道ステーションのビデオ(mp4のファイルです。マウス右クリックで開くか保存)の21分11秒くらいからのところ)

ええっ? である。

この論理でいくと、被献金先は、何でもあり、ってことになってしまう。

いくらなんでも、それはないでしょう?

鳩山さん。

ひょっとして、鳩山さんのいう「愛のある政治」「友愛の政治」ってのは、「自分を許す」「身内を許す」政治って意味なの?

そもそも、友愛の政治とは、ユニテリアン精神なりユニテリアン主義に支えられたものであるべきで、その真髄は、正義と不正義との間に寛容というバッファーを設けることは是としても、寛容が不正義をはびこらせることにまでは、いたらせないはずなのだが。

それにしても、Unitarian vs Injustice の対立軸/擁護軸は、皮肉で面白い。

「不正義の犠牲者でないものにとっては、不正義を見つけることは難しい。とくに、その不正義が、今日の世界にとって、とらえにくいものである場合には–」(Finding the injustice can be hard for people who are not victims of injustice, especially when that injustice is subtle in today’s world.)
Unitarians - Social Justice」より 

 

お知らせ:
日本からシカゴのオプション売買ができるためのマニュアル
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(A4版273ページ、5,900円)をこのたび書き上げ、発刊しました。

内容・目次のご確認やお求めについては、こちらをクリックしてください。

お徳用なダウンロード版-電子書籍PDFファイル(273ページ、3,980円)ご希望の場合は、こちらをクリックしてください。


Check Page Rank of any web site pages instantly:


This free page rank checking tool is powered by Page Rank Checker service