Sasayama’s Weblog


2008/02/28 Thursday

区画化の考えがよりいっそう鮮明になるOIEコード改正

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 20:05:39

2008/02/28(Thu)
 
null今回の、農林水産省がパブリックコメントを求めているOIEコード改正で、色濃くなっているのが、区画化(コンパートメント)の考え方である。

この問題については、私のブログ記事
低病原性鳥インフルエンザ対応のEU新司令のもつ意味について-Stamping Out政策からの転換 -」
日本と中南米とのH5N2鳥インフルエンザウイルスの接点
などで、鳥インフルエンザ対策がらみで、すでに説明している。

今回のパブリックコメントにかかわる農林水産省の「OIEコード改正案の概要及びこれに対するコメントのポイント」
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/pdf/080220-01.pdf
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/080220.html
では、あたかも、口てい疫のみの問題のように矮小化された問題提起のようにも見えるが、そうではなく、その他疾病についても、これまでの殺処分一辺倒の疾病コントロールから、ワクチネーションによるコントロール手段を含めた多様なコントロール手段をミックスする方針への転換であり、これについては、すでにOIEは、鳥インフルエンザについて、方針を示しているところであり、また、EUではすでにこの方針での指令を出している。

すなわち、区画化(compartmentalization)によって、家禽の分集団の安全性を確保するための概念を導入し、ワクチネーションについては、それらのコントロールのための追加的ツールとして含めるというものだ。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2008/02/18 Monday

ファイナル・ルール後、ダウナー牛扱い逃れの動物虐待問題

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 14:59:42

2008/02/18
 
null
今回のアメリカのカリフォルニアのHallmark Meat Packing Companyでの、動物虐待問題と、ダウナー牛肉出荷問題だが、どうも、問題が錯綜しているので、ちょっと、その背景を述べておくことが必要のようだ。

問題の発端は、アメリカのカリフォルニアのHallmark Meat Packing Companyでの動物虐待シーンが、CBSで報道され、その虐待された牛の肉が、アメリカの学校給食に回っているので、これをthe Humane Methods of Slaughter Act違反として、USDAがクラス兇離螢魁璽詭仁瓩鮟个靴燭箸いΔ發里澄

この背景には、昨年7月12日にUSDA/FSIS が出した、「と畜前の事前検査で、立てない牛は、と畜することが出来ない。」というファイナル・ルール(”Prohibition of the Use of Specified Risk Materials for Human Food and Requirements for the Disposition of Non-Ambulatory Disabled Cattle.”)の存在がある。

このファイナルルールでは、以下のように書いている。

「と畜の要請があった歩行困難牛については、と畜禁止である。しかし、生前検査をしたあと、歩行困難になった牛については、FSISの検査員が、ケースバイケースで、処理を決定できる。」」
(Clarify that non-ambulatory disabled cattle that are offered for slaughter must be condemned but that FSIS inspection personnel will determine on a case-by-case basis the disposition of cattle that become nonambulatory after they have passed antemortem inspection;)

参考「FSIS Publishes Final Rule Prohibiting Processing of “Downer” Cattle

今回の虐待の動機は、このサイト「USDA suspends meat operations at Hallmark/Westland Meat Packing Co.」によれば、「 USDAの検査をパスさせるために、ダウナー牛が自らの足で立てるように、電気棒や水のホースを使った。(using sticks, electric prods and water hoses to force downers to stand on their feet to pass USDA inspection)」とある。

このファイナルルールによれば生前検査の直前に立つ格好さえ出来れば、後は、ケースバイケースで、あとは、FSISの検査員が何とかうまくやってくれる、っていう構図なのだろう。

その立つ格好を作るための電気棒だったり水ホースだったり、ってことなのだろう。

ファイナルルール逃れのために、このような無理な手段で、ダウナー牛を立たせようとしたのだろう。

ちょっとわからないのだが、このHallmark Meat Packing Companyという会社はいわゆるsalvage slaughterなんだろうか。
(注 salvage slaughter (3D/4D)plantsとは、4Dが、「dead, down, diseased、 disabled」あるいは、「Dead,Downer, Distressed, Diseased」あるいは、「diseased, disabled, dead、dying」の牛(死亡牛、ダウナー牛、病気牛、障害牛)を対象にした処理場という意味。3Dというのは4Dから死亡牛(dead)を除いたものをさす。)

もしそうだとすると、この問題は、獣医をも巻き込んだ、新ルール後の構造的問題とも、とらえられそうだ。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2008/02/11 Monday

「金にならないことができる」ための社会システム作り

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 05:17:30

2008/02/11(Mon)
 
null「全国の湿地を抱える地域から子どもたちが一堂に集まり、「KODOMOラムサール中海・宍道湖全国湿地交流会」が九日、三日間の日程で島根県松江市内のホテルで始まった。
初日は各地の活動紹介などがあった。最終日には環境保全への思いをメッセージにまとめ、十月に韓国で開かれるラムサール条約締約国会議で世界に発信する。」
(参考サイト)という話題なのだが、心強い感じがする。

近頃の財テクブームで、子供にも、財テク教育を、というような風潮もある中で、このような「金にならない」社会活動を手がけられるのは、逆に、子供たちだけ、というような感じも受けてしまうのだが。

しかも、全国の湿地を守る大人たちは、格差社会のハザマの中で、それこそ、手弁当で、このような「金にならない」社会活動を強いられているわけなのだが。

もっと、これらの「金にならない社会活動」を直接的にも間接的にも、公的補助・扶助に頼らずに、できる社会システムを作ることはできないものなのだろうか、などと、考えてしまう。

たとえば、インドのマイクロクレジットシステムは、ごく小額の融資システムで、このような「金にならない社会活動」を助けるシステムになるだろうし、ごく小額の投資活動を可能にするシステムの用意なども、これらの「金にならない社会活動の円滑化」に資するだろう。

グーグル・アドセンス的発想だ。

小額のNGO相互扶助銀行を作る動きもある。

現代版頼母子講だ。

もっとも、これとても、モラルハザードには、気をつけなければならないが。

ドーネイション-寄付-へのインセンティブも、国税庁を経由しない、多様な資産再配分機能を有せるはずだ。

政府系ファンドなどについても、本来は、このような社会目的に資するためのスキームだってできるはずだ。

「金にならない社会活動」を円滑化にしうるための、換金回路を、地域に数多く作ることが、もっと必要な感じがしている。

湿地を守る、これらの子供たちの活動が、あとで、大人になって振り返ってみて「奇麗事だった」と嘆くことがないためにも。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見



Google











2008/02/07 Thursday

滑稽な、人事に関する国会同意手続きの専横化

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 20:17:21

2008/02/07(Thu)
 
null日銀総裁の後任をめぐって、人事に関する国会同意手続きのあり方について、与野党が協議を始めたという

それはそれでいいのだが、本来、国会が超えられる矩は、人事案件の同意までであって、人事案そのものの決定ではないはずである。

ちょっと、民主党も、鬼の首を取ったつもりで、その矩を超えての専横化への道をたどろうとしているのではないのだろうか。

为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2008/02/03 Sunday

サミット拡大案に対して、日本は、否定的な立場をとるべきではない。

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 18:51:13

2008/02/03(Sun)
 
null洞爺湖サミットを控え、ここにきて、サミット(主要国首脳会議)メンバーを現行の8カ国から中国、インドなどを加えた13カ国に拡大する案が浮上しているという。

かねてから、このサミット拡大論を主張しているサルコジ仏大統領は、1月25日のインド訪問中に、改めて、インドなど5か国を主要国首脳会議(サミット)の正式メンバーに加える構想を示したほか、イギリスのブラウン英首相も、1月21日のインド訪問時に、同様の案を提示している。

これに対して、洞爺湖サミットの主催国である日本は、「議題とせず」との否定的な立場をとっているという。

しかし、考えてみれば、進行中のドーハラウンド一つとってみても、中国、インド、メキシコ、ブラジル、南アフリカ等、新興諸国の発言は、これまでになく、増大しており、また、これらの新興国の合意なくして、洞爺湖サミットのメインテーマとなるはずの地球温暖化防止や世界経済の運営についても、実りある成果は得られない状況にあることは、誰が見ても、明らかであろう。

日本のアジアにおける立場は、歴然として、かわってきているのだ。

そのことをあえて無視して、かつての経済的栄光にすがっての中国外しやインド外しにこだわることは、そのこと自体、日本国の器量がアジア諸国から試されることにつながりかねないのではなかろうか。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2008/02/01 Friday

中国製の「メタミドホス」入りのゴキブリ駆除剤

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 09:56:30

2008/02/01
 
どうも、日本の報道では、はっきりしない、今回の中国毒(「メタミドホス」)入り餃子の製造元だが、下記の通りである。

名称−河北省食品進出口(集團)天洋食品廠
上記英語読み−HEBEI FOODSTUFFS IMP. & EXP. GROUP TIANYANG FOOD PLANT
住所−河北省石家莊市倉豐路31號
上記英語読み−NO.31 CANGFENG ROAD SHIJIAZHUANG CITY
〒番号−050021
メールアドレス−hbtyfp@heinfo.net
ホームページ- http://www.tianyangfood.cn/
電話−0311-6017477
代表者名−底夢路

「メタミドホス」の中国名は「“甲胺磷”」(俗称は「達馬松」)という。

甲胺磷には、甲胺磷(Methamidophos)と乙酰甲胺磷(Oxydemeton-methyl)とがある。

この甲胺磷(Methamidophos)(メタミドホス)と乙酰甲胺磷(Oxydemeton-methyl)(Acephate)(オキシデメトンメチル)との関係だが、前者は、後者の代謝物として、位置づけられている。

このようなもの(「“甲胺磷可溶性液”」)である

このサイト「昆明胖猫生物工程有限公司 灭蟑螂产品」を見ると、中国製の「乙酰甲胺磷(Oxydemeton-methyl)(オキシデメトンメチル)」入りのゴキブリ駆除剤というのは、結構あることがわかる。

たとえば、下記の通りだ。

1.5%洁洁杀蟑饵剂
null




1.5%洁洁杀蟑胶饵
null




吉利杀蟑饵剂
null




吉利杀蟑胶饵
null




吉利灭蟑胶饵(灭蟑方便贴)
null




ところでオキシデメトンメチル(Oxydemeton-methyl)入りでなく、メタミドホス(Methamidophos)入りのゴキブリ駆除剤が使われたということはないのだろうか。

問題の餃子の製造月日は、10月1日、10月20日ということのようだが、ここからは推測だが、おそらく、10月1日の国慶節前後の祝日での工場休日日でのゴキブリ駆除のときの残留が、包装材などに何らかの理由で、付着してしまったというのが、真相なのではなかろうか?

中国サイトで毒入り餃子最新情報は、こちらでどうぞ

なお、「甲胺磷」以外によく使われている殺虫剤としては、「滴滴涕」(DDT−dichloro-diphenyl-trichloroethane−)、「六六六」( BHC-benzene hexachloride-),「水胺硫磷」(isocarbophos)などがあるようだ。

有機リン系殺虫剤は、次の通りである。

甲拌磷. 甲拌磷颗粒剂(3%) .甲胺磷 .甲基对硫磷 .乐果. 辛硫磷 .氧化乐果 .敌百虫 .三唑磷 .敌敌畏. 倍硫磷. 咪鲜胺 .地亚农颗粒剂 .吡虫啉 .丙溴磷. 杀扑磷. 乙酰甲胺磷 .马拉硫磷原油 .久效磷 .水胺硫磷 .
参考「有机磷杀虫剂

ちなみに、中国で問題になっている薬品・添加物一覧は、下記の通りである。

蔬菜関連

殺虫剤
甲胺磷(Methamidophos)
乙酰甲胺磷(Oxydemeton-methyl)
「滴滴涕」(DDT−dichloro-diphenyl-trichloroethane−)、
「六六六」( BHC-benzene hexachloride-),
「水胺硫磷」(isocarbophos)

添加物
「二氧化硫」(Sulfur dioxide)
「苯甲酸」(Benzoic Acid)
「山梨酸」(Potassium Sorbate)

漬け物
「苯甲酸」(Benzoic Acid)
「二氧化硫」(Sulfur dioxide)

重金属
「鎘」(cadmium)、
「砷」(arsenium )
「鉛」(plumbum ),

肉類関連

獣医薬
「鹽酸克倫特羅」(俗稱哮喘藥)(Clenbuterol)
「英氟沙星」(Enrofloxacin)
「鏈霉素」(Streptomycin)

添加物
「二氧化硫」(Sulfur dioxide)

水産製品関連


「孔雀石僉(Malachite green)

重金属
「汞」(mercury)、
「砷」(arsenium )
「鉻」(chromium )
「鎘」(cadmium)

乳製品
「大腸菌群」

穀物関連

「山梨酸」(Potassium Sorbate)

参考「食物安全報告」
地表水環境基準特定項目物質一覧
按化学品分类查询
新编农药使用技术

なお、2008年1月9日発布の広告で、2008年2月1日より、次の5種類の農薬の生産・流通・使用が禁止されている。

甲胺磷(Methamidophos)、
對硫磷(Parathion)、
甲基對硫磷(Parathion-methyl.)、
久效磷(Monocrotophos )、
磷胺(PHOSMET.)

参考
http://www.china-customs.com/big5/customs/data/4219.htm
Hong Kong Regulations
中國停止甲胺磷等五種高毒農藥生產、流通、使用
關於甲胺磷等五種高毒有機磷農藥進出口管理事宜的公告

追記 

日本たばこ産業株式会社の株価から見てインサイダー疑惑があるというのだが、果たしてどうなのだろう?

昨年暮れから、今日に至るまで、日本たばこ産業株式会社の株価推移は、下記のとおりである。。

日付        始値    高値    安値    終値   売買高(千株)
2007/12/03 644,000 647,000 634,000 642,000 21.225
2007/12/04 648,000 670,000 647,000 666,000 33.439△
2007/12/05 676,000 681,000 664,000 679,000 24.094△
2007/12/06 682,000 683,000 664,000 673,000 26.317▼
2007/12/07 683,000 683,000 661,000 661,000 18.512▼
2007/12/10 670,000 673,000 659,000 670,000 11.170△
2007/12/11 673,000 677,000 670,000 671,000 10.988△
2007/12/12 661,000 674,000 655,000 667,000 19.887▼
2007/12/13 668,000 670,000 659,000 662,000 15.882▼
2007/12/14 657,000 672,000 657,000 667,000 26.687△
2007/12/17 660,000 681,000 659,000 672,000 16.916△
2007/12/18 673,000 676,000 664,000 667,000 13.294▼
2007/12/19 668,000 686,000 667,000 675,000 22.594△
2007/12/20 678,000 692,000 671,000 687,000 29.252△
2007/12/21 691,000 708,000 690,000 693,000 32.649△
2007/12/25 690,000 702,000 689,000 697,000 6.8850△
2007/12/26 698,000 699,000 683,000 686,000 7.7940▼
2007/12/27 681,000 685,000 673,000 678,000 10.903▼
2007/12/28 664,000 670,000 656,000 668,000 12.227
千葉市内で最初の患者が報告された
2008/01/03
日本たばこ産業(JT)は3日、加ト吉を共同で買収し冷凍食品事業の統合で合意した日清食品に対し、2008年4月以降に5%を上限に出資する方向で検討していることを明らかにした、と、一部報道。
2008/01/04 678,000 681,000 635,000 642,000 22.591
JT株の不思議な動き、
JTが、中毒情報を始めて知ったとしている日、午後5時ごろに、ギョーザを販売した生協から千葉の件が報告
日清食品は、前日の一部報道について、「当社として発表したものでなく、報道にあるような当社株式の取得を要請する事実はない」とするコメントを発表
2008/01/07 630,000 636,000 623,000 624,000 34.981
JT株の不思議な動き、
兵庫県内患者報告、JT子会社を所管する東京都の品川区保健センターから知らせを受けた
2008/01/08 621,000 645,000 617,000 644,000 41.209△
2008/01/09 637,000 653,000 634,000 646,000 35.952△
2008/01/10 646,000 652,000 641,000 642,000 15.088▼
2008/01/11 643,000 645,000 637,000 640,000 21.219▼
2008/01/15 642,000 652,000 633,000 636,000 25.589▼
2008/01/16 615,000 624,000 611,000 616,000 46.181
JT株の不思議な動き
2008/01/17 618,000 631,000 602,000 631,000 32.223△
2008/01/18 617,000 629,000 611,000 622,000 22.207▼
富士食品工業(横浜市)を子会社化すると発表
2008/01/21 612,000 628,000 610,000 624,000 25.310△
2008/01/22 604,000 609,000 585,000 595,000 33.935
JT株の不思議な動き
2008/01/23 607,000 607,000 591,000 602,000 33.751△
2008/01/24 614,000 618,000 600,000 607,000 25.576△
2008/01/25 608,000 612,000 600,000 610,000 25.851△
2008/01/28 590,000 600,000 559,000 562,000 52.602
JT株の不思議な動き
2008/01/29 570,000 583,000 570,000 577,000 36.588
午前中に千葉県警から市川市のケースで捜査しているとの連絡をJTがうけ、兵庫県への問い合わせで同県警の捜査も知った
2008/01/30 568,000 571,000 554,000 562,000 28.426
JT株の不思議な動き、
夕刻JT自主回収を発表
2008/01/31 522,000 560,000 522,000 558,000 81.172▼

追記 2008/02/03 中国製ギョーザ、新たに6袋の外側から殺虫剤検出

null中国製冷凍ギョーザの中毒問題で、兵庫県警は3日、同県高砂市の被害商品と製造日が同じで、関西経由で流通した6袋の外側から有機リン系殺虫剤「メタミドホス」を検出したと発表した。うち1袋の表面に1ミリ大の穴も確認した。

中国の現地工場の加工・袋詰め作業以降に殺虫剤が付着した可能性が強まったが、日本に輸入される前なのか輸入後なのかといった時期や、原因は特定できないという。

問題の商品は「中華deごちそう ひとくち餃子」。昨年10月1日の製造で、工場内で約1カ月間保管された後、天津から冷凍コンテナの船便で輸出され、11月6日に大阪港に到着。梱包のまま小売店に配送された。

県警によると、6袋は昨年末に「表面がべたついている」との理由で輸入元のジェイティフーズ大阪支店に返品された後、輸入仲介商社「双日食料」で保管中だった。

追記 2008/02/05

今回、新たに発見されたジクロルボスは、中国語で、「二氯松( Dichlorvos)」という。
殺虫剤や、殺鼠剤に使われているという。

ゴキブリ駆除用には、このほか、如撲滅松(fenitrothon)、陶斯松(chlorpyrios)、芬殺松(fenthion)、亞特松(primiphos-methyl)、等が使われているようだ。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google