Sasayama’s Weblog


2006/12/08 Friday

保険は誰のため?

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 07:52:34

2006/12/07(Thu)
 
null期限を迎える損害保険があったので、損害保険の代理店におじゃまして、ひとしきり、昨今の保険業界の話で、雑談が始まった。

その中で、ちょっと、見過ごせないな、という話題を三つ。

その1.

損保会社や金融機関なりサラ金などから融資を受けるときに、団体信用生命保険(略して団信)をかけさせられることがある。

死んだときは、融資の残債をこれで払うことができるという、一見、借りた人思いのように見えるこの保険だが、落とし穴がある。

それは、すでに償還が90パーセント進んでいたかたでも、まだ、残債が、90パーセントもある方も、保険料率は同じってことです。

貸付金利に上乗せすることで、そのときの残高に応じて、一年に一回、保険料を徴収しているということで、金利換算で約0.3%であるといわれています。

でも、保証する残債が減っていけば、総体としての融資のリスクは、減っていく勘定なんですから、その分、年ベースでは、保険料率は、安くならなければならないのに、これっておかしい話ですね。

いわば、自動車で、事故率が低ければ、保険料率は、低くなるという理屈は、ここには、ないようですね。

それに、サラ金の場合なんて、根抵当なんだし、いったい、残債ってのが、どこまでの範囲の話なんでしょうね。

融資対象の消費者に融資し、団体信用生命保険をかけさせて、根抵当権のありったけの残債を対照に、事故らせたほうがメリットという仕組みに、見えなくもない。

おまけに、この団体信用生命保険は、今、銀行の窓販の対照になっていて、銀行は、融資の金利で儲かり、団体信用生命保険の販売手数料で儲かり、という、両手に花の状態のようですね。

これぞ、貸し手のための保険ってとこでしょう。

その2.

住宅金融公庫からアパート建築融資などを受けると、最初に、融資期間中の損害保険を融資の償還期間分、一括して、付保し、その保険証券は、融資機関である住宅金融公庫に、付保質入れする。

しかし、住宅金融公庫から融資を受け建てた建物は、毎年、減価償却され、簿価は、減っていく。

まして、定額償却でなくて、定率償却の場合は、帳簿上の建物評価額は、急速に減価していく。

通常の保険は、昔はともかく、今は、新価実損払いと時価払いとの選択ができているのだが、住宅金融公庫の特約火災保険は損保20社の共同引き受けとなっており、ここにおいては、住宅金融公庫から融資を受けた建物については、原則として、借入金の全額を返済するまでの間は、建物を保険の目的として特約火災保険以外の一般の火災保険を契約することができず、従って、特約火災保険を契約する際の保険金額は、融資額を基準とするのではなく、建物の時価額を基準として保険金額が決まる。

しかし、融資前に、一括してかけた保険金の根拠の建物評価額は新築時の評価額であり、償還期間中、当初から、満期日まで、変わらない。

となると、融資を受けた人は、年ベースでは、建設当初の10分の一に減価した建物に、建設当初のままの評価額で、保険をかけていることになる。

火災になって、出る保険金は、融資額の返済を優先し、あまり分は、他に充当することができる。

また、融資返済後も、当初設定期日までの保険が、続く。

この保険も、住宅公庫に質入れしてあるのだから、借入者は、手を出すことはできない。

計算基礎は、下記のとおりである。

住宅で契約期間30年、保険金額3,000万円の場合

算式:保険金額(円)× [基本料率(円)× 長期係数]×1/1000   
               
このうちの長期係数の存在が、他の一般保険よりも、有利に働くとは言え、このように長期の保険の場合は、変動係数が適用されてしかるべきであろう。

ましてや、他の保険の付保がゆるされない特約火災保険の場合は、なおさらである。

これって、住宅金融公庫と、共同引き受け損保20社との、グルって話じゃない?

まさに、超過保険の典型的な例だ。

その3.

毎日、テレビのコマーシャルで、地井武男が「まだ、はいってないの?」と、脅迫するアメリカン ホームダイレクト のコマーシャル。

でも、いいことづくめで地井さんが、並びあげるメリットを全部履行できる保険なんて、ないそうだ。

となれば、これって、今話題の近未来通信の手口と同じパターンじゃないんだろうか?

つまり、新規加入者が増えていれば元は取れるし、約束も履行できるけれども、最後の加入者は、ババを引くってパターン。

マルチ商法で、下位者の支払った金品を上位者が分配し、上位者だけが、儲かるっていう仕組みと同じですね。

こんな、社会悪につながりかねないコマーシャルを、よくも、テレビ会社も、視聴者も許しているね。

マルチ型の「あれもこれもできます保険」には、断固反対。

以上の話を延々とされた後、ふっと、「今の保険会社ってのは、ユーザーのことなんか、一つも思ってないんですね。思っているのは、金融庁と、運用先の外資の動向だけなんですね。」といわれたのには、がっくり。

じゃあ、今日の契約更新、どうするんじゃ、とでも、いいたくなってしまった。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2006/12/07 Thursday

今年の年次改革要望書に、郵貯問題は、どう書かれていたのか?

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 21:54:40

2006/12/07(Thu)
 
null12月5日に発表された年次改革要望書には、日本の郵貯問題について、どう書かれていたのか、ざっとみてみると。

何しろ、大部なので、はしょり気味にはなるがお許しを。

郵貯問題は、おおむね次の箇所で扱われている。

1.8ページの「PRIVATIZATION」「 RECOMMENDATION HIGHLIGHTS Level Playing Field - Savings and Insurance:」

2.30ページからの「COMPETITION POLICY
I. Improving Antimonopoly Compliance and Deterrence」において、31ページの「G.」

3.39ページから始まる「Annex - 31」の「III. Policyholder Protection Corporation (PPC).」

4.41ページから44ページにかけて、「Annex - 33」の「PRIVATIZATION」の「II. Japan Post」

以上の4カ所において述べられている。

まず、1.においては、
「日本の郵貯改革については、アメリカとしても、大きな関心を抱いていた。」
として、
「これらの改革が、マーケットオリエンテッド(市場志向)な形で進められれば、日本の経済にとって、潜在的な力になるであろう。」
とし、
「これらの進められ方については、透明性が求められ、かつ、他の競争相手の銀行業務の民間部門と、最高レベルのプレイイングフィールド(競争の場)になることが不可欠であると思っている。」
としている。
そのためには、
「郵貯は、民間の競争相手と、同じ税制、法的規制、監査水準のもとに、おかれるべきである。」
としている。

2.においては、民営化後の郵貯が
「競争阻害行為をしないようにすることが必要である。」
としている。

3.においては、
「もし、日本が、郵貯ファンドを元にしての、アメリカのPolicyholder Protection Corporation (PPC)のシステムに習いたいのであれば、歓迎をするし、そのためには、法制度の備えが必要だ。」
としている。

4.においては、
「郵貯改革後に必要なのは、他の金融業務との対等な競争関係を生み出しうる諸制度の改正と用意である。」
とし、そのためには、
「政府保証の伴うものはなくし、民間企業と同一の税制、諸規制などの下での、競争がされることが必要である。」
とし、それには、
「新郵貯は、アームス・レングス・ルール(arm’s length rule)(情実融資など、通常と異なる条件で取引することを禁止したルール)を基礎にしたものでなければならない。」
とし、そのためには、
「内部でのリスク移転を避けたものでなければならない。」
とし、そこに、
「金融システムの安定のために、金融庁の果たすべき役割が、大きくなる。」
としている。
また、
「郵貯の果たすべき、ロジスティクス(物流)の役割について、アメリカは、重大な関心を持っており、これらの業務についても、前期と同様、民間競合企業と、同一の税制、諸規制などのイコールの条件での競争環境が整備される必要がある。」
としている。

参考「Annual Reform Recommendations from the Government of the United States to the Government of Japan under the U.S.-Japan Regulatory Reform and Competition Policy Initiative December 5, 2006

以下は、該当箇所抜き書き_____________________________________________

8ページ

PRIVATIZATION
The United States continues to take great interest in Japan’s effort to privatize and reform Japan Post. The
United States recognizes the potential benefits for Japan’s economy if these steps are taken in a fully marketoriented
manner. The United States also views it essential that these reforms are undertaken transparently and
bring about a level playing field between Japan Post and private sector competitors in Japan’s banking,
insurance, and express delivery markets. The United States continues to urge Japan to take necessary steps to
ensure equivalent conditions of competition are achieved in these markets.

RECOMMENDATION HIGHLIGHTS
Level Playing Field - Savings and Insurance:
Ensure Japan Post is required to meet tax, legal,
and regulatory obligations and is subject to the
same supervisory standards as private firms;
ensure Japan Post does not actively leverage its
Government ties to secure new advantages.
Competitive Conditions and New Products:
Create a level playing field in Japan’s banking and
insurance sectors before postal financial
institutions are permitted to introduce new lending
services, underwrite new or altered insurance
products, and originate non-principal-guaranteed
investment products.
Level Playing Field - Express Delivery: Apply
equivalent customs clearance procedures for
mail/packages handled by Japan Post as applied to
private express carriers; adequately disclose
relationships to ensure cross-subsidization does not
occur between competitive and non-competitive
services.
Transparency: Ensure strong transparency in the
implementation of Japan Post reforms, including
providing interested parties meaningful
opportunities for input and exchanges of views as
the process proceeds.
_____________________________________________

30ページ

COMPETITION POLICY
I. Improving Antimonopoly Compliance and Deterrence
_____________________________________________

31ページ
G.
Promote Competition in Sectors Undergoing Privatization. Ensure, through
appropriate JFTC studies and other steps, that privatization and reform of Japan
Post is undertaken in a manner that promotes effective competition in the relevant
markets. Carefully monitor the practices of newly privatized entities, including
new Japan Post entities, to ensure they do not engage in anticompetitive behavior.

_____________________________________________

39ページ
Annex - 31

III. Policyholder Protection Corporation (PPC). As Japan begins preparations to review
the Life and Non-Life Policyholder Protection Corporations, the United States

recommends Japan adopt measures, including a shift to a post-funded system, to help
ensure that a more efficient, sustainable safety net system is created before the current
system expires. The United States welcomes confirmation from Japan that the Financial
Services Agency and relevant advisory groups will provide meaningful opportunities for
input as the review process moves forward. The United States urges that the preparation
of related draft legislation and other measures is undertaken in a transparent manner.
_____________________________________________
41ページから44ページにかけて
Annex - 33

PRIVATIZATION

II. Japan Post. The United States welcomes a market-oriented reform of Japan Post. If
implemented vigorously, the United States recognizes the potential benefits for the
Japanese economy of these reforms by stimulating competition and leading to a more
productive use of resources. The implementation of a fully market-oriented reform is
also necessary to eliminate long-standing advantages that Japan Post has been accorded
over U.S., Japanese, and other private companies and to ensure that new advantages are
not created. As the implementation of these reforms progresses, it is important that all
necessary measures are taken to fully realize the legislation’s principle of establishing
equivalent conditions of competition between Japan Post and the private sector.
A. Level Playing Field for Postal Savings and Insurance and Financial System
Stability. The United States welcomes confirmation by Japan that the Postal
Savings Bank and Postal Insurance Corporation, from the outset of the
privatization process in October 2007, will no longer be allowed to offer products
that carry government guarantees and will be required to meet the same tax, legal,
and regulatory obligations and, along with the Post Office Corporation, be subject
to the same supervision and disclosure standards as private sector companies.
The United States also welcomes confirmation that relationships among the new
postal companies must be on an arms-length basis and that no schemes exist that
allow for cross-subsidization (and thus also transfer of risks) between and among
the new entities created under related laws. The Financial Services Agency
(FSA) will play a critical role in assuring they develop and exercise effective risk
management so as not to jeopardize financial system stability. In addition to fully
implementing the above-mentioned measures, the United States urges Japan to
also take the following steps to help meet the Japan Post Privatization Law’s aim
to achieve equal conditions of competition between Japan Post and private firms:
1. Product Distribution and Sales Channels. Ensure private firms are given
equal and transparent access to compete for distribution of financial
products through the Post Office network and, consistent with the armslength
rule, ensure that the Post Office Corporation’s relationships with
the Postal Savings Bank and Postal Insurance Corporation are undertaken
on a truly market basis.
2. Deposit and Reinsurance Relationships. With respect to deposit and
reinsurance contracts between the Incorporated Administrative Agency
Management Organization for Postal Savings and Postal Life Insurance
(Public Successor Corporation) and the Postal Savings Bank and the
Postal Insurance Corporation, respectively, take all necessary measures to:
a. Ensure full and complete separation of pre-existing accounts and
contracts (those held prior to October 2007) from accounts and
contracts concluded beginning October 2007 so as to ensure a full
separation of risk and that the Deposit Insurance Corporation and
insurance Policyholder Protection Corporations will not be liable
for pre-existing accounts and contracts;
b. Ensure deposit and reinsurance contracts are on a fully arms-length
basis and, as such, will not allow for cross-subsidization of the new
postal financial institutions through such arrangements; and
c. Ensure the Public Successor Corporation’s financial condition,
including surpluses and/or deficits, and reinsurance transactions
are publicly disclosed and accounted for in a manner that meets
generally accepted corporate accounting rules/standards in Japan.
3. Implicit Government Guarantee. Until such time that the Government of
Japan is fully divested from its shares of the postal financial institutions,
take meaningful steps to ensure consumers and the marketplace are aware
that products issued from October 2007 will not be backed by the
Government. In addition, carefully monitor actual sales practices and
enforce related laws to ensure accounts and contracts from October 2007
are not misrepresented as having a Government guarantee, as well as to
ensure the postal financial institutions do not leverage their relationship
with the Government to provide them an advantage over their competitors
in the marketplace.
4. Antimonopoly Act Enforcement. Ensure through appropriate Japan Fair
Trade Commission studies and other steps that the privatization and
reform of Japan Post is undertaken in a manner that promotes effective
competition in the relevant markets. In addition, carefully monitor the
practices of Japan Post entities to ensure they do not engage in
anticompetitive behavior.
5. Regional Social Contribution Fund. Ensure the Fund is administered
transparently (including sufficient and periodic public disclosure of the
cost allocation methodology, cost and revenue data used to make such
calculations, and the distributions of funds) and include measures such as
internal controls and transparent, precise disbursement criteria to prevent
benefits from unfairly accruing to the postal financial service suppliers but
not to other domestic and foreign service suppliers.
6. Asset Valuation. Ensure that, prior to October 2007, independent auditors
undertake a full valuation of the assets, liabilities, and reserves of the
Incorporated Administrative Agency Management Organization for Postal
Savings and Postal Life Insurance (Public Successor Corporation), and
that this valuation is fully disclosed to the public.
B. Conditions of Competition and the Introduction of Products. The United States
urges Japan to ensure a level playing field is actually created between the postal
financial institutions (both existing institutions and, from October 2007, the new
institutions) and private financial institutions before the postal financial
institutions are permitted to introduce new lending services, new or altered
insurance products underwritten by the postal insurance business, and the
origination of non-principal-guaranteed investment products by the postal savings
business. Relevant measures should include those that ensure the postal financial
institutions, in practice, meet the same licensing and supervisory requirements as
private sector financial institutions, including requisite risk management and
internal controls requirements and full FSA supervision. Achieving a level
playing field also includes requiring the postal entities to meet the same
obligations and standards that other companies must meet when introducing new
products or riders. Moreover, prior to engaging in any new product sales or
transactions, sales agents and representatives of the Post Office Corporation,
Postal Savings Bank, and Postal Insurance Corporation would have to fully meet
the same requirements and standards that licensed private sector providers must
meet to engage in such sales and transactions. Such requirements should include
the development of systems and management skills to effectively evaluate and
manage the risks associated with those products.

C. Level Playing Field for Express Carrier Services. The United States welcomes
confirmation by Japan that the logistics and postal services operations of the
Postal Services Company will be subject to the same taxes as private companies
and, furthermore, will be subject to the same aviation safety and security
regulations. The United States also welcomes confirmation that the Minister of
Land, Infrastructure and Transport will supervise Japan Post’s international
physical distribution services under transportation laws and, with respect to postal
services, supervise related operations according to freight transportation laws and
ordinances. In order to fully achieve a level playing field in the express carrier
services sector, the United States recommends the above measures are fully
implemented and that the following additional steps are taken:
1. Ensure that supervision by the Ministry of Land, Infrastructure and
Transport of Japan Post operations is undertaken according to the same
standards as those applied to private companies.
2. Apply customs clearance procedures for mail and packages handled by
Japan Post equivalent to those applied to private express carriers for
similar actions. Specifically, the United States urges Japan to ensure that
mail delivered under EMS follows the “duty declaration” system and not
the “duty assessment” system that Japanese regulations currently apply to
EMS mail.
3. Require Japan Post to pay equal costs for customs clearance for similar
actions, including NACCS charges and the costs for application document
preparation. Furthermore, Japan should ensure it applies all safety and
security laws and regulations to Japan Post letters in the same manner as
to documents carried by private express carriers.
4. Take all necessary measures to make public disclosures of the Postal
Service Company’s business and transactions sufficient to ensure crosssubsidization
among the Company’s businesses and with other Japan Post
entities does not occur, including requiring disclosures of separate
business areas to the same standards required of other private companies.
D. Transparency. The United States welcomes measures being taken to ensure the
preparatory process and implementation of the reforms of Japan Post progress in a
transparent manner. The United States recommends that steps continue to be
taken to make the preparation and implementation of these reforms fully
transparent and inclusive of the views of interested parties, including by:
1. Ensuring meaningful opportunities are provided to interested private
sector parties, including U.S. and other foreign companies, to actively
contribute to deliberations by committees or components of such
convened by the Government of Japan, including the Postal Services
Privatization Committee, on issues that may impact the private sector;
2. Providing meaningful and timely opportunities for private sector interested
parties to exchange views with relevant Government of Japan officials on
matters pertaining to Japan Post reforms that may affect the private sector;
3. Seeking public input through the use of Public Comment Procedures and
other methods with respect to implementing regulations, guidelines,
Cabinet and other orders, implementation plans, and other measures
established for matters pertaining to Japan Post, and also ensure that input
is fully considered and, where appropriate, incorporated into draft
measures before they are finalized; and
4. Ensuring that information relating to the planning and implementation of
Japan Post reforms, including the discussion materials and minutes of
related government-convened advisory groups, is made public in a timely
way by continued use of web postings, press conferences, and other tools.


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2006/12/06 Wednesday

罪作りな日銀の優柔不断さ-日本と、アメリカ・ユーロとの金利格差の不透明さ-

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 10:41:22

2006/12/06(Wed)
 
null今月のFOMCは、来週12月12日だが、この前に、シカゴ連邦準備銀行総裁のMichael Moskow氏が、気になる発言を繰り返している。
参照「Fed officials become fixated on inflation

氏は、各種経済データでの経済の停滞振りとはべつに、インフレーションへの警戒のため、連邦準備金利を引き上げるべきであると、先週来、各方面で主張している。

氏によれば、連日のダウ平均の記録更新にもかかわらず、米国債価格は、上昇し、イールドは、このチャートのように、10ヶ月も、低位水準に甘んじているという。

このことが、投資家にとっては、アメリカ経済鈍化への懸念となり、FOMCに対して、来年の金融政策の緩和への期待を生んでいるという。

氏の言うに、第4四半期の経済成長の低下がはっきりしてきたので、投資家は、次なるFOMCの来年第1四半期での準備金利低下への期待をいよいよ、強めているという。

また、近時ドルは、円に対して、このチャートのように、著しい低落を示しているが、これについては、このサイト『Dollar Decline? What Dollar Decline?! It’s Arbitrage.』では、本来、通貨変動は、アービトレージ(Arbitrage、異なる時間・異なる地域における価格差による取引の優先度の違い)なもので、対象国ごとに、いろいろな要因で動くものであり、現在の状況と、アメリカの貿易赤字問題とはなんらの関係もない要因で動くものであるとしている。

そして、現在のドルとユーロとの関係は、このチャートのようであるが、円とユーロとの間は、このチャートのように、円安に振れているのは、ひとえに、日銀が、当分は金利引き下げができなくて、金利格差は、そのまま当分は、続くであろうとの予測からそうなっているのだという。

連邦準備金利と日本の金利格差は、日米双方に変動要因があるから、今後、広がるかも知れないし、広がらないかもしれない。

ECB-ヨーロッパ中央銀行-は、これ以上の金利引き上げはしない(もっとも、一部に3.5パーセントに利上げの観測もある。)であろうから、日本との金利格差は、日銀次第だが、当分一定との見方であろう。

となれば、不安定要因は、ユーロよりも、アメリカ側にあるという、アービトレイジな見方なのであろう。

しかし、その基準となるのは、日本の金利という見方である。

いわば、日銀総裁の不祥事で弱みをつかまれた日銀が、独自に身動きできない中で、円が、対主要通貨に対して、アービトレイジな動きをしている、という構図なのだろう。

追記 2006/12/06 激しい円・ドル・ユーロのアップダウン

今日の主要通貨の為替相場は、下記の通りとなった。

円対ドルは、
1ドル=114円79―82銭
一時は、114円53銭まで上昇

円対ユーロは、
1ユーロ=152円71―79銭近辺
円はユーロに対して続伸

ドル対ユーロは
安値1.3306ドル、高値1.3342ドル
ユーロは対ドルで小反落

ということで、日本の日経の記事「外為17時・円114円80銭前後に4日続伸」
は、ドル安の原因を、アメリカ経済の減速化観測が主因ととらえているのに対して、ロイターの記事「Yen gains as BOJ keeps up hawkish rhetoric」は、「日銀政策責任者のコメントが、公定歩合の上昇を期待する市場の期待に火をつけた。」としている。

この「日銀政策責任者のコメント」とは、西村清彦審議委員が、6日に、長野県松本市での記者会見で、経済情勢について日銀と市場の認識が「完全に一致しなくても、必要とあれば(利上げに)動けない訳ではない」との考えを示したことを指している。

この点では、明らかに、ロイターの市場観測のほうが当たっているようにも見えるのだが。

つまり、これまで、ドル高を支えてきた日米の金利格差が縮小するとの見通しで、ドルが売られて、円が買われているという事実だ。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2006/12/03 Sunday

今日的な代用燃料車とは?

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 10:50:03

2006/12/03(Sun)
 
null安倍晋三首相は30日夕に開かれた経済財政諮問会議で、ガソリンにかかる揮発油税など道路特定財源の暫定税率や道路特定財源の一般財源化について、現行税率を維持しつつ、揮発油税も含めた道路特定財源の見直しを指示したというのだが、いろいろな議論があるようだ。

そこで、原点に立ち返ると、二つの問題が浮かび上がってくるようだ。

一つは、そもそもの、揮発油税というものの原点は何か、ということと、もうひとつは、その使途としての道路特定財源化をはかった当時の時代的背景は、どうだったのか、ということについての検証である。

前者についてみれば、そもそもの揮発油税の創設は、昭和12年4月に、代用燃料生産を助長する目的で創設されたということである。

nullつまり、当時の代用燃料車であった木炭車などの普及を目指してのイコールフッティングをはかるための下駄的存在だったということだ。

後者についてみれば、昭和29年4月の道路特定財源化への当時の社会的ニーズとしては、インフラ整備のための特定財源確保というものがあったということだ。

要は、このそれぞれの創設当時のニーズを、全部覆すのではなくて、そのそれぞれのニーズの今日的な再検証をはかるということから始めればいいというわけだ。

そこで、前者についてみれば、今日的な代用燃料車としては、Alternative-Fueled Vehicle (AFV)開発への世界的な傾向がある。

nullそもそも、この代用(または、代行)燃料車(代燃車)が世界に現れたのは、1900年代の日本でいう明治中後期に、ヨーロッパ各国で 開発されたもののようで、日本では、大正時代から開発研究が進み、昭和9年に、陸軍がガス発生装置(陸式)を考案し、これを民間のガソリン節約のために使用することを奨励して後、急速に、民間サイドで、各種代燃車が考案されたが、戦後のディーゼル車の普及で、急速に姿を消していったという代物である。
(上記の写真は、1917年に開発された、Woods Dual Powerという自動車である。ガソリンと電気モーターとのハイブリッドというから、驚きである。参照「Woods Dual Power
その下のバスの写真は、1942年に作られた、「ニッサン90型」という木炭ガスを使った代燃車である。)

しかし、近年になり、当時の代用燃料車とは異なった先進的な技術を取り入れた代用燃料車が、出現するようになった。

null現在の代用燃料車の主流は、エタノール車と、ハイブリッド車のようだ。

また、代用には、補助的代用と、完全代用の二つの考え方があり、補助的代用車は、Substitute−Fueled Vehicle であり、完全代用車は、Alternative-Fueled Vehicle (AFV)ということのようである。

後者の特定財源化への政治的経緯からみれば、大儀名分として、「受益者負担」を掲げ、1953年(昭和28年)に議員立法「道路整備費の財源等に関する臨時措置法」がつくられ、「揮発油税」が道路特定財源となったという経緯がある。

では、この二つの歴史的経緯を原点に、逆回転させてみるとどういうことが?

ということだが、揮発油税のインセンティブとしては、今日的な代用燃料促進という社会的ニーズは、昭和12年当時よりも強いものがあるということで、原点にあったインセンティブの今日的なニーズへのシフトは可能である。

また、揮発油税の特定財源化については、そもそも、社会的インフラの構築を大儀名分にして、受益者負担原則で、徴税できるのか、という、問題がある。

昭和28年当時の自動車の保有台数は、自家用車についても、法人所有車についても、ごく特権的な階層に限られていたはずである。

昭和30年時点での自動車保有台数は、百五十万台、平成17年8月時点での自動車保有台数は、七千九百万台、である。

この限りでは、昭和28年時点では、受益者負担原則は、通用しえたかもしれないが、国民悉皆自動車保有状況の今日では、受益者負担原則は、通用はしえないだろう。

また、たとえ、譲って、受益者原則を認めたとしても、その「受益」の概念は、より、広範なものとなっているし、その受益分を還元すべき社会的対象も異なってきている。

自動車の及ぼす影響は、単に、道路という狭いインフラのみに及ぼすものではなく、地球公共財の視点からの、地球温暖化への影響ということも考えると、どうなのだろうか。

上記のところを足して二で割ってみると、次のようなことは、いえるのではなかろうか。

ヾ発油税の税率水準の今日的な見直しと、エタノール燃料などの今日的な代用燃料関連税制とのイコールフッティング。

特定財源化は、堅持するが、その財源用途は、道路財源に限定されない、今日的な見直しが必要。

もうちょっと、頭を絞れば、特定財源と排出権とのトレードオフによる新スキームの確立もできるかもしれない。

などということなのだろう。

ちなみに、アメリカでのエタノール課税については、民主党の Tom Daschle上院議員が提出した、「 “American Jobs Creation Act of 2004.”」(通称” the JOBS bill “(H.R. 4520)」(それ以前は、「Jobs and Growth Tax Relief Reconciliation Act of 2003」(通称”the FSC­ETI bill”)(H.R. 2)がある。

2004年までは、ガソリンが一ガロン18.4セントの課税に対し、エタノールは、一ガロン13.2セントであり、そのうちの10分の一は、「the Leaking Underground Storage Tank (LUST)」にいき、一ガロンあたり2.5セントは、「the General Fund (GF)」にいき、一ガロン10.6セントは、「the Highway Trust Fund (HTF)」(幹線道路信託基金)に蓄積されていた。

これが、American Jobs Creation Act of 2004,(H.R. 4520)の発効によって、エタノール課税は、一ガロン、18.4セントとなり、そのすべてが、現在、 the General Fundに蓄積されている2.5セント分とともに、直接、the Highway Trust Fund (HTF)に蓄積されることになっている。

さらに、容量エタノール物品税控除(VEETC ;Volumetric Ethanol Excise Tax. Credit)制度が創設された。

これによって、表面的には、ガソリンとエタノールの税率は、ともに、一ガロン18.4セントであるが、エタノールについては、一ガロン5.2セント分の税控除がされ、その分をクレジットという形でVEETCが立て替え払いをすることによって、エタノールについての実質のブレンダーの税負担額は、一ガロン13.2セントとなるが、別途、ブレンダーは、VEETC分として、一ガロン13.2セントの負担を強いられるということになった。

参考「Volumetric Ethanol Excise Tax Credit (VEETC)
NEVC

アメリカのガソリン税制の新旧対照表については、「The “Volumetric Ethanol Excise Tax Credit” Eliminates the Impact of the Ethanol Tax Incentive on the Highway Trust Fund」の中の一覧表をご参照
「October 2004 Monthly Report for MTC
Ethanol Report
参照

アメリカの関係税制と、各種トラストファンドについては、このサイト「TRUST FUNDS AND TAXES 」をご参照

現在の代用燃料車の世界的傾向の写真は、下記のサイトでどうぞ。

参考 アメリカのガソリンとエタノールの税率新旧一覧表(単位 セント/ガロン)

1.旧(2004年以前)
....................Gasoline.....E-10
Gas Tax.................18.4.....18.4
Excise Tax Exemption...............(5.2)
Deposited to GF...........18.4.....13.2 (paid by blender)
LUST Transfer............(0.1).....(0.1)
Transferred to HTF.........18.3.....13.1
Deficit Reduction Transfer............(2.5)
Mass Transit Fund Transfer..(2.86)....(2.86)
Benefit to HTF............15.44.....7.74

2.新(2004年以降)

...................Gasoline.....E10 .....VEETC
Gas Tax...............18.40....18.40 ......18.40
Excise Tax Exemption (Form 720).....(5.20)
Volumetric Ethanol Excise Tax Credit (Form 720)....(5.20)
Deposited to GF.........18.40....13.20.......13.20
LUST Transfer..........(0.10)....(0.10)......(0.10)
Transferred to HTF.......18.30....13.10.......18.30
Deficit Reduction........ (2.50)
Mass Transit Fund.......(2.86)....(2.86).......(2.86)
Benefit to HTF..........15.44.....7.74.......15.44
Tax paid by blender......18.40.....13.20.......13.20

参考「The “Volumetric Ethanol Excise Tax Credit” Eliminates the Impact of the Ethanol Tax Incentive on the Highway Trust Fund」より




为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google











2006/12/02 Saturday

ワーグナーのオペラの幕切れと、小泉劇場の終演との相違

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 16:37:21

2006/12/02(Sat)
 
nullそうですね。

小泉さんがこよなく愛されたオペラ、その中でも、特に相似性を示していたのが、ワーグナーのオペラでしょうね。

そのワーグナーのオペラの中でも、守旧派と改革派との対決という点からすれば、ワーグナーのオペラ「ニュルンベルグのマイスタージンガー」なんてのが、両者の比較の対象として、ふさわしいのかもしれませんね。

で、このマイスタージンガーの中では、歌合戦という形で、改革派のヴァルターの歌(「朝は、バラ色に輝いて」”Morgenlich leuchtend in rosigem Schein“)が、守旧派のベックメッサーの歌(「朝は、バラ色に輝く私」”Morgen ich leuchte in rosigem Schein“)を打ち負かす、というあらすじなのですが。

ここまでは、郵政改革反対派を打ち負かしたストーリーと全く同じですね。

歌合戦に勝ったものには、職人組合の親方の娘であるエーファと結婚できるというおまけまでついていますね。

小泉チルドレンたちは、この歌合戦の周りではやし立てる取り巻きともいえるんでしょう。

で、違いは、最後の大団円 にあるようで。

この改革派のヴァルターには、日頃から改革的民衆芸術論を展開しているザックスという職人がついていて、このザックスが、オペラの最後で、歌合戦で優勝したヴァルターに、「親方」の称号を与えようとしたのですが、親方制度の古くささを嫌った改革派のヴァルターは、その親方の称号を拒否します。

そこで、ザックスは、
「親方制度を軽蔑しないでください。
親方制度は、古くさいものではあるが、ドイツの芸術の純粋さを守ってきたのは、この親方たちなのです。
それは、あなたのためにもなっているのです。
どうか、親方たちに感謝の念を持ってください。
親方制度は、無価値なものでは決してありません。
ドイツの芸術を育て、ドイツ的な真実を保ってきたのは、この親方たちなのです。
あなたは、親方に、これ以上の何を望むのですか。
ドイツの国民・国家が崩壊すれば、誠意のない外国の支配にさらされ、外国のがらくた文化が、ドイツの芸術をむしばむことになるのです。
そのためにも、ドイツの親方を尊敬してください。
そうすれば、ローマ帝国が滅びようと、ドイツの芸術は、永遠に続きうるのです。」

と、こんこんと、ザックスは、改革派のヴァルターを説得し親方の称号を受けさせ、その上で、歌合戦で、ヴァルターと対決したベックメッサーとヴァルターを、握手させる役割を演じているのですが。

改革いっぺんやりのヴァルターを、ザックスは、「新しいものが生まれるためには、古いものを尊敬することが必要なのだ。」として、いさめたのですね。

ここで、ベックメッサーを郵貯改革反対派、ヴァルターを郵貯改革賛成派、親方制度を、旧郵貯制度と読み替え、ドイツの芸術を、自民党と読み替えると、何やら、意味深の言葉になってしまいますね。

(ザックスの部分は、この音楽クリップ「Verachtet mir die Meister nicht 」(「親方たちを軽蔑しないでください。」をご参照ください。

このビデオクリップの「目覚めよ(Wach auf! Es nahet gen den Tag)」という合唱の後から歌合戦が始まって、ここらあたりから、終わりにかけての部分ですね。

このYouTubeのビデオクリップは、1935年、ナチ・ドイツ時代に、新装なった、ベルリンのドイツ・オペラハウスのこけらおとしで、ゲッペルスの前で、ベームが演奏してのMeistersingerのオペラの映像で、ザックス(Wilhelm Rodeが歌っている)の部分)

しかし、小泉劇場の終演には、この大団円の場面に、ザックスのような、これまでの対決をアウフヘーベンさせるような説得力をもつ登場人物が、不在だったということですね。

強いていえば、森喜朗さんあたりかな?

つまり、小泉さんは、ヴァルターにはなれても、ザックスにはなれなかったということなのでしょう。

いつの選挙だったか、私も、県会議員の一人から、「自分が壇上で演技をしてから、観客席にまわって、拍手をしているような選挙をしてはいけない。」と諭されたことがありましたっけ。

小泉さんも、自分の舞台が終わった後も、一生懸命、観客席で拍手をしているんですが、周りの聴衆がシラーっとしている、ってのが、今の安倍内閣支持率低下の国民の声なんでしょう。


为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-掲示板-ご意見


Google