Sasayama’s Weblog


2005/10/05 Wednesday

アメリカFDAが、新飼料規則発表

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 12:22:44

2005/10/05(Wed)

nullアメリカFDAが、新飼料規則を発表した。

内容は、下記のとおりである。

下記の牛からのものは、牛以外の動物飼料(鶏、豚、ペット関係飼料)についても、新飼料規則制限の対象となる。

しかし、アメリカ初のBSEが発見された直後、今から19ヶ月前に発表された飼料規制の内容から、次の三点について、後退が見られていると、批判の声もある。

その三点とは、ゝ蹐侶豈佞龍愡澆ない。▲譽好肇薀鷸頂擇了料使用禁止がない。チキン・リターの禁止がない。
である。

さらに、SRMとされる、眼、小腸の一部の回腸遠位部、も、除外されていない。

今回の新飼料規制について、アメリカの消費者団体(Consumers Union、Consumer Federation of America、など)は、「脳と脊髄の禁止だけでは、これまでのループホールは、閉じられていない。」として、反発の声を上げている。

ある獣医は、『90パーセントの危険部位の除去では意味がない。100パーセントの危険部位除去があって、初めて意義がある。』と批判している。

1.月齢30ヶ月以上の牛からの脳・脊髄

2.検査されない、また、人間の食用に適さない、牛の脳・脊髄で、これについては、いかなる月齢も対象となる。

3.検査されない、また、人間の食用に適さないもので、脳・脊髄が取り除かれていない、すべての死骸。

4.0.15パーセント以上の不溶解不純物を含む牛脂−タロー−であって、上記規則で禁止された部位から抽出されたもの。

5.MRMによる肉

以上

Consumers Unionの見解
http://www.consumersunion.org/
pub/core_food_safety/002715.html

その他参考サイト
http://www.agweb.com/get_article.asp?pageid=121524&src=gennews
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/10/04/AR2005100400885.html
http://www.cattlenetwork.com/content.asp?contentid=10794
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=10000087&sid=aFy_3.KeIeaM&refer=top_world_news
http://www.capitalpress.info/main.asp?SectionID=94&SubSectionID=801&ArticleID=20222&TM=63596.81
http://www.fda.gov/bbs/topics/news/2005/new01240.

追記 アメリカFDA発表の飼料新規則に対する批判集

昨日FDAが『満を持して?』発表したはずの新飼料規則に対して、早くも、批判の嵐が吹き始めている。

その1.the Public Interestの Caroline Smith DeWaal氏
「先月のUSDAのLester Crawford 氏が約束したものと違い、政府は、今の飼料規則と現実とのギャップを埋めていない。
これでは、この新規則に、SRM(危険部位)の概念を合わせなければならなくなる。これを、我々は、手加減したSRMとよびたい。
また、カットオフ月齢を30ヶ月としているが、アメリカには、日のカットオフ月齢を保障しうるトラッキングシステムがない。」
http://www.boston.com/
news/nation/articles/2005/10/05/
fda_offers_new_rules_to_reduce_mad_cow_risk/

その2.the Center for Food SafetyのJoe Mendelson氏
「この新規則では、実際のところ、十分な禁止措置はとられえない。」
http://www.postchronicle.com/news/health/article_212769.shtml

その3.Consumers UnionのMichael Hansen氏
「新飼料規則は、抜け穴に満ちており、公衆衛生を保護するには、弱い。
これでは、牛の血は、(代用乳となって)再び牛に戻るであろう。
血の使用が規則の適用から除外されていることが、問題である。
なぜならば、牛の血が、感染に関与しているからだ。
チキン・リターや鶏小屋の剥離物が、除外されていない点も、問題である。」
http://www.marketwatch.com/
news/story.asp?guid=%7B5D91C2AC-3489-44DA-
ADC5-3942191E3E28%7D&siteid=google

その4.the National Renderers AssociationのTom Cook氏
「新飼料規則で脳や脊髄を禁止しても、死にかけた牛を農家から一頭25ドルで引き取ってくるレンダラーは、死後硬直した死骸から危険部位を取り出すには、コストがかかるので、それをしないであろう。
検査員による検査はないのだし、結果、違法な死骸処理が行われるであろう。」
http://www.nytimes.com/2005/10/05/health/05cow.html

その5.前USDAの獣医のLinda Detwiler氏
「感染性のある危険部位を100パーセント取り除かない新飼料規則には、失望した。」
http://www.mercurynews.com/
mld/mercurynews/news/politics/12817593.htm

以上のように、批判ごうごうのFDA発表の新飼料規則であるが、これについてのパブリックコメントは、12月19日に締め切られるとのことである

为翻译对汉语, 使用这 ⇒http://translate.livedoor.com/chinese/

nullTranslate
笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-図書館-掲示板
 

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | TrackBack URI

Leave a comment

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong> .