Sasayama’s Weblog


2004/11/12 Friday

クリック募金の透明性を確保するためには、寄付のシステム化が必要

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 07:26:24

  
2004/11/12
今回の新潟中越大震災にあたって大活躍?した感のある各種クリック募金だが、サイトhttp://plaza.rakuten.co.jp/hiro0210/diary/200410290000/のように、その透明性に疑問を呈される方もいる。
また、今回の震災募金においては、一部アフィリエイトサイトにおいて、カリスマ的アフィリエイターによって義援金タグが配布され、それを皆がコピーして自分のブログに貼り付け、さらに、それが、新潟中越地震の悲惨さを伝えるチェーンメール化したメッセージと、結果的に連動する形で広がったという顛末があり、これが、ブログサイトの規約違反(ブログサイトが認めたもの以外の、バナーの掲載等の行為)となり、のちに、配布タグをはずしたという経緯もあったようだ。
募金収集先がその募金を日赤などの公的募金先に取り次いだかどうかの検証は、現在では、そのサイト上に、日赤などへの送金を示した郵便振替の写しなどを写真で公開するという、かなりアナログっぽい方法でしかやられていない。
もちろん善意であれば、これで問題ないのだが、悪意であれば、このような偽造など、郵便局の受付印だけ偽造できさえすれば、いとも簡単にできてしまう。
一番いい方法は、日赤自体が、クリック募金を始めればいいことなのだが、それでは、サイトでのクリックバナーの広がりがうまくいかないというのであれば、これらクリック募金にかかわるサイトが、一定の認証機関経由で、生ログを残せるようなシステムがあれば、一定のけん制力にはなりうる。つまり、サイト上の公証役場的な機関が必要というわけだ。
平成12年5月31日施行の電子署名及び認証業務に関する法律や平成14年12月13日施行の「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(「公的個人認証法」)などにもとずく電子認証のシステムも整備されつつはあるが、これらは、電子入札や、大規模の電子商取引対象の、概して、大掛かりなもので、個人認証を手軽にということにはならないようだ。
公的な寄付のインターネット上のシステム化を日赤などは、もっと編み出すべきときにきている。
ちなみに、アメリカ赤十字では、次の7つの方法によるドーネーションが可能になっているようだ。.オンラインによる方法 2.電話による方法、3.郵便による方法、4.株の寄贈.商品の寄贈 6.あまった小銭による寄贈 7.航空会社のマイレージによるドーネーション  である。
この場合、アメリカ赤十字サイトはVeriSign Secure Site として、電子認証指定がされている。(詳しい説明は、Q&A−英文−参照)
これに対して、日本赤十字社の義捐金募集体制は、このように、依然として、アナログの世界である。
これらの日本赤十字自体の寄付のシステム化と同時に、、寄付周辺システムとして、クレジットカードによる寄付システムも整備されつつあるが、問題は、小額の寄付での手数料の高さである。
また、支払い決済はできても、受け入れ決済はできないという片方向性も課題である。
海外取引では、PayPalによるごく小額のドーネーション・システムが可能であるが、日本のインターネット金融機関も、これらとの提携により、小額寄付が可能となるような周辺業務の開発に急ぐべきだ。
もっとも、PayPal自身にも、ねずみ講的MLMシステムに利用されているなど、いろいろ問題が発生していることは事実だが。
http://web.pref.hyogo.jp/hanshinminami/vision/kiroku/g.pdfにおいては、寄付のシステム化に向けての 近畿ろうきんの「NPO寄付システム」アサヒビールの「アサヒ・ワンビールクラブ」「アサヒ・エコマイレージ」、イオンの「幸せの黄色いレシートキャンペーン」等の取り組みを紹介している。
また、これら寄付のシステム化は、そのまま、地域通貨における法定通貨と地域通貨との決済にも、そのまま応用できる。
以上、日本の寄付のシステム化について言及してきたが、もっとそれ以前に考えるべきは、日本の寄付税控除の硬直性なのかもしれない。
その場合は、クリック募金の場合の、仲介団体経由の場合の寄付控除の権利は、どこに帰属するものか、などの問題も、政策課題に上るかもしれない。

HOMEオピニオン提言情報・解説発言—-プロフィール—-著書行動図書館—-掲示板
142

2004/11/08 Monday

山古志村の映画「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」をチャリティ上映のうごき

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 07:24:50

 
2004/11/08
平成15年度第1回文化庁映画賞受賞の映画に「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」(橋本信一監督、フィールドワークスプロジェクト)というのがあるが、この映画をチャリティ上映し、山古志村支援の糧にしたいとの動きがひろがりつつある。
上映を企画したのは花泉町花泉の自営業小沢仁さんで、被害の大きさに衝撃を受け、インターネットを見ていたところ、山古志村のドキュメンタリー映画があることを知ったという。
今月中旬に上映し、収益を義援金として被災地に送るという。
同様のうごきは、宮城、埼玉、千葉、神奈川、三重、東京名とに広がりつつある。
新しい換金回路の芽生えで、これが各地に広がるといいが。
もともと、この映画上映推進の「掘るまいか」上映推進委員会なり、 「掘るまいか」クラブ というものがあり、震災以前から、各地での上映を重ねてきた。
新潟でも、長岡アジア映画祭で、この8月30日に、上映されたばかりであった。
映画の概要は、こちらに詳しい。
これをつくったのは、橋本監督をはじめ例の今村昌平さん設立の横浜放送映画専門学院の卒業生らしい。

掘るまいか 手掘り中山隧道の記録2003年 日本カラー/83分 英題“HORUMAIKA”監督:橋本信一
長岡のとなり、豪雪の山村・山古志村。つるはし一つでトンネル掘りに立ち向かった村人たちの16年に及ぶ精神とエネルギーの記録。人が生きるとは、希望の光を見つけようとするアガキの姿である。そのときトンネルが単なる物ではなく、意思を持ち、人に何かを伝えるものになったのだ。この空気感を醸し出すことに、この映画は成功した。

HOMEオピニオン提言情報・解説発言—-プロフィール—-著書行動図書館—-掲示板
137
 

2004/11/07 Sunday

「不自由な建築の自由さ」と「自由な建築の不自由さ」

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 07:24:33

 
2004/11/07
今朝の日経に、この掲示板でも「負ける建築」の著者として取り上げたことのある建築家の隈研吾氏のコラムが掲載されていた。
題して、「不自由な建築」
氏のいうに、建築後、幾年かたつうちに、まことに使い勝手の悪い、不自由な建築になるのに対して、昔の建築というのは、スペース等の点で、不自由ではあるが、回収などでは、まことに自由な空間となるというのである。
その一例として、彼は、今年の12月4日に開業する京都の烏丸のCOCON烏丸をあげている。
このビルは、1938年完成の旧旧丸紅ビルを改装したもので、中には、当時ならでは得られない贅沢な材料が使われているという。
京都では、このほかに、10月には、1920年建築の「文椿ビルヂング」が、改装オープンする。
勝ち誇る建築から、負ける建築へ、自由な建築から、不自由な建築へ、まさに、スロー・アーキテクチャーというべき、価値転換だ。
世は、新築から改築の時代に入ったとみるべきか?

HOMEオピニオン提言情報・解説発言– –プロフィール—-著書行動図書館—-掲示板
136
 

2004/11/05 Friday

山古志村 に、どうやって換金回路をつくっていくか?

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 07:14:11

 
2004/11/05
このサイトは、震災前の山古志村の宝物−錦鯉と闘牛−についてのサイトだ。
震災前から、これらの換金回路は、老齢化によって、息途絶えようとしていた。
今回の震災で、これらの換金回路の再建は絶望的とも見えるのだが、しかし、ものは、考えようだ。
この山古志村は、奇しくも今年の9月9日に合併協定調印式が行われ、新「長岡」市となるわけだが、やはり、ここは合併前の地域資源の活用による再建構想を練っていく必要があるような気がしている。
地域再建の力となりそうな要素は三つある。
肉牛、錦鯉、そして、闘牛だ。
村には、闘牛だけで約20頭、肉牛、乳牛など含めると約900頭の牛がおり、このうち約8割をタカノファームが所有、飼育しているということだ。
このタカノファームというのは、親会社を螢織ノとする子会社のようで、インターネットによる牛肉販売を、http://www.e-meat-takano.co.jp/のようなサイトで行っているようだ。
2001年の平均アクセス件数 1600件/月ということだが、この機会に、このアクセスは、もっと飛躍的に伸びるだろう。
ちょうど、カメルーン騒動の大分県中津江村の場合のように。
しかし、それも、所詮、企業サイドでの話しだ。タカノファームと、村なり村民との経済関係や雇用関係については、よく分からない。
報道も、そのあたりをごっちゃにして報道している感じもする。
つまり、企業所有のヘリコプターチャーターによる牛救出と、村民所有の牛救出との関係をうまく報道していない感じがする。
ヒューマンな側面のみを情緒的に報道していはしまいか?
また、株式会社タカノの今後の村民への利益還元の方向も、注視していかなくてはならない。
村内には、このタカノファームの牧場のほかに、山古志村営の萱峠牧場があるようだ。
したがって、当面の換金資産は、牛千頭のうち、純粋村民の所有にかかわっているのは、200頭足らずということになるのであろうか。
タカノファーム所有の牛については、村民との預託牛の関係があるかどうかは、判明しない。
もし、あるとすれば、今後は、タカノファームの親会社株式会社タカノの判断にゆだねられ、村民との経済関係・雇用関係は、このタカノとの間で、判断されるものと思われる。
残りの村民純粋所有と見られる牛200頭足らずについては、これをプレミアムつきで、何らかの現金化をし、越冬資金にするしかない。
そこで、村外預託牛の発想で、山古志村の牛トラストによって、現金化のスキームはできないものか?
つまり、村所有の牛について、全国の篤志家が、村外オーナーになる。
再建できれば、オーナーには何らかの見返りはあるが、当面の再建期間中は、事実上の預託金だ。
このようなスキームによってしか、山古志村再建のきっかけは生まれにくいのではなかろうか。
闘牛のほうはどうだろうか。
闘牛は、国の重要無形民俗文化財に指定されているということだが、入場料一般席1000円、特別さじき席2000円、小学生以下無料 ということでは、ちょっとかなという感じはする。
ここは、先日、ボブサップや曙が訪れたことを機縁にして、全国の力を借りた地域再建イベントなどで、換金回路を作る必要がありそうだ。
沖縄の島に行くと、まだ、同様な闘牛場−全国で6箇所-があるが、本土では、ここの三つの闘牛場(池谷闘牛場、虫亀闘牛場、種苧原闘牛場)だけなようだ。山古志村の名前が、今回全国に知れ渡った力を逆利用して、何とか、地域再生の力にできないものかと、思う。
錦鯉のほうは、養殖技術が残れば、再建は可能のように見える。
つまり、種鯉が残っていれば、再建は可能と見ているのだが。
山古志村の錦鯉の歴史を見ると、大正3年、東京上野で開催された万国博覧会に「越後の変わり鯉」として出品され、一躍、全国的に有名になったもの、太平洋戦争後も、危機があり、養殖業者が皆無となったのが、わずかに保存された親魚をもとに再興し、昭和40年代の国内で錦鯉の一大ブームをつくったという、苦難の再興の歴史がある。
しかし、養殖業に携わるかたがたの高齢化も進み、ただでさえ、行く末を案じれるていただけに、今回の打撃は、大きいものがあるだろう。

HOMEオピニオン提言情報・解説発言—-プロフィール—-著書行動図書館—-掲示板
134
 

2004/11/04 Thursday

アメリカ大統領選でブッシュ勝利を決めた五つの要素

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 07:13:33

 
2004/11/04
サイト「Election Analysis-Five Key Facets of the Bush-Kerry Race 」By Mike Pescaでは、ブッシュ勝利を決めた五つの要素について述べている。
その一
副大統領候補選択での、ケリー側のミス

ブッシュはチェィニーを、ケリーは、エドワードを選んだ。これが、ケリー陣営の最大のミスだった。エドワードでは、票はとれなかった。
当初、選択しようとしたニューメキシコ州知事のBill Richardson氏を選べば、事態は変わっていたかもしれない。

その二
共和党大会の間、民主党が沈黙してしまったこと

ケリー候補の伝記において、ベトナム戦争におけるケリー候補の功績としてあげている「「小型高速艇の指揮官として、戦火の中、川に落ちた特殊部隊員を船に引き揚げて助けた功績」として、1969年3月に青銅星章が授与されたが、その申請の際、事実を捏造したとの、告発に対して、共和党大会の間、ケリー候補陣営側が沈黙を守ったことが、ネガティブとなって、結果、ネガティブが何もなかったブッシュに票が流れた。

その三
ケリー陣営の実験的な科学的に研ぎ澄まされたテレビ広告の功罪

局地戦的なテレビ広告よりも、圧倒的な量のテレビ広告を出したほうが、勝った感じ。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:cuGskkmSuTEJ:www.johnkerry.com/tv/+Kerry++TV+Ads+&hl=ja 参照

その四
票を引き出す(get out the vote)戦術の違い-
組織的な宗教票狙いのブッシュがマイノリティー票狙いのケリーに勝った

ブッシュは、福音主義者などの宗教票を狙ったのに対して、ケリーは、同性愛主義者などのマイノリティー票を狙った。
民主党は、宗教票マーケットに対して、それを刺激するキャンペーンをしたのが、裏目に出た。

その五
選挙のフレーミングの違い

多くの現職の再選選挙は、現職の信任投票と化すのであるが、ブッシュ陣営の選挙参謀であるKarl Rove 氏は、それを逆に、ケリー氏の信任投票に変えてしまう戦術を取った。
そして、問題を、「現在の失業問題」でなく、「将来の失業問題」へと摩り替えた。
効果はてきめんで、まだどちらに投票をするとも決めかねている人は、「確かに、今の大統領がやっていることは、気に喰わないが、だからといって、ケリー候補に投票に行きたいとも思わない。」というような反応をさせるまでにいたった。

HOMEオピニオン提言情報・解説発言—-プロフィール—-著書行動図書館—-掲示板
132
 

2004/11/03 Wednesday

香田証生さんの処刑ビデオを犯行グループが、公開.rtf

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 22:08:04

2004/11/03
 
事実は事実ですので、あえて、以下に当該ビデオ(Shosei Koda Beheading Video )のURLを記します。
(当初は、直リンでURLを記していましたが、今後は、ニュースソースのURLを、以下に記します。自己責任のもと、お取り扱いください。-11月3日午後二時半記-)

http://www.ogrish.com/index.htm

http://mypetjawa.mu.nu/archives/052905.php

それにしても、今朝午前六時台の日本のテレビで、この問題をニュース番組の最初の部分で取り上げたのは、日本テレビしかなかったように思います。
NHKは、最初は、「アメリカ大統領選挙の話」、次に、「新潟大震災の話」そして、「震災にからむ詐欺への注意の話」という順番で、なにか意識して、この問題を避けているかの扱いでした。
「楽天かライブドアか」のような問題が、邦人の人命報道に優先して報道される、日本の報道のあり方に対し、怒りすら覚えます。
テロの事実を国民に直視させない、あるいは、国民が直視しないことは、後々に禍根を残す結果となるはずです。
報道が、事実を事実として、直視する、直視させる、この態度が、今後に禍根を残さない処方となるような気がしています。

为翻译对汉语, 使用这 ⇒http://translate.livedoor.com/chinese/

nullTranslate
笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-図書館-掲示板

2004/11/02 Tuesday

知事が特定政党の応援に駆けずり回っている姿は、果たして、地方自治本来の意義にかなったものなのだろうか?

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 11:33:00

2003年11月02日

特定政党の応援に走り回る知事の行動は、果たして本来の地方自治の意義にかなった行動なのだろうか?

サイトhttp://www1.tcue.ac.jp/home1/c-gakkai/ronbun1-3/abe.pdfによれば、日本の地方自治の端緒は、集権・融合型の性格を有す「大陸型」という特徴を有していたのが、世界大戦後を経て、分権・分離型の性格を有す「アングロサクソン(英米)型」の特徴を有すものに変遷してきたのだという。

前者は、団体自治を重視するのに対し、後者は、住民自治を重視するが、日本においては、この両者を均等に慮った性格のものとなっている。

自治について、国家から授権されて始めて自治が存在しうるという「伝来説」と、これは国家の成立以前からあったものとする「固有説」とがある。

地方自治を制限しようとする立場から見れば、伝来説が有利であり、地方自治を拡大しようとする側から見れば、固有説が有利であるということになる。

このような定義からすれば、一県の知事が、国政選挙にかかわるということは、これらの地方自治の意義のいずれに加担するかということになる。

分権・分離型の性格を有す「アングロサクソン(英米)型」の地方自治のスタンスに立つならば、国政選挙に携わることは、自己否定につながってしまう。

地方自治は国家の成立以前からあったものとする「固有説」の地方自治のスタンスにたった場合、国政選挙にかかわること自体、現在と反対のポジションの国権勢力に加担するという自己矛盾に陥ってしまう。

このように見てくると、これらの特定政党の応援にかかわる知事の行動というものは、ご自身、地方自治の本来の意義にてらして、自らを自己矛盾の立場に陥らせ、自己否定の権化と化させているのをご存じない、哀れなピエロであるとしか思えない。

そして、ともすれば、知事のネポティズムさえ横行しがちな、このような風潮の中にあって、浅野宮城県知事さんのように不動の姿勢をとり続ける知事さんに対しては、一服の清涼剤として、尊敬の念を禁じえないのである。375