Sasayama’s Weblog


2006/07/16 Sunday

日本にも、食品に放射線照射許可の動き

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 11:17:13

2006/07/15(Sat)
 
null国の原子力委員会の食品照射専門部会が、香辛料の殺菌に放射線の利用を認めるべきだとする報告書案をまとめ、今秋にも厚生労働省に検討を求めるとの動きという。
参照「食品への放射線照射について(案)」

現在、食品への放射線照射は、ジャガイモの発芽防止(1972年)以外は、食品衛生法で原則禁止されている。
参照「香辛料の殺菌に放射線照射認めるべき 原子力委報告書案

他国の動きであるが、たとえば、EUでは、ガーリック、ジンジャー、ウコンなどの特定の香辛料については、放射線照射が認められている。

これは、1999年EU指令「Directive 1999/3/EC of the European Parliament and of the Council on the establishment of a Community list of foods and food ingredients treated with ionising radiation (OJ L 66 - 3/13/99) 」の付属書(Annex II )に基づくもので、これを例外とした事由として、これらの香辛料の原料の採取地が、細菌汚染された地からのものが多いからだとされている。
( ちなみに、DIRECTIVE 1999/3/EC指令では、「公衆衛生にとって有害な、有機体や代謝物質によって、しばしば、汚染され、寄集されることがあるため。」(frequently contaminated and/or infested with organisms and their metabolites which are harmful to public health)としており、Disinfestationを大義名分としているようだ。)

この付属書兇砲いては、対象品目は、Dried aromatic herbs, Spices 、Vegetable seasoningsの三つのカテゴリーとされ、それに対する放射線の最高照射線量= 10キログレイ(kGy) とされている。

更に、これらの照射済みの食材については、ラベルの表示が義務付けられており、たとえ、照射済みの食材が、全体の25パーセント未満であっても、『放射線照射処理済 “irradiated” 』や『 電離放射線処理済み”treated with ionizing radiation” 』との、照射済みの旨のラベル貼布が必要となっている。

輸入品については、ラベル表示の有無にかかわらず、特定の香辛料以外の放射線照射食品の輸入は認められていない。

イギリスにおいては、2002年と2003年に、イギリスの地方庁とthe Food Standards Agencyとが、放射線照射済みの食材の実態調査を行ったが、その調査報告書が、「IRRADIATED FOOD SUPPLEMENTS: ENFORCEMENT EXERCISE」である。

この食品への放射線照射の実態調査では、48の食品サンプルについて行ったが、そのうちの11が、全体放射線照射であり、13が、部分放射線照射であり、まったく放射線照射のなかったものが24であった。

そして、ラベル表示の実態については、この放射線照射についてラベルに記したものは、無かったということのようである。

このうちの二社について、公的警告が発せられたとしている。

きわめて、ルーズな実態が明らかになったという調査結果ではあるが、これには、なにぶんにも、外観上は食品への放射線照射の状態が分からないという、物理的な問題も、大きく関係しているようだ。

すなわち、消費者にとっては、食品安全上の問題というよりは、それを検知しうるハードの体制が整っていないという点が、問題のように、思える。

現在、その食品なり食材が、放射線照射を受けているかどうかの簡単な判別方法として、次の二つがある。

ひとつは、輝尽性蛍光体(photostimulated luminescence(PSL))によるもの、

もうひとつは、

熱ルミネッセンス(thermoluminescence (TL)
によるものである。

一方、アメリカのパブリックシチズンthe Center for Food Safety では、これらの食品への放射線照射が、肉やひき肉、そして魚介類に拡大するにつれ、あらたな問題が増すと指摘している。

パブリックシチズンが指摘するところによると、放射線照射された食材に特有にある2-アルキルシクロブタノン(2-alkylcyclobutanones (2-ACBs))が、人間のDNA損傷を促し、結腸癌(colon carcinogenesis )などの腫瘍形成を促すとしている。

この2-アルキルシクロブタノン(2-alkylcyclobutanones (2-ACBs))は、食品中の脂質、トリグリセリドの分解により生成されるものとされ、放射線照射のみによって生成する放射線特異分解生成物 (Unique Radiolytic Product) と、よばれるものである。( このほかに、 2-dodecylcyclobutanone (2-DCB), 2-tetradecylcyclobutanone (2-TCB), 2-tetradecenylcyclobutanone (2-TDCB) a 2-tetradecadienylcyclobutanone (2-TDeCB)  などがある。)

今回の日本の原子力委員会の報告書では、この2-アルキルシクロブタノンの危険性については、わずか、14行の記述があるだけである。

このような議論の一方で、大腸菌(だいちょうきん, Escherichia coli 略してE.coli)対策を目的として、学校給食や託児所の給食に、放射線照射のひき肉などを積極的に取り入れようとする動きもある。

その代表的なものが、アメリカ・ネブラスカ州で、ここでは、毎年、これらの施設で使用の肉の2パーセントに当たる100万ポンドのひき肉を、放射線照射のひき肉に変えるという動きもある。

これに対して、子供をモルモット扱いにしているという消費者団体の反対もある。
参照「Alderspring beef is not irradiated. 」

このように、食品への放射線照射問題は、前述の1999年のEU指令当時とは、かなり異なった問題の展開をしているようであり、日本においても、そのような環境変化を踏まえた論議が展開されるべきであろう。

備考1. わが国の食品衛生法における食品に対する放射線照射に関する規定

食品衛生法における食品照射の取扱いについて」(平成18年5月 厚生労働省医薬食品局食品安全部)

食品衛生法第10条
人の健康を損なうおそれのない場合として厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める場合を除いては、添加物(天然香料及び一般に食品として飲食に供されている物であつて添加物として使用されるものを除く。)並びにこれを含む製剤及び食品は、これを販売し、又は販売の用に供するために、製造し、輸入し、加工し、使用し、貯蔵し、若しくは陳列してはならない。

食品衛生法第11条
厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供する食品若しくは添加物の製造、加工、使用、調理若しくは保存の方法につき基準を定め、又は販売の用に供する食品若しくは添加物の成分につき規格を定めることができる。

○2 前項の規定により基準又は規格が定められたときは、その基準に合わない方法により食品若しくは添加物を製造し、加工し、使用し、調理し、若しくは保存し、その基準に合わない方法による食品若しくは添加物を販売し、若しくは輸入し、又はその規格に合わない食品若しくは添加物を製造し、輸入し、加工し、使用し、調理し、保存し、若しくは販売してはならない。

食品衛生法第19条
厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供する食品若しくは添加物又は前条第一項の規定により規格若しくは基準が定められた器具若しくは容器包装に関する表示につき、必要な基準を定めることがでる。

○2 前項の規定により表示につき基準が定められた食品、添加物、器具又は容器包装は、その基準に合う表示がなければ、これを販売し、販売の用に供するために陳列し、又は営業上使用してはならない。

食品衛生法第48条
乳製品、第十条の規定により厚生労働大臣が定めた添加物その他製造又は加工の過程において特に衛生上の考慮を必要とする食品又は添加物であつて政令で定めるものの製造又は加工を行う営業者は、その製造又は加工を衛生的に管理させるため、その施設ごとに、専任の食品衛生管理者を置かなければならない。ただし、営業者が自ら食品衛生管理者となつて管理する施設については、この限りでない。

食品衛生法施行令
(昭和二十八年八月三十一日政令第二百二十九号)
最終改正年月日:平成一八年四月二八日政令第一八九号

(食品等の指定)
第十三条
 法第四十八条第一項に規定する政令で定める食品及び添加物は、全粉乳(その容量が千四百グラム以下である缶に収められるものに限る。)、加糖粉乳、調製粉乳、食肉製品、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る。)、マーガリン、シヨートニング及び添加物(法第十一条第一項の規定により規格が定められたものに限る。)とする。

食品衛生法施行規則
(昭和二十三年七月十三日厚生省令第二十三号)
最終改正年月日:平成一八年四月二八日厚生労働省令第一一六号

第二章 表示

第二十一条
 別表第三に定める食品又は添加物であつて販売の用に供するものの表示の基準は、次のとおりとする。
一 次に掲げる事項を容器包装(容器包装が小売のために包装されている場合は、当該包装。第五項から第八項まで、第十六項及び第十九項において同じ。)を開かないでも容易に見ることができるように当該容器包装又は包装の見やすい場所に記載すること。

ケ 別表第三第八号に掲げる食品にあつては、放射線を照射した旨

6 第一項第一号の規定にかかわらず、別表第三第八号に掲げる食品にあつては、期限及びその保存の方法の表示(法第十一条第一項の規定により保存の方法の基準が定められた食品にあつては、期限の表示)に代えて、放射線を照射した年月日である旨の文字を冠したその年月日を容器包装を開かないでも容易に見ることができるように当該容器包装又は包装の見やすい場所に記載するものとする。

別表第三 (第二十一条関係)

八 放射線照射食品

備考2.馬鈴薯についての放射線照射例外規定

.「食品、添加物等の規格基準」(厚生省告示第370号、昭和34年12月28日)」

I.食品一般の製造、加工及び調理基準 
1  食品を製造し、又は加工する場合は、食品に放射線を照射してはならない。ただし、その製造工程又は加工工程の管理のために照射する場合であって、食品の吸収線量が0.10グレイ以下のとき及び別に定める場合はこの限りではない。
2〜6  省 略
7  食品を製造し、又は加工する場合は、添加物の成分規格、保存基準等に適合しない添加物を使用してはならない。
8  食品を製造し、又は加工する場合は、コウジ酸を使用してはならない。

II.食品一般の保存基準
1  省 略
2  食品を保存する場合には抗生物質を使用してはならない。
3  食品の保存の目的で食品に放射線を照射してはならない。
 
 
III.野菜の加工基準
芽防止の目的で、ばれいしょに放射線を照射する場合は、次の方法によらねばならない。
 (1) 放射線の線源及び種類  コバルト60のガンマ線
 (2) ばれいしょの吸収線量   150グレイを超えないこと
 (3) 再照射処理の禁止

備考3.食品(馬鈴薯以外)に対する放射線照射の容認規制の現状

経団連規制緩和要望一覧」より

過失、故意を問わず国内で、食品衛生法で許可された以外の方法で食品を放射線で処理した場合、法律違反となり、違反食品の回収・廃棄を命じられるとともに、営業停止処分を受ける。
さらに、場合によっては関係者などが懲役刑や罰金刑など相応の罰則が科せられる。
輸入食品の場合は、他の食品衛生法違反の場合と同様に,輸出元への積戻しか廃棄処分がとられる。
現在、日本において認可されている食品は、馬鈴薯のみである
(但し、放射線の線源及び種類はコバルト60のガンマ線とすること、吸収線量が150グレイを超えてはならないこと、照射加工を行った馬鈴薯に対しては、再度照射してはならないことの規制あり)。

備考4.海外における食品への放射線照射の現状

食品照射の世界と日本における現在の情勢
食品の放射線処理:世界の現状と展望
食品への照射について(その2)国際的動向及び各国の動向

備考5.放射線発がん(radiation induced carcinogenesis)

Radiation carcinogenesis
SECTION VIII: RADIATION CARCINOGENESIS
Synergistic effect of radiation on colon carcinogenesis induced by methylazoxymethanol acetate in ACI/N rats.」
Carcinogenesis induced by UVA (365-nm) radiation: the dose-time dependence of tumor formation in hairless mice

備考6. 今回申請されている香辛料一覧

参照
全日本スパイス協会 香辛料の照射殺菌に関する要望書
「学校給食ニュース

アサノミ、アサフェチダ、アジョワン、アニス、アムチュール、アンゼリカ、アナトー、ウイキョウ(茴香)、ウコン(鬱金、ターメリック)、エシャロット、オレガノ、オールスパイス、オレンジピール、ガジュツ、 カショウ、カッシア、カフィアライム、カモミール、ガランガル、ガルシニア、カルダモン、カレーリーフ、カンゾウ、キャラウェイ、クチナシ、クミン、クレソン、クローブ、ケシノミ、ケーパー、コショウ(胡椒)、ゴマ(胡麻)、コリアンダー、サフラン、サッサフラス、サボリー、サルビア、サンショウ(山椒)、シソ(紫蘇)、シナモン、ジュニパーベリー、 ショウガ(生姜)、スターアニス(八角)、スペアミント、セージ、セロリー、ソーレル、タイム、タデ(蓼)、タマネギ(玉葱)、タマリンド、タラゴン、チャイブ、チャービル、ディル、トウガラシ(唐辛子)、ナツメグ、ニガヨモギ、ニジェラ、ニラ(韮)、ニンジン(人参)、ニンニク(大蒜)、ネギ(葱)、ハイビスカス、バジル、パセリ、ハッカ、バニラ、パプリカ、パラダイスグレイン、ヒソップ、フェネグリーク、ピンクペッパー、ペパーミント、ホースラディッシュ、ホースミント、ホメグラネート、マスタード(辛子)、マジョラム、ミョウガ(茗荷)、メース、ヨモギ(蓬)、ユズ(柚子)、ラベンダー、リンデン、レモングラス、レモンバーム、レモンピール、ローズ、ローズマリー、ローズヒップ、ローレル、ロングペッパー、ワサビ(山葵)

( )内は、学校給食ニュースサイト編集担当で独自に入れたもの。

備考7.HERBS, SPICES 、SEASONINGS の例

参照「HERBS, SPICES AND SEASONINGS

ALLSPICE
ANISE
BASIL
BAY LEAVES
BEAU MONDE SEASONING SALT
CAPERS
CARAWAY
CARDAMON
CAYENNE PEPPER
CHIVES
CILANTRO
CINNAMON
CHERVIL
CLOVES
CORIANDER
CUMIN
CURRY POWDER
DILL
FENNEL
FINES HERBES
FIVE SPICE CHINESE POWDER
GARLIC
GINGER
JUNIPER BERRIES
MACE
MARJORAM
MEI YEN SEASONING
MINT
MUSTARD
NUTMEG
OREGANO
PAPRIKA
PARSLEY
PINE NUTS
POPPYSEED
PUMPKIN PIE SPICE
ROSEMARY
SAFFRON
SAGE
SAVORY
SESAME SEEDS
SHALLOT
SOY SAUCE
TABASCO
TARRAGON
THYME
TURMERIC
WORCESTERSHIRE SAUCE
ZEST

参考サイト

スライド「Radiation Dose
European Study Links Food Irradiation to Cancer
Is irradiation rational?」
「Food Irradiation Expert Refutes New York Times Article
Food irradiation
「Irradiation proponents object to Consumer Reports article」
Food Irradiation
The truth about irradiated meat
New Health Risks Linked To Irradiation
Publis Citizen-Re: Food Additive Petition 9M4697-」
FOREIGN AGRICULTURAL SERVICE U.S. MISSION TO THE EUROPEAN UNION
Cold Pasteurization of Food By Irradiation
Food Irradiation
Panel Approves High-Dose Radiation Of Food
Radiation for food preservation
Improve Microbiological Safety and Shelf-Life of Food by Treatment with Ionizing Radiation
Food Irradiation
Food Irradiation and you
Food Irradiation - The Basics
Recent German Studies Find a Unique Radiolytic Product to Cause Genetic Damage
Irradiation and Food Safety

为翻译对汉语, 使用这
http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-図書館-掲示板

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.