Sasayama’s Weblog


2006/01/10 Tuesday

中国が「第二の橋本発言」で、保有米国債売却を匂わす。

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 08:07:01

2006/01/10(Tue)
 
null私が一昨年に書いたブログ記事「米国債保有は、日本の財政再建の最後の足かせとなるのか?」に、今日の未明からアクセスが殺到している。

原因は、おそらく、昨日流れた「中国が米国債を売却か」というニュースのためであろう。

米国債の売却については、昨年ベネズェラが、保有米国債を売却した。

問題は、これら中国の動きが、今後の米国債の債券相場にどのような影響を与えるかだ。

そして、そのことは、回りまわって、大量の為替介入の結果として、世界最大の米国債保有国と、図らずもなってしまっている、日本の財政的命運にも、影響してくる。

問題の中国の報道は、東方早報などが、1月9日に「中国の外貨管理局が、「国有資産をより効率的に運用できる方法を、積極的に模索していく」などと伝えたもの。

これは、1月5日に、中国国家外貨管理局が、2006年の方針を示した中で述べられたもので、中国当局は、この声明が、在来の方針の改変を意味したものでないとしている。
中国国家外汇管理局的声明并非意味着中国政策的改变」参照

これによって、ドル売りへの影響が出始めてはいるが、その影響の程度は限定的のようである。

このサイト「China`s forex strategy sets off alarm bells」によれば、アメリカのエコノミストは、中国の外貨保有高の75パーセントはドルであると見ている。

今回の中国の「米国債売り匂わせ発言」は、むしろ、アメリカに対する中国側の「脅し」と見るべきで、これは、橋本全総理の「Hashimoto’s Threat」と同じ効果を持つものと見るべきである。

日本ではぜんぜん注目されなかったが、すでに2003年9月4日の「 The Hashimoto Factor」では、「中国サイドから、第二の橋本発言が出るのではないか」との記事が流れていた。

参照
中国側報道

中國外匯儲備投資將趨多元化
外銀:中國外匯準備多樣化影響美元有限
中國今年將著力外匯風險監測 外匯管理有六要點
中國公佈今年外匯管理六大要點
中国宣布外汇储备分流
美财长称不怕中国抛售美国国债 能找到下家
外界对中国改变外汇储备策略疑问畭
美元兑主要货币继上周大幅下跌后本周将稍事休整


为翻译对汉语, 使用这 ⇒http://translate.livedoor.com/chinese/

Translate
http://www.google.com/translate_t

笹山登生HOME-オピニオン-提言-情報-発言-プロフィール-図書館-掲示板


Google









No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | TrackBack URI

Leave a comment

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong> .