Sasayama’s Weblog


2008/05/10 Saturday

中国の手足口病の現況

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 06:53:20

2008/05/10(Sat)
 

中国の手足口病(hand, foot and mouth disease)は、安徽省・阜陽を中心に依然、拡大を続けているようだ。

今年に入っての死者は、22人となっている。

病原菌は、エンテロ・ウイルス71(EV71)とコクサッキー・ウイルスA(CoxA)とEchoの三種類がある。

このうち、もっとも重症となりやすいのは、、エンテロ・ウイルス71(EV71)であるといわれる。

(追記−手足口病と口蹄疫との混同をされる方がいるようですが、両者のウイルスは、ともにピコルナウイルス科ですが、下記のように属が異なります。

ピコルナウイルス科9属

.┘鵐謄(手足口病)▲薀ぅ(普通感冒)ヘパト(A型肝炎)ぅ僖譽(小児胃腸炎・呼吸器疾患 )ゥ灰(胃腸炎)
以上がヒト関連、,手足口病。

Εルディオ(心筋炎・脳脊髄炎)Д▲侫(口蹄疫)┘┘襯(ウマ鼻炎)テスコ(豚脳脊髄炎)
以上が偶蹄類・馬・豚・マウス関連、Г口蹄疫。)

5月7日現在、安徽省阜陽市での患者数は、269人、新たに入院した患者数249人、退院患者数324人となっている。

これまでの患者数累計は、3764人、うち、入院加療の患者数は1340人であった。

ここにきて、やや、重症患者数は、減っているという。

 

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | TrackBack URI

Leave a comment

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong> .