HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが



笹山登生の政策データベース



リンク集「日本の狂牛病対策」


笹山登生の狂牛病に関する論説

 「日本の狂牛病対策−三つの疑念と、とるべき対策」

「世界の狂牛病問題は、すでに、新たな展開をみせている。」

「雪印食品問題を、一私企業の問題として、矮小化してはいけない。」

牛の筋肉にもプリオン増殖」とのPrusiner教授研究の波紋


2002/04/02緊急掲載
「BSE問題に関する調査検討委員会報告」



リンクの目次

見たい項目をクリックしてください。その項目にジャンプします。

リンク−−公的情報-報道各社の特集-ビデオ-掲示板-リンク集

社説
−− 中央紙-地方紙-外国紙-業界紙-その他

一般知識解説--総論-QandA-CJDCJD関連-食品BSE-豚や鶏BSEの危険性-

民生活とBSE
-
食肉処理・解体時のBSEの危険性
-人工授精の精液とBSEの感染性について

各国の対策
−−
総論-EU-アジア-アメリカ・カナダ・オーストラリアなど

肉骨粉飼料輸出などによる国境を越えた狂牛病について-−

日本への肉骨粉輸出問題とSSCのGBRレベル問題
-

牛脂(タロー)のBSE感染問題
--

代用乳とBSEの関係

BSEの検査体制
--検査総論-各国の検査体制-DELFIA法-ウエスタンプロット法-

ELISA法
-PLATELIA-BSE法-その他検査法
-vCJD検査法

EUの「処分のための狂牛病牛買い上げ制度」(Purchase for Destruction )

各国のトレース・バック・システム

各種図表
--フランスの牛肉消費者へのBSE安全証明ラベル-ドイツのバーデン・ヴュ

ルテンブルグ州政府の「この肉には狂牛病はありません。」との保証マーク
-「イギリス

から非EU国への肉骨粉の輸出推移一覧」
-イギリスにおけると畜から、解体までの工

-MBM輸出相手国に対するイギリスの警告書簡 -オランダ製真空脊髄吸入装置

-フランスの新聞「AFP」の記者が2001/6/17に発信した「日本はSSCの評価を拒否」の記事全文





HOME
-オピニオン -政策提言 -発言-profile open -著書 - 政策行動-図書館-掲示板-コラム-リンク-まんが



リンク



公的情報

農林水産省狂牛病情報 http://www.maff.go.jp/soshiki/seisan/eisei/bse/bse_j.htm

農林水産大臣記者会見http://nourin.vis.ne.jp/daijin/kaiken.htm

農林水産大臣等記者会見http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/before/index0106.html

BSE問題に関する調査検討委員会 第7回議事概要<暫定版
第7回資料
02/02/26
BSE問題に関する調査検討委員会 第6回議事録 02/02/13
第6回資料 02/02/13
第6回議事概要<暫定版> 02/02/13
第5回議事録 02/01/31
第5回資料 02/01/31
第5回議事概要<暫定版> 02/01/31
第4回議事録 02/01/17
第4回議事概要<暫定版> 02/01/17
第4回資料 02/01/17
第3回資料 01/12/21
第3回議事録 01/12/21
第3回議事概要<暫定版> 01/12/21
第2回資料 01/12/07
第2回議事録 01/12/07
第2回議事概要<暫定版> 01/12/07
第1回資料 01/11/19
第1回議事録 01/11/19
第1回議事概要<暫定版> 01/11/19

北海道庁BSE情報http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/sakkyo/kairyou/einou/koutei/prion.html

佐呂間町の酪農家が使用していた配合飼料名一覧http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/sakkyo/kairyou/einou/koutei/prion/esa1.html

農林水産省狂牛病関連情報  http://www.maff.go.jp/soshiki/seisan/eisei/bse/bse_top.htm

動物衛生研究所のホームページ  http://niah.naro.affrc.go.jp/index-j.html

動物衛生研究所発表狂牛病第一号検査過程の詳細http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/bse/niahsurvey.html

厚生労働省狂牛病情報http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/bse.html

厚生労働省狂牛病対応 http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0308-1.html

千葉県狂牛病情報リンク  http://www.agri.pref.chiba.jp/nourin/news/index.html

東京都の狂牛病に関するホームページhttp://www.eisei.metro.tokyo.jp/list/bse.html

国民生活センター狂牛病リンクhttp://www.kokusen.go.jp/link/url_BSE.html

兵庫県姫路家畜保険衛生所http://plaza6.mbn.or.jp/~himejikaho/

楽天市場「狂牛病リンク集」http://isweb35.infoseek.co.jp/animal/egawa123/bse.htm

全農のBSEサイトhttp://www.zennoh.or.jp/BSE/


松江食肉事業組合の狂牛病特集ページhttp://www.matsue-torisen.co.jp/~mbca/kyouindex.htm

LAVA-net http://biz.nifty.ne.jp/LAVA-net/index.html

高松市の狂牛病検査結果http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/

日本獣医師会

岐阜県食肉衛生研究所

Cattleman's Hat-牛の飼料に関するホームページhttp://grains-talk.com/member/whats_m.htm

獣医学情報http://www.umin.ac.jp/pro/jyuuigaku/

WAPIC(北林寿信)情報

広島大学畜産システム研究会リンク集http://home.hiroshima-u.ac.jp/yiwa/bse.html



報道各社の特集

狂牛病関連新聞記事データベースhttp://www.easeready.com/newspeper/kyoubyuubyou/top_2001.html#

朝日新聞の狂牛病特集 http://www.asahi.com/national/kyougyu/index.html

読売新聞の狂牛病特集 http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/

共同通信の狂牛病特集  http://www.kyodo.co.jp/kyodonews/2001/ushi/

毎日新聞の狂牛病特集http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/disease/2001-5/1019-10.html

NIKKEI「狂牛病特集」http://health.nikkei.co.jp/bse/

日経BP狂牛病特集http://biotech1.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/ws.exe/websql.dir/news/sp_show.hts?spid=39

ヤフーの狂牛病特集  http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/bovine_spongiform_encephalopathy/


LYCOSの狂牛病特集http://news.lycos.co.jp/topics/science/epidemic.html


BIGLOBE狂牛病リンク集http://dir.biglobe.ne.jp/dir/182189/182527/180045/198928/index2.html

gooの狂牛病特集http://channel.goo.ne.jp/news/topics/index/topicsname1614.html

スクラップ「狂牛病問題」http://homepage2.nifty.com/oryza/kyougyu/kyougyu2001.html

埼玉新聞の狂牛病特集http://www.saitama-np.co.jp/main/rensai/kurasi/kgb/index.htm


狂牛病ニュースヘッドラインhttp://zombie.s1.xrea.com/headline/place.cgi

エコロジーオンライン「狂牛病」http://www.eco-online.org/madcow.htm

CNN特集−英文 http://www.cnn.com/SPECIALS/2000/madcow/

外電の伝える日本の狂牛病疑惑http://search.news.yahoo.com/search/news?p=Japan+BSE&n=20&c=news

ヤフー狂牛病英語サイト−英文http://search.news.yahoo.com/search/news?p=mad%20cow%20disease&c=news_photos&n=10 

ヤフー狂牛病ニュース
http://dailynews.yahoo.com/fc/Health/Mad_Cow_Disease/


BNN 連載ルポ・狂牛病禍の地平を行く 佐呂間町編 
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnTopics?news_cd=220011023124
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnTopics?news_cd=220011023134
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnTopics?news_cd=220011023135
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnTopics?news_cd=220011023143
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnTopics?news_cd=220011023148
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnTopics?news_cd=220011023165
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnTopics?news_cd=220011023172

hi-ho Search「狂牛病特集」http://hi-ho.excite.co.jp/education_school/natural_science/agriculture_forestry_fisheries_study/stock_raising_veterinary_science/illness_of_livestock_condition/mad_cow_disease


ビデオ

ビデオニュース「狂牛病特集」http://www.videonews.com/

NHKスペシャル「狂牛病-なぜ感染は拡大したか。」http://www6.plala.or.jp/X-MATRIX/


2001/10/17衆議院農林水産委員会質疑ビデオhttp://www.shugiintv.go.jp/rm.ram?deli_id=14583

2001/09/26衆議院農林水産委員会質疑ビデオhttp://www.shugiintv.go.jp/rm.ram?deli_id=14281


2001/10/12品川森一帯広畜産大学教授の狂牛病に関する記者会見http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/0110/k1012-3.html

横浜市大 黒岩教授の「狂牛病解説」ビデオ

BBC のBSE Inquiry http://news.bbc.co.uk/hi/english/special_report/1999/06/99/bse_inquiry/newsid_368000/368776.stm

BBCが伝える1986/11の最初のBSE発見のニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse1_movie_vi.ram

BBCが伝える1990/05/16のイギリスの農林大臣John Selwyn Gummer の誤った牛肉キャンペーンニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse2a_movie_vi.ram

BBCが伝える1996/03/20の英国政府の「BSEとヤコブ病との因果関係あり」との声明ニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse4_movie_vi.ram

BBCが伝える1996/03/25のEUの英国産牛肉の輸入禁止ニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse5_movie_vi.ram

BBCが伝える1997/12/22の狂牛病レポート「BSE Inquiry」ニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse10_movie_vi.ram

BBCが伝える1998/10/12のKenneth Calmanの牛肉リスク警告ニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse13_movie_vi.ram

BBCが伝える1998/10/30のDonald Achesonの「牛肉安全神話」への警告ニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse15_movie_vi.ram

BBCが伝える1998/11/23のEUの「英国牛肉輸出禁止」延長支持ニュースビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/370000/video/_370664_bse16_movie_vi.ram

BBCが伝えるQueniboroughのビデオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/1230000/video/_1230200_cjd06_boettcher_vi.ram

BBCが伝えるQueniboroughのラジオhttp://news.bbc.co.uk/olmedia/1230000/audio/_1230200_cjd_richardlacey07.ram

解体過程ビデオhttp://www.viva.org.uk/Video/cattle.ram

「と畜場の内幕」有料ビデオ"Sentenced toDeath"
http://www.factoryfarming.org.uk/cgi-bin/webstore.cgi?page=b020&type=&frame=yes


インドのと畜ビデオ
http://stream.realimpact.net/?file=realimpact/peta/video_general/islamveg.rm


家畜の虐待ビデオと写真
http://www.defendingfarmanimals.org/pictures.htm


2ch「肉骨粉」映像倉庫http://f1.aaacafe.ne.jp/~drhead/

あなたは真実を知りたいか?http://www.equus.org/ifyou.htm


掲示板

2CHニュース速報 狂牛病過去スレ

2ch掲示板データ「肉骨粉」第一部

2ch掲示板データ「肉骨粉」第二部http://bse.kiss1.net/

2ch掲示板データ「肉骨粉」第三部http://nikukoppun.tripod.co.jp/

同上過去スレ一覧http://bse.omosiro.com/

2chのまりちゃんと国立精神・神経センター神経研究所 金子清俊氏との狂牛病についてのわかりやすいQandA(あえて転載させていただきます。)
 
狂牛病問題について考える「まりちゃんのホームページ」http://fukuoka.cool.ne.jp/stopbse/k/index.htm

阿修羅掲示板「狂牛病資料室」http://www.asyura.com/sora/gm2/index.html




リンク集

各国のBSE関連公式ホームページ
イギリスhttp://www.defra.gov.uk/animalh/bse/index.html
アイルランドhttp://www.irlgov.ie/daff/AreasofI/BSE/BSE.htm
フランスhttp://www.agriculture.gouv.fr/esbinfo.htm
ドイツhttp://www.verbraucherministerium.de/
オランダhttp://www.minlnv.nl/cgi-bin/autoframe.pl?snp=/snips/framesets/autoframe-int.snp&frame=/international/policy/animal/bse/infoiab00.htm
デンマーク http://www.vfd.dk/UK/frameset.html
スイス http://www.bvet.admin.ch/0_navigation-e/0_index-intern.html
スペインhttp://www.eeb.es/default.htm


狂牛病ニュース-英文http://www.purefood.org/madcow.htm

狂牛病関連リンクhttp://www.d1.dion.ne.jp/~ckahongs/BSE.htm

BSEリンク集  http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/bse/bse-s.html


公式BSEリンク集-英文http://w2222.nsk.ne.jp/%7Eforelle/


狂牛病リンク集http://www1.odn.ne.jp/koyama/bse.htm

BSEリンク  http://biotech.nikkeibp.co.jp/POWERCONTENTS/BSE-0/INDEX.html

清水宏一のホームページhttp://www.bekkoame.ne.jp/~surg/

狂牛病関連情報のクリップhttp://www.arbornet.org/~zunda/bse.html

BSE/CJDの話題http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/bsecjd.html

BSE and CJD-latest news-英文http://www.bsecjd.com/

狂牛病リンク集-英文 http://www.vegsource.com/talk/lyman/index.html

BSEにかかわる一般的事項リンク−英文http://w3.aces.uiuc.edu/AnSci/BSE/Index_Left_BSE_Information_at_UIUC.htm

キーワード別BSEリンク集−英文 http://www.cyber-dyne.com/~tom/quick_links.html

BSEリンク集-英文  http://mailhost.rz.uni-karlsruhe.de/cgi-bin/wa?A1=ind0012&L=bse-l

イギリスのBSE関連サイト−英文 http://www.bsereview.org.uk/data/links_1.htm

INSTITUTE FOR ANIMAL HEALTH−英文   http://www.iah.bbsrc.ac.uk/

BSE関連機関リンク集−英文http://w3.aces.uiuc.edu/AnSci/BSE/Index_Web_Sites.htm

感染症発症動向調査週報http://idsc.nih.go.jp/douko/index.html

EUのBSE関係発表資料http://europa.eu.int/comm/food/fs/bse/testing/bse_results_en.html

畜産関連海外駐在員週報http://www.lin.go.jp/alic/week/week.htm

USDAの狂牛病関連ニュースレリースhttp://www.useu.be/Categories/Agriculture/Index.htm


HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが




社説


ヤフーの社説一覧サイトhttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/bovine_spongiform_encephalopathy/editorials_1.html

中央紙

毎日新聞社説2001/09/23http://www.mainichi.co.jp/eye/shasetsu/200109/23-1.html

毎日新聞社説2001/09/12http://www.mainichi.co.jp/eye/shasetsu/200109/12-1.html  

読売新聞2001/10/13http://www.yomiuri.co.jp/08/20011013ig90.htm

読売新聞2001/09/17http://www.yomiuri.co.jp/08/20010917ig91.htm


読売新聞その22001/10/16http://www.yomiuri.co.jp/08/20011006ig90.htm

読売新聞解説2001/09/12http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/ne191201.htm

朝日新聞http://www.asahi.com/paper/editorial.html


地方紙

神戸新聞2001/10/19http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/011019ja8530.html

神戸新聞社説2001/10/14 http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/011014ja8450.html


神戸新聞社説2001/10/11 http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/011011ja8380.html

神戸新聞社説2001/09/28  http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/010928ja8140.html

神戸新聞社説2001/09/12  http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/010912ja7860.html

琉球新報2001/10/19http://www.ryukyushimpo.co.jp/shasetu/sha17/s011019.html#shasetu_2

琉球新報社説2001/10/13http://www.ryukyushimpo.co.jp/shasetu/sha17/s011013.html#shasetu_2

琉球新報社説2001/09/24 http://www.ryukyushimpo.co.jp/shasetu/sha16/s010924.html#shasetu_2

琉球新報社説2001/09/12  http://www.ryukyushimpo.co.jp/shasetu/sha16/s010912.html#shasetu_2

山陰中央合同新聞2001/10/13http://www.sanin-chuo.co.jp/ronsetu/2001/10/13.html

沖縄タイムズ2001/10/19http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20011019.html#no_1


沖縄タイムズ2001/09/23http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20010923.html#no_1

沖縄タイムズ2001/09/12http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20010912.html#no_2


信濃毎日新聞2001/10/16http://www.shinmai.co.jp/news/2001/10/16/006.htm

信濃毎日新聞社説2001/09/12http://www.shinmai.co.jp/news/2001/09/12/011.htm

信濃毎日新聞社説その2001/09/20http://www.shinmai.co.jp/news/2001/09/20/009.htm

信濃毎日新聞社説その2001/10/01http://www.shinmai.co.jp/news/2001/10/01/010.htm

東奥日報社2001/10/08http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2001/sha20011008.html 

東奥日報社説2001/09/25 http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2001/sha20010925.html

東奥日報社説2001/09/12  http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2001/sha20010912.html


愛媛新聞社説2001/09/11
http://www.ehime-np.co.jp/arc/2001/shasetu/np-shasetu-0911.htm
l

北海道新聞 特集「追跡/狂牛病問題」http://www5.hokkaido-np.co.jp/syakai/cow/

北海道新聞2001/09/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/News/Stock/20010912/0032.200109121135.html


河北新報2001/09/23http://www.kahoku.co.jp/Shasetsu/2001/09/20010923S.HTM#NEWS01

河北新報2001/09/20
http://www.kahoku.co.jp/Shasetsu/2001/09/20010911S.HTM#NEWS02


熊本日日新聞2001/09/12
http://www.kumanichi.co.jp/iken/iken20010912.html#20010912_0000002039


中国新聞2001/10/13http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh01101302.html

中国新聞2001/09/18http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh01091801.html


高知新聞2001/09/20http://www.kochinews.co.jp/0109/010920editor.htm


外国紙

朝鮮日報社http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/02/07/20010207000022.html

中央日報社説2001/09/11http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=opi&cont=opi0&aid=20010911213608100

人民日報の狂牛病関連記事一覧


業界紙

飼料通信http://www.e-chikusan.com/shiryotsushin/indextsushin.htm


その他

中西輝子さんの狂牛病解説http://www.kan.ynu.ac.jp/~nakanisi/zak141_145.html#zakkan145

草壁聖一さんの「ヨーロッパのマスメディアが伝える狂牛病の真の姿と、その対応策」http://w2222.nsk.ne.jp/~forelle/

笹山登生の「日本の狂牛病対策-三つの疑念と、とるべき対策」http://www.sasayama.or.jp/diary/2001sep20.htm

ニュートン2001/12「日本を震撼させた狂牛病http://www6.plala.or.jp/X-MATRIX/data/newton200112.html


HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが



 一般知識解説


総論

BSEの現状と問題点−小澤義博  その一
                       その二                     

狂牛病の研究-翻訳  http://www4.ocn.ne.jp/~ysato/vache.htm

人獣共通感染症連続講座 http://www.primate.gr.jp/yamanouchi/index.html

狂牛病-ヨーロッパの現状http://www.asahi.com/life/food/0722a.html

BSE仮訳1
http://www.google.com/search?q=cache:FXMsDM6lGTU:ss.niah.affrc.go.jp/bse/ifst/ifst5.html+&hl=ja


BSE仮訳2
http://www.google.com/search?q=cache:EJI2DMkRFUU:ss.niah.affrc.go.jp/bse/ifst/ifst5b.html+&hl=ja


BSE仮訳3
http://www.google.com/search?q=cache:zWYF29ql4Lw:ss.niah.affrc.go.jp/bse/ifst/ifst5c.html+&hl=ja


BSE仮訳4
http://www.google.com/search?q=cache:O7KVExAqARI:ss.niah.affrc.go.jp/bse/ifst/ifst5d.html+&hl=ja


BSE仮訳5http://www.ifst.org/

BSE仮訳6http://www.ifst.org/

狂牛病知識一覧 http://www.naoru.com/kyougyuu.htm

狂牛病の正しい知識 http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bse.html

狂牛病の歴史−英文http://www.ourfood.com/BSE.html

英国の狂牛病の歴史-英文http://www.purefood.org/madcow/epidemic92201.cfm

BSE-inquiry−英文 http://www.bse.org.uk/

家畜伝染予防法解説http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1743/

プリオン病講座 http://biotech.nikkeibp.co.jp/VUNIV/miyamoto/miyamot2.html

プリオン病の解説http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/bsecjd.html

BSEという名の災難http://www.iea.org.uk/env/bse.htm


狂牛病の発祥地はアフリカかhttp://news.bbc.co.uk/hi/english/uk/newsid_1283000/1283240.stm

ドイツの狂牛病情報http://members.aol.com/NITTASeigo/g/BSE.htm

BSEのスライド−英文  http://www.pheur.org/conferences/tse/html/trouvin/sld002.htm

BSEの写真http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/byori/NIAH-Atlas/BSE/BSE.html

狂牛病とイギリス人http://www.zianet.com/boje/tamara/issues/volume_1/issue_1_1/BESTMADCOWVol1No1.htm

有機リン系の殺虫剤ホスメットが、狂牛病の原因との説http://www.mercola.com/2000/dec/17/bovine_spongiform_disease.htm

同上http://www.redpepper.org.uk/natarch/xcrony.html


スクレイピーとBSEとの関係
http://www.inra.fr/Internet/Directions/DIC/PRESSE/COMMUNIQUES/esst00/gb/txt6.htm

牛のスクレイピーもあるとのRichardsonの見解
http://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume3/chapterd.htm


羊の中の狂牛病http://www.natureasia.com/japan/webspecial/scrapie/index.html




Q and A


農林水産省のQandA http://www.maff.go.jp/soshiki/seisan/eisei/bse/bse_qa.htm

旧厚生省のQandA http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0805/50.html

BSE対応 QandA-英文 http://www.mad-cow.org/~tom/weissmann_rep.html

CJDのQandA-英文 http://www.cdc.gov/nip/vacsafe/concerns/bse/cjdqa.htm

 
CJD vCJD関連


クロイツフェルト・ヤコブ病等専門委員会http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s0010/s1013-1_11.html

CJDの特徴http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/nvcjd.html


CJDに感染する年齢の幅と潜在患者数http://www.purefood.org/meat/cjdincrease.cfm


クロイツフェルト・ヤコブ病とはなにかhttp://www.saigata-nh.go.jp/nanbyo/cjd/cjdindex.htm

vCJDについて−英文 http://www.who.int/inf-fs/en/fact180.html

英国におけるvCJDの現状http://www.cjd.ed.ac.uk/2000rep.html


人へのCJDの伝染の仕方-英文http://microbes.otago.ac.nz/micrzoo/Emerging/Prions.html
高齢者もCJDにhttp://news.bbc.co.uk/hi/english/uk/newsid_995000/995164.stm

アルツハイマー症の6-8パーセントは、ヤコブ病とのStauberの説http://www.mad-cow.org/~tom/mar99_news.html

BSE/CJDの最近の話題http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/bsecjd.html

BSE&CJDhttp://www.bsecjd.com/


クエニバラの経験http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200103/22/0323m021-300.html

Queniborough は、なぜvCJDの村となってしまったかhttp://www.spiked-online.com/Articles/00000000553E.htm

QueniboroughはなぜvCJDの村になってしまったか-その二http://news.bbc.co.uk/hi/english/health/newsid_1230000/1230200.stm

QueniboroghはなぜvCJDの村となってしまったか-その三http://www.jour.city.ac.uk/newsvision/madcow.htm

BSEとvCJDとは、リンクしているのかhttp://uk.news.yahoo.com/011012/12/c9657.html

BSEとvCJDとはリンクしているのか−英国医学誌http://www.bmj.com/content/vol323/issue7317/twib.shtml#323/7317/0/f

vCJDは、人間のBSEであるとする説-Bruceや Collnge等の研究http://www.rds-online.org.uk/milestones/bse.html

Nature掲載の上記原文http://www.sghms.ac.uk/depts/id/nvCJDreview.pdf


BSEの人への伝達性http://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r7/1999WHO5.pd

狂牛病によるCJD発生の危険性−英文 http://www.mad-cow.org/00/jan00_news_mid.html

狂牛病で最高136,000人が死ぬ −英文http://at5239.agr.ehime-u.ac.jp/tradition/english/000809_Study%20Says%20136,000%20May%20Die%20From%20Mad%20Cow%20Disease_08_09_2000_romta1526-story-bcsciencebritaincjddc.html

CJDウォッチhttp://www.fortunecity.com/healthclub/cpr/349/part1cjd.htm

What is CJD?http://news.bbc.co.uk/hi/english/sci/tech/newsid_1529000/1529002.stm

英国CJD統計月報http://www.doh.gov.uk/cjd/cjd_stat.htm

英国CJDサーベイランスhttp://www.cjd.ed.ac.uk/2000rep.htm

血液事業とvCJD http://www.t3.rim.or.jp/~aids/essay10.html


ストップ・ザ・狂牛病(1)
http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2001dir/n2460dir/n2460_05.htm

ストップ・ザ・狂牛病(2)
http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2001dir/n2461dir/n2461_04.htm

ストップ・ザ・狂牛病(3)
http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2001dir/n2464dir/n2464_03.htm

ストップ・ザ・狂牛病(4)
http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2001dir/n2467dir/n2467_03.htm

ストップ・ザ・狂牛病(5)
http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2002dir/n2469dir/n2469_02.htm

ストップ・ザ・狂牛病(6)
http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2002dir/n2470dir/n2470_03.htm

ストップ・ザ・狂牛病(7)
http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2002dir/n2474dir/n2474_03.htm

Stanley B Prusiner教授の見解

筋肉へのプリオンの蓄積について
http://www.pnas.org/cgi/content/abstract/99/6/3812?maxtoshow=&HITS=10&hits=10&RESULTFORMAT=&fulltext=Prusiner&searchid=1016574798739_8826&stored_search=&FIRSTINDEX=0&volume=99&issue=6
ロイターの記事
http://www.reuters.com/news_article.jhtml?type=search&StoryID=714019
フランスの対応
http://library.northernlight.com/MD20020318670000017.html?cb=0&dx=1006&sc=0#doc
ノーベル賞授賞業績
http://www.mad-cow.org/Nobel.html
プリオンについて
http://www.unizh.ch/pathol/neuropathologie/pdf/HeppnerF_AguzziA_2001_Prions__Encyclopedia_of_life_sciences_1-6.pdf

http://www.orst.edu/instruction/bb492/lectures/Prusiner.pdf

http://www.google.com/search?q=cache:whgxV72XkUMC:www.fda.gov/ohrms/dockets/ac/01/transcripts/3762t2.rtf+Prusiner,+Stanley+BSE++California%26%2312288%3B+San+Francisco+University+%26%2312288%3BMouse%26%2312288%3B+Prion+%26%2312288%3BSkeletal+%26%2312288%3Bmuscle&hl=en&ie=ISO-8859-1

http://www.unizh.ch/pathol/neuropathologie/pdf/HeppnerF_AguzziA_2001_Prions__Encyclopedia_of_life_sciences_1-6.pdf

http://www.ahaf.org/whatsnew/abstracts.pdf

http://www.veg.ca/newsletr/mayjun96/madcow.html

http://www.accessexcellence.org/WN/SUA11/prion1097.html

http://news.bbc.co.uk/hi/english/health/medical_notes/newsid_355000/355601.stm



 
食品とBSE

安心?食べ物情報「狂牛病」http://homepage1.nifty.com/why/food18/food1810.html

回収された危険部位を含む22品目の製造業者・製品名・都道府県別一覧http://www.mhlw.go.jp/houdou/0111/h1102-1a.html


From the Farm to the Folk http://europa.eu.int/comm/food/index_en.html


食品とBSE

http://www.co-op.or.jp/jccu/information/inf_010419_01.htm

ゼラチンの安全性http://www.gelita.com/bse/eBSE.htm


BSEの恐れのあるゼラチンを使わないカプセル-英文http://www.dotfinechem.com/manchem/sections/manfeat/august99/gelatin/index.htm


MRM-Mechanically Recovered Meat-BSEの危険があるhttp://www.thetimes.co.uk/article/0,,348-103214,00.html

プロセス・ミートのBSEの危険性http://www.google.com/search?q=cache:snKpR6O8XDE:www.namp.com/news/frontpagenews.html+&hl=ja


こんな食品にもBSEの危険がある。http://www.viva.org.uk/Viva!%20Campaigns/BSE/beefproducts.htm

デンマークから輸入された牛肉からせき髄が発見http://www.bsereview.org.uk/templates/latest/item.cfm/91

オランダから輸入された牛肉からせき髄を発見http://www.bsereview.org.uk/templates/latest/item.cfm/122

ベルギーから輸入された牛肉からせき髄発見http://www.bsereview.org.uk/templates/latest/item.cfm/124

消費者グループが加工肉からのBSEの根絶をアピールhttp://www.purefood.org/madcow/warns81001.cfm

ベビーフードに混じる牛舌はだいじょうぶかhttp://news.bbc.co.uk/low/english/health/newsid_837000/837791.stm

牛乳のBSE安全性は、見直される必要があるとの見解http://www.which.com/campaigns/bse/jan01/sc_news.html

牛乳へのBSEの危険性についてhttp://www.mad-cow.org/UKCJD/CJD_news31.html#14 Jan 01 - CJD - New BSE inquiry raises fears over milk safety

牛乳のBSE感染に関する書簡-2http://www.bseinquiry.gov.uk/files/yb/1990/11/08012001.pdf

牛乳によるヤコブ病の感染は、理論的にはありうる。とのMartin Kronkeの見解http://www.ourfood.com/BSE.html#SECTION00600080000000000000

牛乳のBSE安全性については、科学的には、解明されていない。http://www.choice.com.au/articles/a102098p1.htm

牛乳とBSEの関連についての諸論http://www.mad-cow.org/~tom/augu_UK_news.html

Jochen Borchert農相の牛乳BSE感染発言をめぐるイギリスとドイツのやり取りhttp://www.cyber-dyne.com/~tom/cow_calf2.html

英国食品基準機構(FSA)は、牛乳とBSEの関係につき継続調査http://www.btconnect.com/public/infocus-news/newuk/News3907item10.html

畜舎の殺虫剤に有機リン系のホスメット(phosmet)を使うなどしたorganophosphate (OP) 処理された牛からの牛乳には、BSEの危険性有り。http://www.homeusers.prestel.co.uk/littleton/ek3_purdey_023a.htm

チェコからのミルクリプレイサーにBSE汚染の恐れ有りhttp://www.google.com/search?q=cache:kibMBXCgHEw:www.purefood.org/madcow/spreading62101.cfm+&hl=ja
MRMの販売禁止http://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/2001/20010209eu44a.htm

MRMとはhttp://news.bbc.co.uk/hi/english/health/newsid_1482000/1482140.stm

MRMの危険性http://www.mcspotlight.org/media/press/pa_22mar96.html

MRMのBSEの危険性についてのEUの見解http://forum.europa.eu.int/irc/sanco/vets/info/data/oj/01233ec.pdf

同上http://europa.eu.int/comm/dgs/health_consumer/library/press/press106_en.html

脳/脊髄に限らず、すべての骨からのMRMの禁止http://www.europa.eu.int/comm/dgs/health_consumer/library/press/press106_en.htm
l

ハンバーガーへのMRM使用によるBSEのおそれhttp://arn.enviroweb.org/leaflets/burger.htm


同上http://news.bbc.co.uk/hi/english/health/background_briefings/food_safety/newsid_264000/264136.stm

AMRのBSEの安全性http://www.cspinet.org/nah/ja-bse.htm

禁止部位でない牛の肺のソーセージへの混入がBSEの危険を招くhttp://www.personalmd.com/news/a1996090309.shtml

末梢神経は本当に危なくないのかhttp://www.extension.iastate.edu/files/fs1997/19970414101010.txt
 
Organic Consumers Association http://www.purefood.org/madcow.htm

牛肉の部位別名称http://www.matsue-torisen.co.jp/~mbca/niku15.html

COMMITTEE FOR VETERINARY MEDICINAL PRODUCTS WORKING PARTY の牛部位別危険度−英文 http://inet.uni2.dk/~iaotb/euvetgui.htm

EUの食料安全白書http://europa.eu.int/comm/dgs/health_consumer/library/pub/pub06_en.pdf

部位別BSE安全テストhttp://www.bsereview.org.uk/data/annex_2h.htm

アメリカの牛肉に抗生物質耐性菌が蔓延http://www.purefood.org/toxic/virulentpoultry.cfm

ソーセージのケーシング(腸詰めの腸)のBSEの危険性についてhttp://www.bse.org.uk/report/volume6/chapt313.htm




豚や鶏や馬のBSEの危険性

豚や鶏にも感染? http://www.asyura.com/sora/bd9/msg/550.html

豚や鶏はだいじょうぶ?−John Collinge博士の警告-英文http://www.britishchicken.com/bse.htm

豚や鶏はだいじょうぶ?-Collingeの警告に対するJohn Krebsの反論−英文 http://www.foodstandards.gov.uk/press_releases/statements/st000829.htm

馬にも狂牛病はあるのか−Dr. Oliver Planzの見解http://www.stats.org/spotlight/bse98.html


市民生活とBSE

人にも感染http://www.asyura.com/bdgm/msg/162.html

水道とBSE-イギリス-ケントの例http://news6.thdo.bbc.co.uk/low/english/uk/newsid_58000/58329.stm


BSE/CJD Crisis-プリオンは1600度でも死なない。http://www.socialequality.org.uk/bse-2.shtml

Bone-Ash(Bone-China)とプリオン-英文http://www.potters.org/category068.htm

市民のリスク認知http://kyoumu.educ.kyoto-u.ac.jp/cogpsy/personal/Kusumi/publicRISK.htm

遺伝子組み替えと狂牛病 http://www.nitten.co.jp/question/question9.htm


回収医療品一覧-最近のものがBSE関連と推定http://www.jaame.or.jp/kanren/kaisyuu/kaisyuu_menu.html


輸血/献血問題とBSEhttp://www.bpro.or.jp/contents/japanese/pages/o_news.html

臓器/角膜移植などにおけるCJDのリスクhttp://www.mad-cow.org/99feb_sci_news.html#ccc

コンタクトレンズのテストレンズ使い回しによるvCJD伝染の危険性
http://news.bbc.co.uk/hi/english/health/newsid_376000/376867.stm

http://news.bbc.co.uk/hi/english/health/newsid_481000/481701.stm

http://www.mad-cow.org/jun99_late_news.html#bbb

http://www.fodo.com/nov1999news.htm

http://www2.prestel.co.uk/academy/new991123.htm

コンタクトレンズ・リユースに関するTHE ASSOCIATION OF BRITISH DISPENSING OPTICIANSのガイドライン
http://www.google.com/search?q=cache:8jM-c7y9-Q4C:www.college-optometrists.org/professional/cjd.pdf+guideline++vCJD+++College+++Optometrists++Association+++British+Dispensing+Opticians&hl=ja

厚生省は医薬品にもBSE対策 http://www.asahi.com/life/medic/0205c.html#top

血液感染情報http://www.bpro.or.jp/contents/japanese/pages/o_news.html

サプリメント剤のBSEの危険性http://www.supplementquality.com/news/mad_cow.html


BSE罹患牛の廃棄公害http://www.wooster.edu/biology/Ciliates/disease/Student%20Web%20pages/Hershoff,%20K.%20/Pages/hershoff_page6.html
死亡家畜もBSEを撒き散らすhttp://www.purefood.org/madcow/4501kirby.cfm

スイス・フランスで始まった死亡家畜のBSE分析http://www.thailabonline.com/brain1bse.htm



食肉処理・解体時のBSEの危険性

脊髄液真空吸引装置http://www.taifun.fi/redmeat/spinalcord.htm

BSE Inquiryで報告されている食肉解体処理過程におけるBSE汚染の問題点
http://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume13/chapter2.htm


SBO(Specified Bovine Offal)(BSE危険部位)の取り扱いについてhttp://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume5/chap4a16.htm

ある種のスタンニング方法におけるBSE汚染の可能性についてのEUの報告書http://europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out229_en.pdf

スプリットのミスによる髄液の流出とBSE汚染の可能性http://www.mad-cow.org/~tom/new_low.html

食肉解体工程http://cali.lin.go.jp/japan/k01/kousya/htm/K104indx.html

枝肉の流通経路http://group.lin.go.jp/data/zookan/kototen/nikuusi/n423_2.htm


畜産動物http://www2.ocn.ne.jp/~ling/Chikusan.html

牛肉の歩留まりhttp://www2u.biglobe.ne.jp/~n_naruse/niku13.html

アメリカの食肉処理への懸念http://www.citizen.org/publications/release.cfm?ID=6756

アメリカの食肉解体から食卓までの過程http://www.hsus.org/programs/farm/cows/dairy_factsheet.html

と殺方法とBSEの関係http://www.purefood.org/madcow/slaughter52301.cfm

 
BSE Inquiryにみる「と畜・解体・レンダリングなど、関連処理におけるBSEの危険性」http://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume13/toc.htm

安全な食肉処理についてのFAOの見解http://www.mondoagricoltura.it/fao/fao024.htm


Pneumatic Stunningの安全性についてのEUの見解http://www.europa.eu.int/comm/food/fs/sc/scv/out02_en.html

食肉とvCJDの危険性http://news.bbc.co.uk/hi/english/uk/newsid_1482000/1482611.stm

 
イスラム方式のと畜・解体方法はBSEフリーのやり方http://azhar.to/info/halal-eng/halal5.html#dhabh


ボルト・スタニング処理とBSEの危険性http://www.viva.org.uk/Viva!%20Campaigns/Slaughter/std4.htm


スタンガンがBSEの危険を拡大させる。http://ireland.iol.ie/~afifi/BICNews/Health/health4.htm

と畜・解体方法についてのBSEの恐怖http://www.rense.com/general10/dsdsd.htm

と畜・解体方法についてのBSEの危険性についてのリンク集http://www.guardian.co.uk/bse/article/0,2763,495083,00.html


アメリカの空気式スタニング処理は狂牛病に安全かhttp://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/1997/19970815usa09c.htm

 
一定のと畜方法の禁止http://www.health.fgov.be/WHI3/krant/krantarch2001/kranttekstjan1/010130m05eu.htm


キャプティブ・ボルト・スタニング・ガンは、vCJDを撒き散らすhttp://www.cyber-dyne.com/~tom/UKCJD/CJD_news61.html#23 May 01 - CJD - Captive-bolt gun may spread vCJD

飛び散る血しぶきにはBSEの危険有りhttp://europa.eu.int/rapid/start/cgi/guesten.ksh?p_action.gettxt=gt&doc=IP/00/400|0|RAPID&lg=EN

MRMは、ナイフによる手作業の剥離よりもBSEの危険性有り。http://www.foodstandards.gov.uk/regulations/beef_bones.htm
 

高圧水流によって除去されたMRMのBSEの危険性http://www.wsws.org/articles/2000/oct2000/bse-o31.shtml


解体過程でもBSE汚染は起こりうる。http://www.paho.org/english/sha/be_v22n1-madcow.htm


アメリカの食肉処理場ローゼンタールセンターhttp://meat.tamu.edu/sales.html

アメリカの食肉衛生http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Sylabus/Education/USglobal.html

食肉抗菌処理の実態http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Disinfect/Disinfect.html

諸外国の食肉解体事情を示すサイト-その一http://www-users.york.ac.uk/~wjh101/hedbone/Slaughter/slaughter.htm

同上-その二
http://www.viva.org.uk/PhotoGallery/galleryindex.htm

同上-その三
http://www.viva.org.uk/Video/video.htm

同上-その四
http://www.viva.org.uk/shop/mgfl-campaignmaterials.htm

同上-その五
http://www.greatdreams.com/eeyore/eeyore.htm

同上-その六
http://www.cetfa.com/pubs/rethink.html

同上-その七
http://www.luckydayinhell.com/cows.html

同上-その八
http://start.enviroweb.org/spring99/factory_farm.html

同上-その九
http://www.awionline.org/pubs/Quarterly/f00gordian.htm


同上-その十
http://www.vet.uga.edu/vpp/NSEP/fmd/Eng/economic_impacts_2.htm

同上-その十一
http://www.animalsvoice.com/PAGES/poetry/mdhumdis.html


と畜段階でのBSE問題http://www.mad-cow.org/00/mar01_last.html



人工授精の精液とBSEの感染性について

人工授精の精液によるBSEの感染はあるかhttp://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume5/chapter6.htm

同上その1http://www.maf.govt.nz/biosecurity/pests-diseases/animals/tse/semen-embryos.pdf

同上その2http://www.cdc.gov/ncidod/eid/vol7no3_supp/slenczka_letter.htm

同上その3http://europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out43_en.html

同上その4http://www.plant.uoguelph.ca/riskcomm/archives/animalnet/1998/6-1998/an-6-18-98-2.txt




HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが



各国の対策


総論

農林水産省海外農業情報http://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/main.htm

海外駐在員情報http://www.lin.go.jp/alic/week/week.htm

各国の狂牛病対策動向http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/kotei.html

BSEの現状と問題点http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/bse/bse.html

BSEをめぐる情勢 http://www.lin.go.jp/alic/month/fore/1996/sep/rep-eu.htm

BSEの国別発生状況−英文 http://www.mhr-viandes.com/en/docu/docu/d9000026.htm

CEIの各国のBSE発生状況緊急レポート−英文http://www.aphis.usda.gov/vs/ceah/cei/worksheets.htm

OIEの国別状況レポート−英文http://www.oie.int/eng/info/hebdo/a_csum.htm


EU

BSEに関する EUのOPINION集http://europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/outcome_en.html#opinions

BSE発生状況 http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/bse/count.html


ヨーロッパのFMDとBSE http://www.asa.japan.co.jp/tech/animal_wiseman_j_55.html

ヨーロッパの畜産業は狂牛病で危機に 
http://at5239.agr.ehime-u.ac.jp/gmo/japan/mdcw1.htm 

ドイツの狂牛病対策実施計画http://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/2001/20010105eu39c.htm

フランスの狂牛病対策http://www.jiji.co.jp/edit/wappen/newskeyword/2000/200012/1206nk4.html


ヨーロッパの狂牛病事情http://www.organic-mlt.com/FoodSafetyReport-Jan2001.htm#third

2001/02/07 EUのBSE対策強化-英文http://www.europa.eu.int/rapid/start/cgi/guesten.ksh?p_action.gettxt=gt&doc=IP/01/174|0|RAPID&lg=EN

1990年から1995年までのBSEの経緯一覧−英文http://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume16/chron2.htm

イギリスの狂牛病の現状http://www.bseinfo.org/resource/bse_fact.htm

イギリスから外国への諸動物の生体輸出の実態http://www.gn.apc.org/canterbury/carnage/LEX1.HTML

イギリスから諸外国へのMRM輸出の実態http://www.gn.apc.org/canterbury/carnage/BSE2.HTML

アジア

狂牛病はすでにアジアに到達したhttp://www.asyura.com/sora/bd12/msg/336.html

「狂牛病はすでにアジアに到達していた。」の原文-英文http://www.sdearthtimes.com/ET_Postings/ET_Posting_106.html


アメリカ・カナダ・オーストラリアなど


FDAのBSEに関するページhttp://www.fda.gov/oc/opacom/hottopics/bse.html

USDAのBSEに関するページhttp://www.fas.usda.gov/dlp/BSE/bse.html


BSEに関するアメリカの体制http://www.usmef-ja.org/safety/news/index_b4.html

アメリカのBSE可能性http://www.asyura.com/sora/bd12/msg/316.html

300,000頭のDowner Cowが原因不明で死んでいる。http://www.mad-cow.org/~tom/bse-us.html

アメリカのDowner Cow SyndromeはBSEか?-英文http://www.cetos.org/ethicsarticles/madcow.html

アメリカのダウナー牛は、狂牛病かhttp://www.purefood.org/madcow/cows7101.cfm

Downer Cowについてhttp://vmthpub.vetmed.wisc.edu/la_services/med/downer.htm

アメリカのダウナー牛サーベイランスの不適切性http://www.farmsanctuary.org/newsletter/mad_cow.htm

アメリカのBSE対策−英文 http://www.aphis.usda.gov/oa/bse/

アメリカのBSE体制http://www.texascattleraisers.org/issues/2001/05-01/mediaswarm.asp

カナダのBSEの危険性−英文  http://www.healthcoalition.ca/bse.html

オーストラリア・ニュージーランドのBSE対策−英文http://www.anzfa.gov.au/mediareleasespublications/factsheets/factsheets2001/bseandimportedbeefpr263.cfm
アルゼンチンの狂牛病対策-英文http://senasa.mecon.gov.ar/animal/bseinta1.htm


HOME -オピニオン -政策提言 -発言-profile & open - 著書 -政策行動-図書館-掲示板-コラム- リンク- まんが



肉骨粉飼料(MBM)輸出などによる国境を越えた狂牛病について


狂牛病と飼料−デイリーニュースhttp://www.e-chikusan.com/index.htm

BSEと飼料の関係 http://members.aol.com/STakenaka/usdairy7qa.html

狂牛病対策違反で10カ国処分http://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/1997/19970627eu13a.htm

1996年の飼料輸入禁止措置
http://biotech.nikkeibp.co.jp/POWERCONTENTS/BSE-0/NS964161.html
イギリスの飼料ラベル表示対策http://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/1997/19971031eu31c.htm
1996年のイギリス産牛製品の禁輸解除 
http://www.lin.go.jp/alic/week/1996/jun/246eu.htm

EUの動物性飼料禁止 http://cnn.co.jp/2000/WORLD/12/05/eu.mad.cow/index.html

1997年のEUのBSE対策強化 http://www.lin.go.jp/alic/month/fore/1997/oct/top-eu02.htm

肉骨粉とBSE-英文 http://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume2/chapteb2.htm

1990年に肉骨粉輸出の危険性について専門家は警告-英文http://www.business-line.com/business-weekly/archives/329/01.htm

BSEの汚染は、すでに100カ国におよんでいるとするFAOの分析−英文http://www.freerepublic.com/forum/a3a8203045e41.htm

国境を超えたBSE汚染の経緯と現況-英文http://www.rtis.com/touchstone/summer01/07MADCOW.HTM

BSEの拡散について−英文 http://www.fvm.dk/nyheder/BSE/indlaeg_marcus.htm

少なくとも100カ国が、MBM輸出によるBSE汚染−英文http://www.mad-cow.org/00/feb01_news_mid.html

ヨーロッパのBSE感染危険度 http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/ky20010911_07.htm

2001/01/05 ニュージーランドがEUからの輸入禁止を決定した関税品目番号一覧http://www.moh.govt.nz/bse.html

アメリカUSDRの今回の日本の狂牛病発生に伴う日本からの牛由来製品の輸入禁止措置http://www.usda.gov/news/releases/2001/09/0179.htm

フランスの肉骨粉処理は住民から苦情http://uk.biz.yahoo.com/010124/80/axunn.html

BSE汚染物処理マネジメントhttp://www.ces.eu.int/pages/en/acs/events/BSE_09_03/BSE_Godfrey.PDF


HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが







日本への肉骨粉飼料輸出問題とSSCのGBRレベル3問題


1996年4月 3日、世界保健機構、新たな狂牛病対策を各国に提案http://biotech.nikkeibp.co.jp/BSE/WHO96403.html

英国狂牛病調査報告書
 −英文http://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume10/chaptef2.htm

「日本に汚染肉骨粉が輸出された。」とするイギリス・サンデータイムスの記事-英文http://www.sunday-times.co.uk/news/pages/sti/2001/02/04/stinwenws02022.html

イギリス・サンデータイムスの記事について−英文http://www.earthfiles.com/earth210.htm

日本に肉骨粉を輸出したとされるProsper De Mulder Ltd (PDM) 社の実態−英文http://www.mmc.gov.uk/reports/307.htm

2001/04のEUのBSE新ガイドライン  −英文http://www.purefood.org/madcow/guidelines7401.cfm

SSCのBSEリスク分類  −英文http://www.europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out30_en.html

 2001/05/16発表のSSCのGBR格付け-英文http://europa.eu.int/comm/dgs/health_consumer/library/press/press138_en.html

2001/06/18日本はSSCのファイナルレポート拒絶−英文http://www.vegsource.com/talk/lyman/messages/9535.html

日本はBSE疑惑の牛を飼料へ −英文http://www.vegsource.com/talk/lyman/messages/10122.html

日本は、ブラッセルに政治的圧力http://www.purefood.org/madcow/tokyo61701.cfm

2001/06/17フランスの記者レジス・アーノルド紙のすっぱ抜き記事http://www.purefood.org/madcow/tokyo61701.cfm

日本はSSCのGBR格付け拒否  −英文http://www.rense.com/general11/bse.htm


日本のSSCのGBR格付け拒絶−英文  http://www.which.net/campaigns/bse/jun01/sc_news.html


SSCのGBRレポート一覧−英文 http://www.europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/outcome_en.html#reports

畜産物貿易統計http://group.lin.go.jp/data/tradestat/

肉骨粉などの廃棄物処理などに関するガイドラインhttp://inet.uni2.dk/~iaotb/960607a.htm


SSCのGBRレベルのアセス方法http://europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out68_en.pdf

肉骨粉の全面使用禁止にしないとBSE歯、防げない。http://www.consumersunion.org/food/genewsmny798.htm

肉骨粉の安全性についてのEUの見解http://europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out26_en.html

2001年1月より、フェザーミール、血関連飼料の使用を全面禁止http://www.extension.iastate.edu/files/fscurrent/20010208153617.txt

フェザーミールなど、動物性飼料の禁止http://www.which.com/campaigns/bse/dec00/news.html

ドイツの肉骨粉に関するガイドラインhttp://www.bmu.de/english/download/waste/files/tiermehl.pdf

BARB-Born After the Real Ban - 問題-牛由来飼料全面禁止後にBSE感染牛の問題について55頭以上生れたら、検査体制など見直しの必要http://www.europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out237_en.pdf


HOME -オピニオン -政策提言 -発言-profile & open - 著書 -政策行動-図書館-掲示板-コラム- リンク- まんが

牛脂(タロー)のBSE感染問題

畜産副産物の利用用途http://cali.lin.go.jp/japan/k01/Htm/riyou.htm

EUのSRM措置禁止 http://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/1997/19971107eu32h.htm

動物油脂の処理についてのEUの見解http://www.lin.go.jp/alic/week/2001/jan/468eu.htm


TMRとタロー http://www.c-s.co.jp/puroducts/tmr_1.html

飼料原料分類表 http://www.ne.jp/asahi/ruru/yanopi/feed3.htm

血液の家畜飼料混入問題http://www.asyura.com/sora/bd10/msg/430.html

狂牛病とゼラチンhttp://www.butaman.ne.jp/~jklys/PLUS-ONE/sinsou/iryou/kyougyu.html

FDAのゼラチン製造ガイドラインhttp://www.fda.gov/opacom/morechoices/industry/guidance/gelguide.htm

牛脂-タロー-とBSEとの関係−英文http://www.cyber-dyne.com/~tom/tallow_docs.html

牛脂−タローBSE-英文 http://sparc.airtime.co.uk/bse//tallow.htm

2001/04のEUのBSE新ガイドライン  −英文http://www.purefood.org/madcow/guidelines7401.cfm

2001/07/04のEUの新ガイドライン−タローやゼラチンも−英文http://web.archive.org/web/20010815230635/www.purefood.org/madcow/guidelines7401.cfm

牛脂によるBSE感染性-英文   http://sparc.airtime.co.uk/bse//tallow.htm

SSCの牛脂のBSE安全性についての見解http://www.europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out228_en.pdf

SSCのゼラチンの安全性についての見解http://www.europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out227_en.pdf

BSE問題の影響を受ける牛脂国際市場http://www.fas.usda.gov/dlp2/circular/1997/97-03/tallow.htm


HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが


代用乳とBSEの関係



山内一也先生の説

その一
http://www.anex.med.tokushima-u.ac.jp/topics/zoonoses/zoonoses96-39.html

その二
http://www.anex.med.tokushima-u.ac.jp/topics/zoonoses/zoonoses96-42.html

その三
http://web.archive.org/web/20011031160204/http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/prion/pf39.html

その四
http://web.archive.org/web/20010803040255/http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/prion/pf42.html

その五
http://mfg07.nikkei.co.jp/sp2/nt15/20010930eimi149030.html

代用乳がBSEにあたえた影響
http://www.bseinquiry.gov.uk/report/volume12/chapte63.htm


チェコの狂牛病第一号の原因は代用乳
http://www.praguepost.cz/news061301c.htm
l

チェコの狂牛病第一号の原因は代用乳−その二
http://ipn.intelihealth.com/IPN/ihtIPNS/WSIPN000/11182/11141/323274.html

牛脂使用完全禁止でないことが代用乳を通じBSEの原因へ
http://www.bsereview.org.uk/data/final/f_annex_e14.htm

動物由来油脂と代用乳との関係 http://web.archive.org/web/20011127004828/http://www.lin.go.jp/alic/week/2001/jan/468eu.htm


HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが




BSEの検査体制


検査総論

BSEスクリーニング検査要領http://www.mhlw.go.jp/houdou/0110/h1016-6a.html

医学用語辞典http://www.dicdent.com/stem.htm

BSE検査フローチャートhttp://www.mhlw.go.jp/houdou/0110/h1026-3.html

OIEのサーベイランス勧告http://biotech.nikkeibp.co.jp/POWERCONTENTS/BSE/BSE-0/OIE95145.html


OIEの検査マニュアルhttp://www.google.com/search?q=cache:YHgoVQlgUho:www.bseinquiry.gov.uk/evidence/yb/1992mar.htm+OIE%81%40Manual:BSE(B83)&hl=ja

国内のBSEサーベイランスhttp://www.iburi.pref.hokkaido.jp/ib-noumu/kaho/113.html

プリオン病の診断キットhttp://www.primate.gr.jp/yamanouchi/115.html

BSE検査法http://www.primate.gr.jp/yamanouchi/110.html


各国の検査体制

BSE検査の現状−独文http://www.uni-duesseldorf.de/Neuro-Kolleg/ngkzusammenfassung.htm
l
 
EU承認の三検査方法のそれぞれの長所/短所http://www.biocompare.com/feature.asp?featureid=5

EUのBSE診断評価報告http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/bse/bse_ec.html

上記評価報告書の原文http://konyvtar.univet.hu/bseevalu.pdf

ドイツの簡易検査体制http://www.bsetest.de/prionic_test.asp

ドイツの再検査体制http://www.verbraucherzentrale-bayern,de/text/d222bse.htm

中国はPCR法採用 http://j.people.ne.jp/2001/03/24/jp20010324_3854.html

フランスの狂牛病検査プログラムhttp://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/2001/20010105eu39d.htm

ニュージーランドのトレーサビリティーhttp://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/1997/19970520newzealand52.htm

アメリカの検査方法はウエスタン・ブロットが主流http://www.vegsource.com/articles/bse_usda.htm



DELFIA法

DELFIAテストのE.G.Wallac社(現PerkinElmer社)−英文http://lifesciences.perkinelmer.com/


ウエスタンブロット法

EU承認検査法-プリオニクステストのPrionics社-英文http://www.prionics.com/

ロシュ社のプリオニクステストキットhttp://www.rdj.co.jp/press/press_index.htm


Western Blot テスト−英文http://www.q-one.com/resource/Assays/assay02.htm



ELISA法

EU承認検査法-エンファーテストのEnferTechnology社(現Enter Scientific社)−英文http://www.immedia.it/published/20010315/2001031513343.shtml

ELISAテスト−英文 (Enzyme Linked ImmunoSorbentAssay)
http://www.ansci.colostate.edu/ran/meat/enzymelinked.htm


ELISA法の利点と欠点 http://www.pure-foods.co.jp/TEST/ELISA.html

ELISA法についてhttp://www.bpro.or.jp/contents/japanese/pages/d_news/2001/0103_brl_ja_bse_test_kit.html


PLATELIA-BSE法

EU承認検査法-CEAテストのBio-Rad社-英文http://www.bio-rad.com/B2B/BioRad/br_corp.jsp?BV_SessionID=@@@@0135230116.1001163960@@@@&BV_EngineID=dadccddfefijbemgcfkmcgjkdll.0

Bio-Rad社のPlatelia-BSE診断キットhttp://de.bio-rad.com/bsetest.html

Platelia-BSE Testについてhttp://www.bio-rad.com/B2B/BioRad/product/br_category.jsp?BV_SessionID=@@@@2104796958.1003400921@@@@&BV_EngineID=fadccfdfjdjjbemgcfkmcgjkdlm.0&divName=Industrial+Microbiology&categoryPath=Catalogs%2fIndustrial+Microbiology%2fBSE+Testing+and+Veterinary+Diagnostics%2fBSE+Testing



その他検査法

進行中のBSEを検査するBSE-Plus Test http://www.microbio.it/bse_plus.htm

生後30ヶ月以下の牛のBSEも検査可能なTeto博士の方法http://www.cattlefeeder.ab.ca/herd/bse010613-2.shtml

BSE高感度検出法http://www.primate.gr.jp/yamanouchi/118.html

新しいBSE検査方法一覧http://w3.aces.uiuc.edu/AnSci/BSE/BSE_Tests.htm

高感度検査法
SPRI社 −英文http://www.spri.serono.com/

PMCAテスト(Protein Misfolding Cyclic Amplification) −英文http://w3.aces.uiuc.edu/AnSci/BSE/BSE_Prion_Protein_Folding_Assay_In_Vitro.htm

イムノPCR法BSE検査 http://www.affrc.go.jp/seika/data_niah/h09/niah97018.html

immuno-PCR 法−英文http://nanotech.about.com/library/blnar99.htm#nie1

mouse bio-assay−英文 http://www.foodstandards.gov.uk/maff/archive/food/bulletin/1998/no92/drg.htm

vitro法(転写反応)−英文http://www-ermm.cbcu.cam.ac.uk/01002952h.htm

MSA法(Mammastatin Serum Assay)−英文http://headlines.gynecologynet.org/inf/$headline.exe/GYNECOLOGY/ViewMessage?8901

the immunohistochemical (IHC) DAKO HercepTest とDowner Cowhttp://www.vegsource.com/articles/bse_ncba_response.htm

BSE血液検査の試み−英文http://www.mad-cow.org/jul99_late_news.html#ff
f

同上-日本文http://www.bpro.or.jp/contents/japanese/pages/o_news/2001/0104_27_aabb_bse_test.html

同上−英文http://www.socgenmicrobiol.org.uk/PA/mic_news/frames/news1-15jun01.htm


vCJD検査法

14-3-3テスト−英文http://www.cap.org/html/publications/archive/side2_0301.html

vCJDの生前検査-14-3-3protein http://www.ninds.nih.gov/news_and_events/pressrelease_transmissible_spongiform_encephalopathies_092596.htm?type=archived

変異型ヤコブ病の検査は従来と異なる方法-扁桃腺等-でhttp://www.redcross.org/services/biomed/blood/supply/tse/bsepolicy.html

簡単な血液検査でvCJD検査が可能な時代へ-Michel Clinton博士の研究http://www.cherrybyte.org/Articles/Agriculture/RosBSE/RosBSE.html



HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが



EUの「処分のための狂牛病牛買い上げ制度」(Purchase for Destruction )


http://www.irlgov.ie/daff/AreasofI/beef_purchase.htm

http://www.agriaware.ie/report.html

http://www.google.com/search?q=cache:_ng0LZGvCHM:www.columban.com/jfeehan.htm+&hl=ja

http://www.europa.eu.int/comm/agriculture/qa_en.htm

http://www.google.com/search?q=cache:FubpuofBZts:www.nationalbeefassociation.co.uk/NBA_New/HTMLDocs/marketreport.htm+&hl=ja

http://www.newscientist.com/news/news.jsp?id=ns9999229

http://www.usmef.org/news/speeches/conference0105/Other_Presentations/0105_zerr_mike.htm

http://www.usda.gov/oce/waob/oc2001/speeches/schumacher.txt

http://www.fas.usda.gov/dlp/circular/2001/01-03LP/beef.html

http://www.google.com/search?q=cache:GsQ3OVjzpZc:www.globalbuyer.org/europe/statistics/beef_factors.asp+&hl=ja


HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが



各国のトレース・バック・システム

アイルランドのトレース・バック・システムhttp://hwj.corecolors.com/news/news/Technology/story/20011108303.html

カナダのトレース・バック・システムhttp://www.cattlefeeder.ab.ca/herd/trace.shtml

同上http://www.inspection.gc.ca/english/anima/heasan/fad/fmd/fmd5-7e.shtml

ニュージーランドのトレース・バック・システムhttp://web.archive.org/web/20010512052002/http://www.maf.govt.nz/MAFnet/publications/qualsys/saf983-06.htm#P339_17691

日本のトレース・バック・システムの動きhttp://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9808/s0804-1.html



HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- まんが



各種図表

フランスの牛肉消費者へのBSE安全証明ラベル 


ラベルへの記載事項

必須記載事項-赤字の部分
----------と畜・解体場所名と国名、部位名、処理日、価格、健康証明印、バッチナンバー

任意記載事項-緑字の部分
----------生育地、と畜地、カテゴリー(雄牛・牝牛・子牛)、肉牛・乳牛の区別


上記マークの拡大図
  


ドイツ各州品質保証ラベルhttp://europa.eu.int/rapid/start/cgi/guesten.ksh?p_action.getfile=gf&doc=IP/02/245|0|RAPID&lg=EN&type=PDF




ドイツのバーデン・ヴュルテンブルグ州政府の「この肉には狂牛病はありません。」との保証マーク。ここに「Suppenfleisch mit Knochen」とあるのは、「スープ用骨付き肉」という意味(ドイツ/カールスルーエ市の松田様から提供)
松田さんの現地報告「狂牛病パニック」はこちらをクリックしてください。




パック入り食肉





日本の狂牛病検査済みシールの例

 



「イギリスから非EU国への肉骨粉の輸出推移一覧」BSE Inquiryより








イギリスにおけると畜から、解体までの工程(BSE Inquiryから)




日本におけると畜から解体工程はこちらを参照




MBM輸出相手国に対するイギリスの警告書簡

Mr.SkiltonとMr.Meldrumなどの手紙(1990/02/14)-BSE Inquiry より-

Mr.Skilton書簡 参照(1990/02/14)-:警告すべき具体的な第三国の名前を記載-日本を含む

Mr.Meldrum書簡参照(1990/02/14)

Mr.Pickles書簡参照(1990/02/20)-汚染MBM輸入国への警告の必要性を強調

Mr.Pickles書簡参照(1990/02/20)-汚染MBM輸出が世界的食物連鎖につながることへの懸念を吐露

6.56 On 14 February 1990 Mr Meldrum wrote a letter to the Chief Veterinary Officers of a number of countries. 5 These were stated to be the countries which had imported ruminant-based meat and bone meal from the United Kingdom. The countries listed were Norway, Sweden, Switzerland, Czechoslovakia, Hungary, Nigeria, Thailand, South Africa, Malaysia, Taiwan, Hong Kong, South Korea, Japan, Canada, USA, Turkey, Kenya, Malta, Liberia, Lebanon, Saudi Arabia, Sri Lanka, Puerto Rico, Curacao and Finland. 6 The letter from Mr Meldrum said:

Although we have kept the Office International des Epizooties (OIE) fully informed about this new disease, and they will shortly be disseminating information and recommendations to member countries, I am writing to you on a personal basis to ensure that you are aware of all the developments in relation to BSE, including its likely cause. The majority of our findings have now been published in the Veterinary Record. 7

1996年4月 3日、世界保健機構、新たな狂牛病対策を各国に提案http://biotech.nikkeibp.co.jp/BSE/WHO96403.html



オランダ製真空脊髄吸入装置



参考-日本のメーカーの吸引式脊髄除去システムhttp://itoham.mediagalaxy.ne.jp/news/011213.html



フランスのAFP記者が2,001/6/17に発信した「日本がSSCの評価拒否」の記事の全文
-機械翻訳でフランス語を英訳したもので正確ではありません。正確には、下記のフランス語版原文を参照



フランス語原文記事は
http://www.health.fgov.be/WHI3/krant/krantarch2001/kranttekstjune1/010618m13afp.htm


Japan & HAVE / Japan & UE

- Tokyo pushes Brussels to bury a report/ratio alarming on the insane cow (18/06/2001)

Tokyo pushes Brussels to bury a report/ratio alarming on the insane cow

by Governed ARNAUD

TOKYO, June 17 (AFP) - the ministry for Japanese Agriculture makes pressure on Brussels so that the European Commission does not publish a report alarming on the risk of encephalite spongiform bovine (ESB), disease known as of the insane cow, in Japan , according to European diplomats'.

" Tokyo is very nervous and ceases sending delegations in Brussels to only ask (publication of the report/ratio) is pushed back ", declared with the AFP a diplomat of the Commission in Tokyo.

" May 11, for the third consecutive time, the direct scientific Committee ( CSD ) pushed back the publication of its note concerning the ESB in Japan ", according to another member of the Japanese office of the European Commission.

The CSD, in load of the food security for the European Union , evaluates the risk of insane cow in certain third countries in order to prevent contaminated meat imports.

The CSD already delivered public its opinions on many countries but yet officially did not allot of note to Japan. According to concordant sources', this note, which can go from 1 to 4, would be 3 for the archipelago, that is to say the bad mark allotted to date.

" Japan is a sure country with regard to the ESB. There no was case for the moment and we do not think of being a country at the risk ", affirmed with the AFP a person in charge of division meats and eggs with the Japanese ministry of Agriculture.

The Japanese imports of British flesh-colored flours, which had reached 132 tons in 1990, declined gradually until their total stop in 1997, according to figures' of the British Customs.

For the Japanese scientific community, the risk of ESB is very weak.

" We imported feeding at the risk coming from Europe, but it was mainly used like manure, and not to nourish the Japanese cattle. Consequently, I do not think that there is a risk ", declares Dr. Takashi Yokoyama, of the national Institute of animal health .

" From the moment when they imported flours, there is a risk ", however considered a scientist foreign near to the file, which stresses that limited quantities are enough to cause an epizooty.

According to him, " the BSE in Japan is a true bomb with delayed-action. It is like the listeria: Japan does not seek, therefore it does not find ".

It specifies that " the Japanese ministry required to present new elements to the CSD. But it does not have anything. It waits because of the political weight of the ox stockbreeders, because it hopes to pass to through and does not want to throw into a panic its population ".

" It is an unjust note, but it is necessary to recognize that we need to intensify our controls ", according to Takashi Onodera, molecular professor of immunology at the University of Tokyo and to advise government for the food security. " This year, specifies it, Japan will buy approximately 300 ' kits prioniques' of tests of detection of the insane cow, and Germany 500.000 ". It estimates at 30.000 kits the Japanese needs.

Moreover, adds it, " to have best possible quality, the Japanese ox must have very fine bones and much of grease, which requires very old oxen, cut down at the seven years age ". However the duration of incubation for the ESB is on average 5 years and half, " which thus makes Japanese ox a category at the risk, in theory ", explains it.

In practice however, " there is practically no risk because the feeding of Japanese oxen is containing soya and of beer ", affirms it.

If the CSD published finally its note, Japan, which already prohibited the European ox imports because of the ESB and those of pig of many Member States because of epizooty of foot-and-mouth disease, could retort by completely prohibiting the pigmeat imports, according to the European diplomat.

It would be a hard blow in particular for Denmark, which accounts for 80% of European exports of pig in Japan and 33% of the total of the Japanese imports, that is to say approximately 200.000 tons each year.

ra/phr/bm eaf


この記事に関する翌日の熊沢事務次官の記者会見http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/before/010618jimujikan.htm

Q: 昨日、AFPというフランスの通信社が東京発として原稿を出しているのですが、その中味としては、「EU委員会が実施している各国の狂牛病の危険度調べに対して、日本の農水省は発表しないように圧力をかけている」というものです。「危険度は4段階で3というように、これまでの発表の中で一番下がっている」という趣旨の報道をフランス語で昨日発で出していますが、それに対するご見解をお伺いします。
 
A: 今、ご指摘があった報道について、私も直前に入手したところであります。EUが狂牛病(BSE)の侵入防止の観点から、関係輸出国の評価を行っていることは事実であり、日本もその評価を受ける国の一つに入っていることも事実であります。私共は、EUが現在行っている評価の手法や作業過程において、EUの評価あるいは評価の手法について、日本の見解と食い違いがあるということがあります。それから、その評価の手法は、先頃決定されたOIE(国際獣疫事務局)の国際基準とは違ったものであります。OIEの基準とも違う手法で評価を受けるということ自体についても極めて疑問であるということで、私共はそうした評価の手法についても問題提起をいたしております。
 また、安全であるという日本の衛生状態について、相当な資料を提出して説明いたしております。現在は、EUとの間で日本に対する今後の評価の進め方について、最終的な協議をしているという状態であり、報道のような内容はございません。私共は、早急にEUと協議の詰めを行いたいと考えております。
 
 
 
Q: 報道内容をよく知らないのでお聞きしますが、EUの日本に対する評価というのはどのような評価になっているのでしょうか。それに対して日本としてEUの評価に対して反論しているわけですよね。
 
A: それは協議内容にわたりますので詳しい説明は避けたいと思いますが、いずれにしても狂牛病が日本に存在するかどうかについての可能性について、EUの評価はかなり厳しいというふうに受け止めていますけれども、他方で日本の場合には狂牛病の発生というのは全くないわけで、基本的に日本では狂牛病がずっと発生していない状態が事実として継続的に存在しているわけです。そうした意味で日本の狂牛病の存在の可能性については、日本としては極めて安全性が高いという評価を私どもは持っていますので、そうした点についてEUに対しても資料を提出し説明しているという状況です。
 
 
 
Q: この議論が平行線を辿って、EUが今の評価を変えなかった場合に、具体的に日本の農林水産物に関するダメージは実際上どうなのでしょうか。
 
A: ただ今申し上げましたように、EUの評価手法についても私どもは疑問を呈しているという状況ですので、EUが行う評価について、その取り扱いも含めてEUと詰めを行っているところでです。
 
 
 
Q: 今のお話なのですが、向こうの主張からすると「まだ潜伏期間内である可能性があるのではないか」ということで、「今発生していないということが安全性を示すものでは必ずしもないのではないか」というような主張ではないかと理解しているのですが、そのことに関しての農水省としてのご見解をお聞かせいただけますか。
 
A: そこまで技術的なご質問ですと、私はお答えできる専門的知識は今持ち合わせておりませんので、担当局からお答えさせたいと思いますが、少なくともそうした点も含めて、日本の安全性の状況について、私どもは安全性の程度としては相当高いと考えており、その点は資料を提出しながら相当説明してきておりますので、そうしたEUの評価について、その取扱いも含めて現在最終的な詰めを行っている状況です。
 
 
 
Q: 発生の度合の4段階の危険度の下から2番目というのは、ひどい話だと思いますがどうでしょうか。
 
A: そこを含めて、先程も申し上げたように、私どもは、日本の安全性についてはかなり高いと考えておりますので,さしあたっては資料を提出し説明してきたところですけれども、そうした点も踏まえ、EUの評価の取扱いも含めて、最終的な詰めを行ってまいりたいと考えております。
 
 
 
Q: EUが、格付けと言ったら変ですけれども、評価している海外の国は軒並み厳しい評価なのか。他は普通なのに、日本にだけ不当に厳しい評価を受けているのでしょうか。
 
A: 他の国のことに言及するのは、私の立場では避けたいと思いますが、少なくとも日本に対する評価の手法について言えば、我が国やOIEが安全性について評価する手法、基準とかなり異なる基準を使用して評価しようとしているということです。
 
 



HOME -オピニオン -政策提言 -発言-profile & open -著書 -政策行動-図書館-掲示板-コラム-リンク-まんが