笹山登生の発言・寸感アラカルト


2002年3月12日 証人喚問は、魔女狩りの場ではない。

もちろん、疑惑は、ただしていかなくてはならないし、証人自身も、真実をもっと明らかにしてほしいが、証人喚問は、司法の場にゆだねず、立法府が、自らの自助努力で事実を明らかにする場であるのだから、相手の反論がないことを前提にした、ワイドショーを味方にした人民裁判的なやりかたは、慎まなければならない。

また、「−−なのではないのですか?」といった誘導質問もさけなければならないだろう。

議員でなく一般市民が、同じ立場に立たされたときの人権への配慮を、院における証人喚問のミニマムとすべきである。


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言-profile & open -著書 -政策行動-図書館-掲示板-コラム-リンク-政策まんが