笹山登生の発言・寸感アラカルト


2002年3月07日 山梨県が県有林のFSC認可申請へ

FSCとは、The Forest Stewardship Council (http://www.fscoax.org/principal.htm 参照)という、メキシコに本部がある国際機関で、経済性と環境面から持続可能な森林を認証する機関。

本では、すでに、三重県の民有林など4カ所が認証されている。

山梨県は、かつての恩賜林の多いところ。

今から90年前、明治44年3月11日に明治天皇が、山梨県内の皇室財産であった県下の入会御料地、約16万4千haを山梨県に御下賜。

これが、現在の山梨県県有林の大部分を占める恩賜県有財産となっている。

それだけに、この認証が実現される意義はおおい。






HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言-profile & open -著書 -政策行動-図書館-掲示板-コラム-リンク-政策まんが