笹山登生の発言・寸感アラカルト


2002年6月15日

ちょっと気になる島谷かおりのCM




何の変哲もないダメージ・ケア・シャンプーのCMhttp://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/mar/o20020312_40.htm なのだが、南国の島らしきところで、現地の子らしき女の子に髪を梳いてもらっている日本の女性。

しかし、この現地の女の子と日本の女性は、さいごまで、目を合わせることはなかった。

「何様だ。この日本女性は。」と思うのは、やや、行き過ぎた感想であろうか。

わたくしが、かねてから、このホームページで指摘してきた、グローバリズム功罪論が、ようやく、町の本屋さんにも、顔を出しはじめてきた。

日本のアジア諸国に向けての、グローバリズム的行動についても、問い直されようとしているとき、わたくしのように、一つのCMにも、神経を尖らせる人も、たまにあっていい。


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが