笹山登生の発言・寸感アラカルト


2002年7月11日
嵐の中の総理のオペラ鑑賞




オペラ好きのルードヴィッヒ二世は、自分の城であるノイシュヴァーンシュタイン城を水いっぱいにして、ワーグナーのオペラの中の嵐の場面を再現させたと、マーク・トゥエインのヨーロッパ旅行記に書いてある。

「嵐の中にもかかわらず、オペラ劇場はいっぱいだった。」と、妙なことを感心する昨夜の総理のコメントには、そのころ、現実の世界で水につかっ足り、屋根の上にのぼっている大垣市をはじめとした全国の国民の姿を思いやる心は感じられなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020711-00000165-mai-pol

虚構と現実の世界の差が見えなくなった為政者の狂気が、そこになければいいなとおもう。


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが