笹山登生の発言・寸感アラカルト


2002年7月10日
政党と政党とを隔てる価値観の垣根のしきりが、現代の価値観にあっていない。



世界的にも、特に昨年の9.11以後、混沌としてきているようにも思われます。

まあ、宗教なら、昔の宗派で、我慢できるんでしょうがね。

垣根ってのは、不満の垣根でもあるんですよね。

今の政党は、不満のないところに、一生懸命、垣根を作っているような気がしています。

その中で、私は、グローバリズム対反グローバリズムってのは、意外とこれからの有力な垣根になるんではないかと、思っています。

そういえば、「アフター・リベラリズム」なんて本がありましたっけ。


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが