笹山登生の発言・寸感アラカルト


2001年10月11日 爆弾と援助物資が同時に降ってくる戦争とは?

貧困がテロを生み、

テロが報復を生み、

報復が難民を生み、難民が貧困を生む--

そして、難民に気慰みの援助物資が与えられ、その間に立って国連がおろおろしている--

今回の戦争はこんな「むすぼれ」の構図なのでょうね。

どこかで、誰かが、その結ぼれを断ち切る努力を一方でしないと、世界の難民と貧困の総和を減らす努力をしないと、問題の解決にはならない。

そのような観点に立ったオピニオンを誰かが形成しないと、いけない。



HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが