笹山登生の発言・寸感アラカルト


2001年4月20日 淡水化をどうするかを、国は長崎県と腹をわって話し合うべき時
(掲示板から)

有明海のノリ不作の原因を究明する農水省の第三者委員会が、諫早湾干拓事業の潮受け堤防の排水門開放を来春以降に持ち越したことについて、金子知事は十八日、「排水門開放は干拓事業そのものの見直しにつながる。営農計画(の変更)を含め十分な説明がないと(開放の是非について)検討できない」と、あらためて開放に反対する立場を強調した。

もっともな話である。

前から言っているように、ポイントは、淡水化を続けるのか、断念するのか、ここである。

そこがあいまいのままで、ノリ漁業者救済のためのセーフティ・ネットをちらつかせながら、開門決定時期をずらしているのでは、時間稼ぎといわれてもしかたがないだろう。

淡水化を断念するかわりに、塩害の心配がなく、節水型の、施設農業を中心とする超先進型農業を、これまで出来た干陸地に実現させるべく農林水産省が支援努力するというのであれば、長崎県としても反対はしないはずだ。

あとは、理屈付けのためでなく、本当の意味で、防災対策に専念すればよいことなのだから。

失礼な話ではあるが、長崎県にもセーフテイ・ネットを用意すればよいのである



HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが