笹山登生の発言・寸感アラカルト


2001年4月16日 政党・組合・団体は、小さなケーキを大きな箱につめたサンタクロース
(掲示板から)

 最近の知事など地方選挙での政党の凋落ぶりを、参議院議員椎名素夫さんは、「一生懸命積み木やブロック積みをしているつもりなのだけれど、実は、砂を積んでいるという、徒労のゲームに過ぎなかった。」と称しているが、当を得た分析だとおもう。

  私は、これら政党・組合・団体は、「小さなケーキを大きな箱につめた、押し掛けサンタだ。」といっている。

 勝てば勝ったで、真っ先に、祝賀会の壇上で、それを誇示する。

公衆の面前で、でかくて中身のない祝儀袋をふりかざしているようなものでもある。

 応援するなら、どうして、めだたなくとも、もっと実のある応援ができないものか


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが