笹山登生の発言・寸感アラカルト


2000年11月13日 日本語Webは、文字化け情報をばらまいているだけ?

(掲示板から)

:
先週からシンガポールにいってきたが、ホテルのテレビが、Web‐TV状のもので、リモートコントロールのキーボードを使って、インターネットにアクセスできるようになっていた。

ためしに、私のHPの英語版にアクセスしたところ、きわめて解像度の悪い映像ではあるが、意外と早い速度で、でてきた。

ところが、同じく私のHPの日本語版にアクセスしてみて、がっかり。

日本語フォントが用意されていないため、文字化けのオンパレードとなってしまった。

昨年、ベトナムのホーチーミン市のホテルでは、ホテルの係りの人が、日本語フォントのインストールされたシステムを用意してくれ、事無きをえた。

このありさまだと、日本からの日本語による情報発信は、ほとんど文字化け情報となっているのではないかと思うと、ぞっとする。

こうなれば、英語情報でしか発信効果はないと確信し、そのような情報発信形態に徹するか、もしくは、日本語フォントのインストールを、Web上で懇願するしかないのであろう。

まことにお寒い限りの、日本のIT革命体験ではあった。



HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが