笹山登生の発言・寸感アラカルト


2000年07月 08日 「形だけの思いやりは,もうたくさん」

(掲示板から)

,いま,私の心配は,沖縄サミットをまえに,今回の事件が発生し,国は本当に沖縄の心を大事にできるのか,という岐路にたたされている,ということです.

昨年の今ころ,私は,沖縄の久高島におりました.

「神の島」といわれるこの島は,「会う人毎に,にこやかにとおりすぎ,挨拶が゛交わされる」まさに,トーマス・モアの「ユートピア」の世界でした.

しかし,そのような中にも,沈潜した沖縄の心の悲しみを,忘れてはいけないと思うのです. 

そして,その心を真実知り尽くしたものでなければ,軽々に,沖縄サミットを主催できる資格はないと思うのです.

「形だけの思いやりは,もうたくさん」そんな沖縄の地のさけびが,私の訪れた25あまりの沖縄の島々から聞こえてくるような気がする毎日です.


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが