笹山登生の発言・寸感アラカルト


2000年08月06日 感動的だった秋葉広島市長の言葉

(掲示板から)




広島原爆記念日の今日、テレビで流れる秋葉広島市長の追悼の言葉が、すばらしく、ひびきました。

秋葉さんは、衆議院議員時代、環境問題などで、党派を超えて、行動をともにした仲間です。

なぜ素晴らしい挨拶だったか、明らかに自分の考えと価値観を、自分の言葉で語っていたからです。

そんなこと、当たり前でしょう、といわれるかもしれないですが、実際は、そんなに多いことではありません。

今日の秋葉さんの言葉は、原爆犠牲者にたいする、最高の敬いと、追悼の言葉であったとおもいます。

改めて、為政者の言葉の価値というものを感じさせたひとときでした。




HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが