笹山登生の発言・寸感アラカルト


1999年 9月 21日    生業をつづけられる地域条件づくりこそ重要

(甘味資源作物政策大綱について)



さとうきび生産をどうするのかという『さとうきび生産対策』と、さとうきび生産地帯の農業をどうするのかという『さとうきび生産地帯対策』とは、違った視点にたって行われなければならない。

要は、生産者が、その地で将来とも生業を営み続けられる条件を、中山間地直接支払いも含め、どのような形で用意できるかが、政策の優先課題であるからだ。


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが