笹山登生の発言・寸感アラカルト


1999年 11月 4日    父祖の夢今ここに

(秋田県土地改良事業推進大会で)


この大会の開かれる本荘・由利地域は、いわば、秋田県における先駆的な土地改良事業の発祥の地である。

斎藤翁が「乾田馬耕」の必要性を唱え、秋田県の嚆矢となる耕地整理に取り組まれたのも、当地であったし、また、鳥海山麓の冷水を農業用水に適した温水に変えるため、広い水路をつくり、水を太陽にさらすことにより、その解決をはかったのも、当地である。

土地改良の先輩である岡部三郎先生(前参院議員)は、好んで「父祖の夢いまここに」という言葉を使われたが、まさに、先人の夢を21世紀にひらかせることが、我々の努めである。

ともに、がんばっていこう。


HOMEへ目次へ

HOME -オピニオン -政策提言 -発言- profile & open - 著書 - 政策行動-図書館-掲示板 -コラム- リンク- 政策まんが